或る旅人の日記の作品情報・感想・評価

或る旅人の日記2005年製作の映画)

製作国:

上映時間:23分

3.9

「或る旅人の日記」に投稿された感想・評価

ぽ

ぽの感想・評価

4.7

どこか懐かしく静かな温かみのある世界観で、見たあとにじわっと広がる小さな幸福感が絶妙なアニメーション作品。

素朴さがすごく好き。

あなたもきっとトートフ・ロドルに恋するはず。

ぜひ長編を作ってほしい。



2017 No.59
うの

うのの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カエルの背部屋の明かり水面の揺らぎ
クマの背中に見る映画
月のうさぎの小旅行帰りは直通列車に乗って


 どうぶつの森の喫茶店のようなちょっと大人な世界観。なんだかムズムズするような背伸びした気分。
 センスがあれば日々の出来事にタイトルをつけて書いていったらかっこいいんだろうなあ。


夜の上映会 南の丘に寂しげな街 宿に逃げられた私
Junko

Junkoの感想・評価

3.7
ロマンチックで暖かい
眠る前や寒い冬の日に合いそうな感じ

花と女、月夜の旅人が好き

豚さんが不思議なかわいさ
satoshi

satoshiの感想・評価

4.3
 「つみきのいえ」の加藤久仁生監督の連作短編アニメーション。旅人が行先で遭遇する不思議な出来事を描いています。

 観ていて非常に心地よかったです。何が心地いいかって、絵ですね。落ち着いた色で統一されていて、その中で経験したことを、時にユーモラスに、そして時にペーソスを交えて描いています。特に最後の話は、少し切なさを感じさせます。このように、今作は、「ただ観ているだけで楽しい」アニメでした。台詞無しで、映像の表現だけで話を見せる。これは、映像作品として、素晴らしい作品である証明だと思います。

 また、1話1話は非常に短いです。その短さ故、本当に旅人が体験したことを端的に語っていて、まさに「日記」を読んでいる気分になれます。
nono

nonoの感想・評価

-
つみきのいえみたいにどこか暖かい
midnight cafe
PORK

PORKの感想・評価

3.1
うさぎのオヤジ、間違いなくただの変態でしょ。
bastian

bastianの感想・評価

3.4
色合いや絵のタッチ、動物や建物や木のデザイン、そこに不思議なBGMが加わり一つの世界を作り上げている。
見ているうちに本当にその世界を覗き込んでるような感覚になる。
人物の顔だけちょっと怖い。
一つ一つの話がとても短いので、何か結末があるというものではなく、不思議な出来事の序章ぐらいで終わってしまうので、かなりの物足りなさはある。
ぱりぬ

ぱりぬの感想・評価

3.5
なんだろう、この世界観。
なんとなくコーヒーを飲みながらぼーっとみたい感じ。
filmr11

filmr11の感想・評価

4.2
不思議な世界が覗けて良い。

筒井康隆の旅のラゴスを思い出した。

The city of lightとMidnight cafe、The melancholy rainにThe flower and the ladyが特に良かった。
選びすぎなのは仕方ない。

曲も良かった。

短いから疲れた時の気分転換や現実逃避にちょうどいいかも。
がんま

がんまの感想・評価

4.0
憂鬱な雨が特に好きだった。宮沢賢治の世界観に近い。
>|