17歳の肖像の作品情報・感想・評価

「17歳の肖像」に投稿された感想・評価

わお

わおの感想・評価

3.5
第一印象が良すぎる人は少し注意が必要。一見イケおじだけど、何処か少し胡散臭い。16、17歳なら本当に今必要なのかわからない勉強より、今楽しいものを取ってしまうのもわかるなあと思う。ジェニーはギリギリのところで気づけたから「束の間の現実逃避」として終われたのでそんなに重くならずに済んで良かった。外国のお部屋って本当に素敵。特に先生のお部屋が可愛かった。元彼がかっこよかった。17歳の学生はもちろん、つい勉強や門限に厳しくなりがちな親御さんにも見てもらいたい一作だった。
年上の男性に惹かれる気持ちは分かるけど、この男はない。女の子があまりにも浅はか過ぎて、あーあってなる。先生の家がめっちゃかわいい。
Uzurakoh

Uzurakohの感想・評価

2.6
女は出会った男で色々決まる系の映画。そんな単純なら、どんなにこの世は楽か。この映画の裏切りは、裏切りにも満たない。
リカ

リカの感想・評価

3.5
ストーリーやエンディングはなんとなく普通だが、台詞の節々が胸に刺さる。
主人公の気持ちがわかるうちはわたしもまだまだ若いんだなって思った。最後、階段に座るジェニーのこれからの可能性に満ちた輝き、凄すぎてないちゃった。年上の世界やパリに憧れるの超わかるけど、わかるけど、、もっと憧れさせてーデイヴィッドふつうにキモかったー
あり

ありの感想・評価

4.5
思春期の女子!というかんじで懐かしい気持ちになります。
主人公が成長していく過程が描かれており、女の人向けだと思いました
mmd14r

mmd14rの感想・評価

3.7
このキャリー・マリガンの美しさは宝石級ですな。17歳の純粋無垢さと幼稚さから大人への1歩を踏み出す狭間が綺麗に映し出されている。

箱入り娘のように、丁寧に大切に、そして家柄から厳しく育てられたジェニーの人生の学びを描く。
きらびやかな大人の世界と狭い世界からの脱出の憧れから反抗的な少女が出会った欲しいものを全て持つ自由な男性。

17歳かあ。何年前だろうってなってしまう。教育はもちろん大事だとは思う。現に自分も大学に通ってるし。でも教養はもっと大事。社会を見て学び、自分の感性を磨く。それに自由を感じるのは共感する。
原題は「AN EDUCATION」。舞台は1960年ころのイギリス。優等生だが、少し背伸びして大人の世界にも入り込みたい、そんなキャリー・マリガンがかわいいのでオマケ。オレは、あなたは将来の大女優誕生の瞬間に立ち会ったのか?乞うご期待。
amy

amyの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

優等生で、いわゆる「いい子ちゃん」の人生が退屈に思うジェニーの気持ち、わかるなあ〜〜って思いながら観てた。
家族もボーイフレンドも嫌いじゃないけど、なんとなく微妙。良い大学にいって、就職してって、安定してるけど、面白みがない。
そんなときに出会ったデイビットは運命の人だったんだよね。「怪しい、こんなのあるわけない」って思っても、騙されちゃうよね。デイビットと過ごす時間は、楽しくて刺激的だから。

でもやっぱり、最後に信頼できるのは、自分のことを1番に考えてくれる家族だったり、先生だったりするって気づくんだよね。お父さんがジェニーの部屋のドアの前に来て、紅茶を置いていくシーンは、ちょっとぐっときた。

劇的な恋や、主人公の人生に対する葛藤を描いてたのに、終わりは何だかあっさりしてて物足りなく感じてしまった^^;

高校生らしい、ジェニーの素朴さも可愛らしくて、素敵でした。
17歳ってこんな感じ。

自分にとってリアルだと感じる作品が、またひとつ増えました。

でも、ミニーはない。ミニーの時点で逃げ出す(笑)
>|