マイ・プレシャス・リストの作品情報・感想・評価

マイ・プレシャス・リスト2016年製作の映画)

Carrie Pilby

上映日:2018年10月20日

製作国:

上映時間:98分

あらすじ

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)はIQ185、ハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている【コミュ力(りょく)】ゼロの屈折女子。話し相手はセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)だけ。 ある日彼はキャリーにリストを渡し、そこに書かれた6つの課題を1か月間でクリアするように告げる。「何のために?」「それで問題はすべて解決するの?」半…

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)はIQ185、ハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている【コミュ力(りょく)】ゼロの屈折女子。話し相手はセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)だけ。 ある日彼はキャリーにリストを渡し、そこに書かれた6つの課題を1か月間でクリアするように告げる。「何のために?」「それで問題はすべて解決するの?」半信半疑ながらも、まずは金魚を 2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し…と1つずつ項目を実行していくキャリー。そして、人と関わり打ち解けたり傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく。キャリーは果たしてリストを全てクリアして、幸せを手にすることができるのか――?

「マイ・プレシャス・リスト」に投稿された感想・評価

AyAnO

AyAnOの感想・評価

4.0
お部屋のインテリアが可愛い。音楽も好き。明日から私も何か新しいことをやってみようと思える映画!
Kayococo

Kayococoの感想・評価

4.2
とにかくキャリーがかわいい!!
お部屋も服も全部がかわいい!!
ニューヨークの街並みも、上から、横から、引きで、アップで、っていっぱい見れてとてもワクワクする。

内容は、キャリーがコミュ障的なものを、リストを元に克服していくストーリー。
最初は受け入れなかったりしても、とりあえずやってみるだけで全然感情が変わっていくところがステキ。
とりあえず言われたから金魚を飼ったのに、結局愛情をもってせっしてたり、きちんとリストをこなしたり。

そして、パパと相手の家に乗り込んでいくシーン、すごく好き。

とにかくかわいくてアート的なステキな映画。
インテリアやかわいい映像が好きな方はぜひ!!
Meg

Megの感想・評価

3.9
The diary of a teenage girlの主役の子、目がとにかく大きい
・シーンがそれぞれ長すぎないから特に何も起きなくても飽きない
・共感できるキャラ設定
・深く説明はないけど主人公の気持ちの変化がうまく演出できてるから良い
・Sound adviceのコメディアンのやばいお姉さん出てきて驚いた
・面白いドラマの1エピソードって感じ
Ai

Aiの感想・評価

3.9
The diary of a teenage girlで好きになったベル主演の映画。映画によって本当にいろんな人になりきれててすごいなあと思った。お父さんとリベンジしに行くシーンが最高!
Kasumi

Kasumiの感想・評価

3.0
かわいかった。サリンジャーでつながるってロマンチックでいいな
Aya

Ayaの感想・評価

3.7
キャリーの部屋が可愛かった〜!

記憶力羨ましい…

私のミドルネーム聞いてくれる人現れないかな〜ないけど。
carrieがすごく老けて見える時とすごく若く見える時があって、え?いくつなのこの人?って思いながら見た。大学教授クソだけどめっちゃかっこいい。同僚も父もキャラクターが可愛かった
Mai

Maiの感想・評価

3.0
どんなに頭が良くても人間は人間で、色んな感情があって、泣いたり怒ったり忙しくて、自分の世界に閉じこもろうとするけどそれでいて人恋しくて、そんな様子になんだかほんわかさせられる映画でした。
#アメリカの映画館で鑑賞

18歳でハーバード大学を卒業した天才少女Carrieが、自分の俗に言うコミュニケーション障害を克服すべく悪戦苦闘する物語。
とはいえ、特に作品にメッセージ性があるわけではなく、彼女のキャラクターが引き起こす各種ドタバタ劇を単純に楽しむという純粋なコメディに近い印象でした。
終わり方も気持ちのいい部類だと思います。

私自身はCarrieの愛らしさなども含めてそこそこ楽しめました。
映画批評家からは評価が低く、一般の鑑賞者からは評価が高いという作品みたいです。観て楽しめればいいと思うので、この傾向には個人的には賛成です。