Jam Films 2の作品情報・感想・評価・動画配信

「Jam Films 2」に投稿された感想・評価

昔、確か東京にいた頃に観た記憶があるような
気がして、懐かしくて観たけれど、
市川実日子さんは、やっぱり素敵でした。
ななな

なななの感想・評価

1.9
(꒪ͧ⌓꒪ͧ)
当時なら面白く見れたのか?
登場人物が色んなじゃんるから、このクオリティで音楽にちゃんとプロ使ってる💡
『机上の空論』
小林賢太郎の面白さが詰まっていて
短い時間でも満足感のある作品。
何より市川実日子がかわいい。
あの独特な雰囲気は彼女しかいないなー。
それを見るだけでも十分な価値がありました。
8637

8637の感想・評価

3.3
「机上の空論」
これだけは好きすぎて何度も観ている。ラーメンズの革新的な映像ネタである「ジャパニーズトラディション」のフォーマットでここまでの大作を作れたのは素晴らしい。ネタ部分が映画部分の壮大な伏線となって、最高に純粋なラストとして回収される。キリンジも大好きなので余計に泣ける。小林賢太郎の"こんなマンガみたいなやついないだろ"感がウケる。
このシリーズはほとんどYouTubeに上がっているので観て欲しい。外国人に向けて簡単に嘘を言い放つし、構造について真面目に話すことでギャグの面白さから冷まさせる。そんな毒々しさと音楽のないシュールな映像が合ってて面白いんですよ。

「CLEAN ROOM」
イマイチ内容が掴めてないんだけど...屋上のシークエンスが美しいのがさすがMV監督、って感じだった。あとは韓英恵の無慈悲さ。

「HOOPS MEN SOUL」
これも、良くも悪くも映像だけって感じ。カッコいいけどね。借金取り・黒木の人物説明のくだりは憤りを感じるレベルだった。女性の「私を金で買うの?」っていう言葉は納得できるようで自分勝手。失速してるラストが少し冷める。

「ファスナー」はMr.Childrenの曲から生まれた映画でもあり楽しみにしてたけど、なぜか収録されてなかった。いつか観たい...!

このレビューはネタバレを含みます

日本の恋愛事情をとことんブラックジョークでコケにする、皮肉満載のお話。
リク

リクの感想・評価

3.5
全ては机上の空論。
恋愛にルールなどない、あったらつまらないじゃない。

一作目のラーメンズのコントだけオススメ。

2022.41作目
2、3話意味わからんすぎてキレそうやった。
麻生久美子、可愛すぎて失神しそうやった。こりゃやばい
ろく

ろくの感想・評価

1.7
4本のオムニバス……のはずがなぜか配信の見たら3本しか入ってないで終わってしまった。どういうこと?権利関係か。

まあ最後の作品の評価なしでつけるとするか……いや見事に大外れ。なんだこれはってレベルの映像、そして内容。こんなだったらまだ河崎実見たほうがましだぜ(いやそれはないか)。もううすうす岡本理研ですよ。

机上の空論:ラーメンズのネタ。でもこれって面白いのか。小林信彦や清水義範が30年前にやっていたようなことをいまさら見せられてもねえ。ただ最後だけは少しだけいい。そして3作の中でこの映画が一番ましだったことがショック。

CLEAN ROOM:もう題名からしてまずそうな感じがするが、はい、その通りです。お仕着せの思想を押し付けられ、どう面白いでしょって言われてもかける言葉が見つからないよ。こんなひどい、ある意味チャチな映観たの「ファザー・ファッカー」以来だぜ。

HOOPS MEN SOUL:さっきの作品ほどでないけどひどい。なんだこれはの域を脱してない。どうにもこうにも観ていて苦笑しかでないってのはどうなんだろう。「私を金で買うな!」と女が怒るんだけどじゃあどうすればいいんだよって突っ込みたい。

総じて水準は何一つなし。1作目は良かったのに。ひょっとして4作目がない理由はこんな3作と並びたくないから?
小黒

小黒の感想・評価

2.8
短編ものは台詞多くて情報量ある方が好きなので、一番最初の小林賢太郎のが良かったです。ラーメンズってこんな感じなんだ〜。
みどり

みどりの感想・評価

3.5
短編オムニバス。
『机上の空論』笑える。
『FASTENER』の映像美が好き。
>|

あなたにおすすめの記事