Jam Films S(エス)の作品情報・感想・評価・動画配信

「Jam Films S(エス)」に投稿された感想・評価

asachan

asachanの感想・評価

2.9
途中tamalaちゃんみたいな映像が合ってテンションが上がった。それくらい。
藤木直人のヤリチンキャラは可愛いし、石原さとみのニキビも可愛かった。
ででん

ででんの感想・評価

2.8
どうしても年代を感じてしまう
時代を超越することの難しさを実感
2030年くらいにはエモくなるのかなあ
Kana

Kanaの感想・評価

3.5
訳わからんけど印象に残る系は結構好き、あとショートフィルムとかめっちゃ好き
annie

annieの感想・評価

2.5
今観たら豪華俳優陣。

ただおもしろいのは何もなかった…。
映画は時代を越えてもいいものはいいけど、
これにはすごく古さを感じてしまった。
深緑

深緑の感想・評価

3.2
シリーズ3作目。

拭いきれない1作目からの値崩れ感。

しかしながら、夜寝る前に観るのにちょうど良いので、こういうオムニバスは個人的にはもっと量産して欲しいところ。

長編では輝けなくても、短編で才能を発揮出来る人の救済にもなるかと。

この中では石原さとみ主演の話が文句無しの1位。
sumako

sumakoの感想・評価

-
2020.104
どれも豪華。
『すべり台』に石原さとみと柄本時生!
シリーズの中でこれだけ見てなかったので鑑賞。
小雪と大杉漣の回が良かった。
他はまぁまぁ。
相変わらずのjamフィルムワールド。
悪杭

悪杭の感想・評価

3.0
2006年 鑑賞
1作目の6名の監督がオススメの7監督のショート作品のオムニバス作品。
私のオススメは5話目の「すべり台」。阿部監督作品。石原さとみさんと柄本時生さん共演。バカバカしい子ども?の話。
ふぅた

ふぅたの感想・評価

3.5
たまにjamシリーズを観ると本当勉強になる。
20分前後のショートショートって構成云々よりシュールな世界観や独特なカメラワークがまた刺激がもらえる。
何よりキャストが最高に豪華。
今の日本を代表する綾瀬はるかや石原さとみの初々しい時代が観れるのも貴重。
山崎まさよしの使い方笑
Lenely

Lenelyの感想・評価

3.0
1作目2作目と同じ評価。
日本映画監督達がオムニバス形式で製作した短編映画の寄せ集めで、一人一人の芸術性や作風が実験的なのが一目瞭然。
映画通にしか良さが伝わらない作品が多く賛否が分かれているようだが、個人的にはかなり楽しかった。
単純明快なセリフで進行し嫌でも完結する映画しか観たことない人だと苦痛な時間かもしれない。
>|