恍惚の人の作品情報・感想・評価

「恍惚の人」に投稿された感想・評価

まだ介護保険制度も存在しない時代、デイサービスは老人クラブと言う名前であり、老人ホームは養老院と呼ばれ、そのような場所へ行く事は、一家の汚点や恥に近く、あまり公にはされなかった。

老人性痴呆症と言う名称は消えた訳ではなく、言われなくなっただけであり、場所や人によっては、まだ現役だったりする。

認知症は大きく分けて、アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型がある。

恐らく立花茂造氏は、典型的なアルツハイマー型だと思われる。

作中、茂造氏が認知症を発症したのは、妻の死がきっかけとされているが、明らかにこれは誤りだ。何故なら、妻が幾ら声をかけても起きないと言う前に、既に雨の中を彷徨していたではないか。更に、それより前から、恐らく前兆はあった筈。家族はそれに気付かなかったか、或いは見て見ぬふりをしていたか。ましてや冷たくあしらわれていたとこぼす嫁・昭子にしてみれば、受け入れがたい事実だったに違いない。

茂造は昭子のみに心を開く。それは勿論、孫が言うような、食事を与えてくれる飼い主と言う意味では全く無い。

小説が書かれた1971年頃に84歳と言う事は、1887年位の生まれ。明治中期の生まれだ。それを考えたら、女性に優しい言葉などそうはかけないだろうし、茂造氏の性格から考えたら、不器用な言動しか出来なかったろう。昭子側から見れば昭子は被害者だが、それは茂造氏の見地に立って考えれば同じとも言える。昭子も、心の何処かで薄々気付いていたのではないか?だから、あのラストに繋がるのだ。

認知症への対応がまずいが為、どんどん認知症症状が悪化して行く。やってはならない対応のオンパレードだ。

この頃はまだ、アリセプト(1999年発売)もメマリー(2011年8月23日発売)も発売されていない。処方箋に書かれるのは睡眠薬だ。強制的に睡眠を促し、おとなしくさせる。だが薬に体が慣れ、効かなくなれば終わりだ。勿論、アリセプトやメマリーが良いとか、問題無いと言うわけではない。問題は当然ある。だが、ただ眠らせるよりは、進行遅延と言う意味で効果的だ。

介護に接する、携わる者は必ず観て欲しい。これは介護の教科書的意義も含んでいる、まさしく映画遺産である。
これは森繁のでもなければ、豊田のでもなく、岡崎の映画なのだろうと思う。

以下、森繁氏の談話。(『早稲田ウィークリー』より)
あれを撮った時にカメラマンの岡崎さんっていう人が夢中になりましてね、最後の場面を撮っている時に、監督が「カット!」って言ってるのに、「まだまだ!」ってカメラを回してて。あの時のカメラマンの気迫は凄かったなぁ。鬼気迫るものがありましたね。
「人間50年。ならよかったのになぁ。」
家族が恍惚の人になったら俺はどうしようか。
自分が恍惚の人になったら。こんな風に迷惑をかけるだろう。
祖父は亡くなる前数年、軽く恍惚の人にになっていて、母が面倒をみていたので、この映画とまではいかないまでも似たような状況だった。それでも今思うと大変そうだった。
母と祖母以外の人ことはほぼ忘れていたし、俺のことは「写真が趣味の人」として覚えていて、体調がいい時は名前を呼んでくれたっけな。
「俺がボケたらどうする?」と父に言われて「俺は家出かな」と答えながらも、祖父を捨てようとはしない孫の気持ちもわかるだけに苦しかったが、喜劇役者森繁久彌と全く飾り気のないあくび顔をしたりする高峰秀子のコンビで、なんとなくボケた笑いも出てしまう作品でした。
しかし本当にこの問題は深刻だよな。。

とりあえず俺が呆けたら
高峰秀子の声で世話をされて叱られたいなと。
そんなこと思ったり。

どこにもレンタルがなくDVD購入、特典に入っていたパンフレットもとても良い内容で嬉しかった。
dabbl3r

dabbl3rの感想・評価

3.0
この時代から介護問題に焦点を当ててたのは凄い先見の明。ただ、映画としては観るに耐えないほど辛い内容ではあり、楽しむというよりも考えさせられる映画である。
ゆかし

ゆかしの感想・評価

3.4
つらい。ただひたすらつらい。
介護を家族だけで担う(この映画では共働きなのにほぼ全て昭子さん〈=当事者のおじいちゃんからすると息子の妻〉に押しつけていた感じだけど)のってやっぱり無理があるよな……

「おじいちゃん! おじいちゃん!! おじいちゃん!!!」が耳に残りすぎる
翔

翔の感想・評価

3.5
今の世の中でこそ『認知症』という名で認識されている症状が『老人性痴呆』または『ボケ』という言葉で通っていた時代。ケアワークが社会問題ではなく家単位での問題、または責任、または汚点として扱われていた時代。

とある家長が妻の死とほぼ同時に認知症になってしまう。家長は孫や娘息子のことを忘れ、息子の妻だけを信頼するようになる。我関せずの夫、薄情な義妹から全てを『任された』妻はみるみる認知症が進行していく義父の世話に追われることとなる。

時代の差か認識の差か、信じられないほどに理解が無い展開がどこまでも続く。確かにどこまでいっても創られた物語であるが、切り取られ強調されている分クリアにストレートに当時の認知症と環境が感じられる。

流石に酷く描かれ過ぎているのではと思うような人間模様もあるが、あり得ないと決して言い切れない。観るべき映画かは別として、知るべき問題。ケアは社会問題であり決して一人の問題ではない。
ボケ老人を描いた力作なのだが、森繁久彌と高峰秀子の迫真の演技がリアリティを生んでおり、観ているのが辛くなる映画だった。

しかし、この映画中に「おじいちゃん」という単語は何回発せられたのだろうか?
物凄い数である。

小鳥を見て涙する高峰秀子の表情が美しい。
yurry

yurryの感想・評価

3.7
重いテーマの割りに結構笑えるシーンもあった。
けど、森繁の爺さんが庭先の花を見つめるシーンで号泣した。
お世話してた家族(特に高峰秀子)は本当に大変だったろうなぁ…
夫は無関心だったけど高校生の息子が付かず離れずいい感じで爺さん接しててホッとした。
あと、篠ひろ子が可愛かった
チェケ

チェケの感想・評価

4.5
晩年にリアル恍惚の人と化した森繁だが60歳の時点でのこの演技は圧巻。悲壮感の中にユーモアがある。
森繁のボケ爺さんと志村けんがかぶってきた。
高峰と田村は二四の瞳がかぶる。
笑うけど笑えない。
汚い爺いでも可愛げと品があるのは映画の魅力。
臭い匂いがいい、じいちゃんがいるようで。
もしもしで終わる。