ニート・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ニート・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

chako

chakoの感想・評価

3.0
短編ホラーコメディ?
見てきた映画が少ない自分としては初めて見るジャンル。面白かったです
YeYe

YeYeの感想・評価

2.0
最初の状況説明がすごいのも含めて、映画というよりコント感...。他の方も書いてたけどたしかに演劇にしたらまた見え方が違うのかもしれない。
こでぶ

こでぶの感想・評価

2.0
演技は観れるけど演出が悪い。演劇にしたらもっと面白い気がする。
はぎた

はぎたの感想・評価

2.7
短編ムービー
ゾンビものだけどそんなゾンビしてない。
家庭問題を表に出した感じ。
ゾンビ化したひきこもりの息子を追い出すか否か

父と母の対立を通しての家族愛がテーマになってる社会派ゾンビ映画🧟‍♂️

ひきこもりはゾンビになってもひきこもり
寝たきりはゾンビになっても寝たきり
この発想は思い付かなかった。

お父さんとお母さんの会話劇は結構楽しい。
そしてお母さんの迫真の演技!

ホラー好きの方はホラーではないので閲覧注意⚠️
もっとバカ映画だとだと思ったら意外とシリアスだった、おバカZ級ゾンビ映画
NARU

NARUの感想・評価

1.5
タイトルからコメディを期待して観たがシリアスものだった。(コメディシーンもあるけど)

ひきこもり、ニート、介護などの家庭問題を風刺した作品だと思われる。
38分という中編だが冗長で飽きてしまったので、下手な演出を削って短編にするか、母の心理にフォーカスした演出にして欲しかった。
おばあちゃんの遺言で、筒井真理子様が出ている作品にはスコア3.0以上をつけることになっているので……

そういえばレビューを書いてなかったなと思いだして再視聴。40分程度なのでサクッと見られます。タイトルどおりの作品なので、まあ見なくてもいいのですが、まさしくZ級ゾンビ作品ながら、真理子様と木下ほうかさんのやりとりや、真理子様の必死な演技に、ちょっとクスッときたり、ぐっときたりします。見たころで話のネタにもならず、人生に1ミリのメリットもないんですが、なんか見ちゃう、不思議な作品です。

なお、「カルト」「オカルト」の白石監督がゲスト出演されています。
tosyam

tosyamの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

びっくりするくらい女性映画としてのゴシックロマンの普請がゾンビ映画に適合することを教えてくれる。一家というか一族というか初代というか二代目というか。近代国家な。戦前思想な。企業資本主義な。古い価値観の家長や族長であることにこだわるパパ。そのパパが古い価値観から逃れきれず爺にくわれる。たぶんこの一軒家と車は爺が築き上げたもので。やっぱりパパは初代に負ける駄目な二代目だった。初代の近代は枯れても近代それほど強靭だったのだ。そこに嫁いだママも最初は厭な姑もいたのだろう生きたまま死んだような結婚生活。ゾンビ化とは近代が中世もしくは原始に戻るということ。三代目も当初は引きこもりで近代に喘いでいたがゾンビ化し脱近代を果たす。ママもママで白馬の騎士としての息子と脱近代のファンタジーの世界へと旅立つ。
chiro

chiroの感想・評価

-
2021:384本目

よくある家庭と夫婦問題にゾンビという設定が追加されてる感じ。にしても、奥さんが生存確認でおじいちゃんの顔をペチペチするのは笑っちゃった。
>|

あなたにおすすめの記事