残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.3

あらすじ

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

batu

batuの感想・評価

4.1
鬼談百景を見た上で見ると、余計雰囲気にいい意味で持っていかれます。
原作も話としてはとても地味なんです。
幽霊バーン、とか霊障どーんとかほとんど無いけど、それが無い事を逆手にとって不気味さを極限まで煮詰めて抽出している映画でした。
隣人や自分の知り合いの範囲内で起きてそうなくらい、ひとつひとつの出来事はわりとありそうなんだけど、事案を辿っていくうちに違和感を肌で感じると、もうそこからスイッチが入ったように怖くなります。
珍しく原作にかなり忠実だったのも良かったな。

こういうホラーを待ってました。
自分の中では間違いなく良作でした。
怖いのが見たい!という日にはおすすめです。

ミステリー+ホラーという感じ。
怖さをプラスしたのはもうこの世に竹内結子さんがいないこと。
ジワジワ襲ってくる根源的な恐怖が良かった。ホラーよりもミステリーよりかも。
ラストは個人的にはイマイチ。
fishmutton

fishmuttonの感想・評価

3.5
面白かった。
奇妙な現象の根元をたどる、ホラーミステリー。
小説っぽい構成の映画だった。

ジグソーパズルのように、段々ピースが埋まって全体像が見えてくるのが楽しい。

オチはベタだが、後味悪くて良かった。

実録ホラー小説家に届いた、アパートでの怪奇現象についての手紙。怪奇現象の根元を求めて手紙の主と調査を始めるが・・・という話。
【あらすじ】小説家の元に恐い体験のお便りが。

【感想】
いや、これ恐い。
竹内結子さんが急逝された後では尚更。
首吊りシーンが多くて(-_-;)
これ、少なからず影響あったんじゃ...と邪推してしまう。

こういう負の連鎖、実際ありそう。物語展開は事件をただ遡っていくので、伏線回収というより、帳尻会わせの感覚が近く、冗長に感じる。終盤はそこから抜け出せてちょっと面白い。個人的に、ラストは蔵之介でおとしてほしかった。過去の映像を一部フラッシュバックくらいにして、説明省略してたら評価4いったかも。やっぱり竹内結子うまい! 無念。

【エンドロール】
まだ話続きます。絵について少し。
地元がチラッと話しに出てくる笑
それだけ笑
こんな恐怖体験してみたいけど何も出て来ん🤣
こんな事より人間が犯す罪の方がよっぽど怖いわ🤷‍♂️
ホラーに慣れているつもりだが、じわじわと何日も尾を引く怖さがあった。
謎解きホラー。
suama

suamaの感想・評価

3.3
遡れば遡るほど怖いって聞いたけど、そこまででもなかった
でも、普通に面白かった
K

Kの感想・評価

3.6
心霊現象の起こる家の歴史を辿って見えてくる過去そこに住んだ人々の物語。

家が建ったり壊されたり、その下にずっとある土地には、たくさんの歴史が積み重なっている。そう考えると、曰くのない土地、家なんてない気もする。そう思うと尚更怖くなった。

見える人には見えて、見えない人には見えない。信じるか信じないかはあなた次第。

心霊作家が現象を調査するというストーリー展開でずっと怖いだけではないのが個人的にはちょうどよかったし、次々と繋がっていく感じも面白かった。
幽霊とか祟りを信じている人で これから一人暮らしを予定している方は必見ですね笑

とりあえず橋本愛は可愛い
>|

あなたにおすすめの記事