ゾンビーノの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゾンビーノ」に投稿された感想・評価

AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
ゾンビと共存してゾンビスマイルなんかもしちゃう好きなタイプなゾンビ映画だわ
まあまあ人死ぬけど
50sな雰囲気
KMR

KMRの感想・評価

-
ゾンビをペットとして飼って共生しているゾンビコメディー。
50’sなファッションがめちゃくちゃかわいい!

おとなりは6人もゾンビ飼ってるのにうちは1人もいなくて、みんなに変な目で見られている!っていう母。
ゾンビが怖くてゾンビは飼えない。唯一殺したゾンビは父親という父。
いじめられてて友達が一人もいなくて、やっと家にやってきたゾンビと心を通わせる息子。
世界観からして面白い。

ラストは皮肉たっぷりで面白かった。

79本目
hal

halの感想・評価

3.5
はたまた新感覚ゾンビ作品
人間×ゾンビの共存・絆の物語

※冷静に考えたらこの生活は
とっても危険だと感じます🧟‍♂️
ゾンビと人間の共存。これは、ロメロ先生が目指した理想郷ではないでしょうか?

レトロな時代設定と、ポップな色使いや音楽、ファッションがかわいいです。
のんきな雰囲気のなかで繰り広げられる、少年とゾンビのハートウォーミング・ストーリーかと思いきや、シニカルでブラックなスパイスがかなり効いてます。
こういうの、嫌いじゃないです😁

いろいろあったけど、いい感じに「めでたしめでたし」になって、最後笑っちゃったけど、よくよく考えたら、そもそもロビンソン一家のせいで町がパニックになるので、それもどうなん?って思ったり……。
そんな、アンビバレントな心理状態になり、倫理観が混乱してしまった😮

もしや、ゾンビコメディと見せかけて、そういった家族の愛情や人間関係に対する鋭い問題提起なのか⁉️……なんて、そんな大マジメに考える作品じゃないです😅

この映画の世界では、死後、ゾンビとなって使用人やペットのように生きるか、完全にクビを切って埋葬されるか選べるのだけど、どっちがいいんだろうって真剣に考えちゃいました😅
ちょっとした意思疎通ができるならゾンビでもいいよね。でも首輪が誤作動おこして野生の本能が出ちゃうとヤバいんだよなぁ。そんな堂々巡りで、まだ答えは出ません……。

あっ、やっぱり、なんだかんだいろいろ考えちゃってますね。ただのゾンビコメディじゃないですね、コレ。分断された現代社会への風刺でもあるし。
なにげにスゴイかも😁

月夜に照らされてシルエットになるとか、わりと残虐なシーンはちゃんと見せないような工夫がされていて、そこに感動しました🤣
sana

sanaの感想・評価

1.2
ゾンビをペットにするっていう発想はおもろいのに、実際観たらビミョい 最初の方はおもろい
20210118★★★★★面白い所もあって好き系ゾンビ映画☆
民子

民子の感想・評価

3.0
やさしいゾンビと少年が一悶着あった末ハッピーエンド
かーちゃんがいきなりゾンビと仲良くなってたのでそこら辺の描写が欲しかったな
レトロな洋服、車が可愛い(*^▽^*)
ゾンビが可愛く思えるなんて笑。ゾンビは生きてるの?死んでるの?少なくともこの映画のゾンビは感情があるみたいだし、人間のパパたちよりは思いやりがあって情が湧く。ママが何気にぶっ飛んでて最高笑。悲劇も喜劇になっちゃう。怖くないゾンビ映画。
ミルコ

ミルコの感想・評価

3.1
かわいいゾンビが登場する愛がテーマの一風変わった作品。家族とゾンビが気持ちが通じ合う感じが微笑ましい。
ほのぼのファミリー映画とバイオレンスなゾンビ・ホラーを組み合わせた斬新な設定と痛烈な風刺が評判を呼んだカナダ産の異色ブラック・コメディ。

50年代アメリカの古き良き平和な郊外住宅地を思わせるのどかな街を舞台に、
特殊な首輪でペット化したゾンビと孤独な少年が次第に友情を育んでいくさまと、
そんな2人が巻き起こす大事件の顛末を、
現代社会への皮肉を盛り込みつつハートフルかつ過激に描いていく。

ぜんぜん怖くないほのぼのゾンビ映画。
宇宙からの放射線でゾンビが大量発生し、
ゾンビ戦争に勝利した人間たちは、
ゾムコン社が開発した特殊な首輪が人間の危機を救う。
舞台は50年代のアメリカだが、
とてもカラフルな世界で描かれている。
ゾンビたちは人間と共に共存するが、
共存といっても結局のところゾンビは、
人間の都合のいいように召使いとして扱われる。
ティミーの飼うゾンビのファイドは“死霊のえじき”のボブまんまで、
ティミーとファイドが絆を深めていく姿が描かれる。
ゾンビと信頼関係が生まれると食べられることはない。
ご近所のテオポリスさんは、
タミーという美人ゾンビを飼っており、
歯をカチカチするタミーが素敵。
最後のゾムコン社で野生ゾンビが発生するくだりは、
もっと見せて欲しかった。
>|