マギーズ・プラン 幸せのあとしまつの作品情報・感想・評価

「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」に投稿された感想・評価

よっこ

よっこの感想・評価

3.8
えー!!
こんな事あるのー?
ちょっとありえなくて笑ってしまった。
超サクサク描かれてるけど結構ディープなストーリーだと思うよ
深く考察したいけど今酔ってるから軽めに

ガイ、精液多くない!?超たっぷり過ぎて私の知識を超越してた

あと略奪した人を元嫁に戻す感覚分からんな
よっぽど恋愛感情なくなってないと出来ない
あと男最低だと思ったけど、世の中の男多分みんなこんな感じ

海外映画見るたびに、共同親権について考えさせられる
いくら略奪と言えども、元嫁の子の世話をあんな風にするなんて、日本の文化で育った私には理解できない
いくら子供に罪はないとは言え、世話はしたくない
計画通りになんていかない。だから面白い。でも…結局計画通り?😏
なかじ

なかじの感想・評価

4.0

夫が2人の女性の間をフラフラ
ダメ男!っておもったけど
それはマギーが仕組んだこと
マギーはとっても強くて純粋でした


「愛は理屈じゃない
無駄なことばっかりさ」

「僕なんて毎週
熱したり冷めたりさ」

マギーの親友夫婦が幸せそうでした


数字好きの娘は、、
mag

magの感想・評価

3.2
結局もめる理由なかったやん!良かったやん!て思ったであたしは
okanan

okananの感想・評価

-
内容の割にほっこり☺️
インテリアと服装が可愛かった!

みんな一人一人泡の中にいるという話をしてるシーンが好きだった
satchan

satchanの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

軽快な流れで面白かった!マギーも、ジョーゼットも、ジョンも、みんな魅力溢れる人物で、彼らが交わす言葉に魅了されて、あっという間に見終えてしまいました。子役も良かった。ティーンのお姉ちゃん、元気な弟、リリー、みんなかわいい。イーサン・ホークは浮気して、離婚して、最悪なんだけど、やっぱり格好良い。文化人類学の学者生活に行き詰まって離婚し、小説家に転向するけど、今度は小説に没頭すること自体が苦になってしまうジョンの役。人間、何をやってもどん底に陥ったり、壁にぶち当たったりすることはあるよね、と思います。現実逃避したいことだって、たくさんある。ラストで、元妻のジョーゼットが、ジョンの小説をこき下ろし、燃やしてしまうところが笑えました。学術論文として書き直すことを勧めるセリフ、賢い元妻、健在!といった風情が良かった。元妻ジョーゼットはジュリアン・ムーアなんだけど、役柄によって色々な表情を見せてくれて、本当素敵です。純粋でお節介焼きのマギーをなだめる、タッピングのシーンも面白かった。何を始めるかと思いきや、顔や体をあちこちタッピングして(トントン叩いて)、なりたい自分になろうと言い聞かせる、私もやってみよう!と思いました。マリリン・モンローの旦那さんだったことがあるアーサー・ミラーの娘さん、そしてダニエル・デイ=ルイスの奥さん、レベッカ・ミラー監督の作品でした。
序盤★3 中盤★2.5 終盤★4

「愛は理屈じゃない
ムダなことばかりさ」

ちょっと風変わりな女性マギーの
考えかたと行動が最初は面白かったけど、
結局そこに落ち着くかぁ〜…
っと凡庸な展開の中盤で残念に思ってましたが、
少し伏線を貼っていた要素を
エンドロールに入る数分前で明確にし、
そこでの音楽、演出、締め方がオシャレでステキでした♪

「少しでも かじった人間ならわかる
かじるだけで十分
それ以上は欲求不満に
全体が見えない
手に入るのは ほんの一部だけ
真実のかけらを追い求めるのはご免だ」

これは「数学は美しいの?」っというマギーの問いかけに
もと数学好きで研究者は目指さず
いまは起業してピクルス作りに
一生懸命なガイの台詞なんですが、
愛もそんな感じなのかもしれないね。。。

2018年112本目
おしゃれーな
映画が観たくて。

とても雑にいえば、
ダメな人たちの
ありえない夫婦の話。

どの登場人物に対しても
共感するようなところは
一切なかったのに
なんとなく全員を
肯定したくなるのが不思議。

ダメなとこいっぱいあるけど
こーんな感じで淡々と
生きて行ってもいいんだ。

この人たちと比べたら
自分はちゃんとしようと
踏ん張っててえらいなー
なんて励まされる。笑

たぶん、おしゃれな
映像やお洋服の力が
かなり大きい映画。

嫌いではない。
ちょっと主人公のマギーにイライラしちゃうけどそれも含めて大好きな映画!
絵本に出て来そうなお部屋に街中にファッションに可愛い子供達。
でもお話は浮気・離婚・再婚っていう大人の現実的なお話。
それぞれがHappyな形を見つけていく気がして、見終わった後スッキリ嬉しい気持ちになりました。
出てくる人が皆、誰1人悪い人がいないと、やっぱり気持ちいい。
にしても、やっぱりイーサン・ホークはカッコいいで。
>|