グレートウォールの作品情報・感想・評価

「グレートウォール」に投稿された感想・評価

怪物との戦い方が斬新すぎて面白かった。
敵に餌あげてるようなもんじゃん(~_~;)
mi

miの感想・評価

2.3
嫌いじゃないけど、いろいろ既視感。
王道とかってゆうより、既視感。
一度飛行機の中で観て、画面暗いわ途中寝たわで若干分かりにくかったのだけど、この度ようやくマトモに鑑賞。
賛否が分かれてるみたいだけど、私はキライじゃないぜb

色で各軍の役割を分けるとか、いかにもチャン・イーモウらしい。しかし赤は弓隊、黒は歩兵、青はアレで、あとは…?どうせならちゃんと説明してほしかったよ。
マット・デイモンが罰ゲームで出たというなら納得のいく映画。

予算をかければよいというわけではない。
WOWOWにて鑑賞。
チャン・イーモウ監督の壮大な歴史ファンタジーって事で、HERO的な作品かと思って観たら怪物版のワールド・ウォーZだったw
嫌いじゃないので楽しめたけど♬
wedge

wedgeの感想・評価

2.9
なんていうか、ざっくり楽しむ映画。
映像は綺麗だし、迫力あります。
お金かかってるんだろうな。。。

よく見てみると既視感あります。
(いろんな映画やゲームの細かな要素)
よく見てみるとツッコミどころ満載。
(元々そこは期待していない)

普通に見ると、割とシンプルな話です。
普通に見ると、ラストに向けてどんどん置いていかれます。

深く考えずにアクションと映像を楽しむ、
そんな感じでした。
yasuki

yasukiの感想・評価

1.5
クッッッッソつまらな過ぎるので、見る価値がある名作。マット・デイモンの仕事の選び方にホッピー飲みながら問い詰めたいレベルの迷作なので皆さん是非。
世界観としては、アレとアレとアレ(※)を足して中華風味に味付けをして、スケール感を足した感じでした。荒唐無稽で、テーマとかあるのかないのかという感じだけど、案外面白かった。ペドロパスカルの安心できない感じ。ウィレムデフォーの小物感(最近より姑息な小物役が多い気がする)中国人俳優が揃っていかにも二枚目なので見分けが…。エンドタイトルいい感じですね、水彩画風。

※パシリム、MMFR、オールユーニードイズキル、ワールドウォーZ
【盛り上がりパラメータ(各項目Max 100)】
序盤・・・50
中盤①・・15
中盤②・・30
終盤・・・20
クライマックス・・・15

感想は…なぜ出たマッドデイモン(笑)
出演者全員中国人でも良かったんじゃないかと思われるくらいです。
内容はあまり面白くないです。

あらすじはFilmarks記載のもの(2行)で充分です。補足するとしたら戦う対象は化け物です。
そして内容はとにかくとびとび&唐突です(笑)それを象徴するのが中盤で万里の長城を統括する将軍絡みのネタです。観たら注目してみてください。

キャストは文句なしでしょう。
ツッこむところがあるとすればマッドデイモンも含めてですがなぜ出た欧米人でしょう(笑)
あとは出演していた中国人女性(準主役?)は綺麗でした。まだ有名ではないのかもしれませんが、注目です。

戦闘作品、マッドデイモンが好きな方、綺麗な中国人女性を見たい方にはおススメです😁
それ以外の方は別の映画観ましょう(笑)
一方その頃、マット・デイモンの友達ベン・アフレックはザ・コンサルタントという面白い映画に出ているのであった。

脚本1
演出1
映像2
俳優1
印象1
>|