「ZOO」に投稿された感想・評価

mrymemry

mrymemryの感想・評価

3.3
厨二病患者の方は是非見てください。
乙一はわたしの青春です...(陰)
hrがn

hrがnの感想・評価

-
懐かしい
もう記憶がほぼないから点数付けないけど、部屋に閉じ込められた姉弟の話だけはうっすら覚えてる
dra

draの感想・評価

-
全体的に不条理、不可解な原作なのだろうというのは伝わったが、監督なのか脚本なのかもしくは原作なのか、下手さゆえ、いまいちのめり込めないものもあった。

「カザリとヨーコ」
死体の顔がいい。あとはまぁ、といった感じ。

「SEVEN ROOMS」
せっかくの臨場感が死んでる。一部屋一部屋ゆくり映すな。姉と弟の情緒というか関係というかもなんか一貫性のないものになってる。

「so-far」
面白かった。
頭を境に父母を移す画も面白いし、話自体も面白い。喧嘩が原因でそんなことするなよ笑、とは思うもののそれは原作通りなのか?いや、よく考えたらめちゃくちゃだな。原作気になる。でもまぁ、この中では突出していたと思う。

「陽だまりの詩」
漫画家が絵コンテ書いているだけ合って、まとも。でも俺はこのcgを無理やり二次元アニメ風に塗るテクスチャがマジで嫌いである。そして人工知能のくせに、という不可解さが多々ある。それは原作のせいなのかどうか。
破綻もないけど、面白くもない。

「zoo」
表題作なだけあって、そこそこホラー。
死体写真のコマ送りなんかはかなりセンセーショナルで、不気味な世界観も良かった。
はりー

はりーの感想・評価

3.5
乙一さんの作品短編がまとまった作品

当時小学生の頃に図書室にあった
この原作を読んで
なぜかずっと忘れることができず
今回DVDを借りて鑑賞

改めて見て思ったけど
よくこの内容の本が
小学校の図書室にあったな
そしてよく自分もそれを借りて
読んでいたなと思った

忘れられなかった理由が分かる

まあ、短編集なのでサクッと
見やすいけれど
不気味でモヤッとするので
内容はサクッと
流せる感じではないです
むく

むくの感想・評価

3.3
陽だまりの詩(死)だけアニメーションで、いいアクセントになってる。ディストピアをアニメで表現するのも見事にハマってる。

あと市川由衣が可愛い
ママに溺愛される妹👧✨と
忌み嫌われる姉👧🌀の
アンバランスが過ぎる双子の姉妹の
恐るべき末路😨、
7つの独房に若い女性を
代わるがわる閉じ込めて🔒
毎日1人殺していくサイコ・キラー🔪🙃など
5つの怪奇談・・・


グリーナウェイ顔負けの
怪奇世界の数々...!😱
全部オツイチ✏って作家の
ストーリーなんですね。
僕は存じ上げませんでしたが、
有名俳優が
こぞって出演してるあたり、
結構リスペクトされてる作家だろうな✨
という印象で、
なかなか容赦ない
ソリッドな世界観にやられた!💥
ケンタ・スガが
下水(より確実に汚い)みたいなのに
潜るたびにゲロゲロ。🤮

2022.4.4
乙一原作、ZOO
5編のオムニバス

原作でも映画でも
やはりそのうちの一編のSEVEN ROOMSが一番好き
吉高由里子も出ててその他の出演者も豪華

水路が流れるコンクリート打ち付けのせまい7つの部屋に
監禁された姉弟が主人公の監禁モノだけど
原作はSAWと同時タイミングでちょい早い

Youtubeにアップされてる予告編に海外の人たちが
これどこで観れるのって?すごい聞いてるけど需要あるんだね
lynn

lynnの感想・評価

3.2
原作未読。
観たら気になって仕方がない!
どの話にも各々インパクトがあり、表現もそれぞれ違くて面白かった!
ちょっと荒い所もあるけれど、私が思う乙一らしい怖気を感じる。

カザリとヨーコは忘れられないかも。
SevenRooms、面白い。何も語られない所がまた好き。
SO-farが一番好きかな。
映像ならでは良さが出てるんではないだろうか。
悲しくもありつつ、子供が最後は猟奇的にも見える。
陽だまりの詩はアニメーションにしたのが正解。
ZOOはあまり好きではなかったです。
おもしろ〜いw
まずはアナウンスします!
これから見ようかなという方にはDVDで見ることをお勧めします。と言いますのも、ボリュームたっぷりな〝特典映像〟がとても充実しているから!全話分のメイキングやらトークショーなどは必見です!

ただいま1人で乙一祭り開催中!
映像作品は『GOTH』『暗いところで待ち合わせ』『百瀬こっちを向いて』に続いて4本目です。
原作『ZOO』も短編集という事で、こちらも5篇の短編を映像化。ただし、ひとつはアニメ作品で、脚本、絵コンテ、キャラクターデザインをなんとー!!!!古屋兎丸さんがやっておられます!
監督脚本も5話それぞれバラバラで、テイストの違いを味わえます。

私のイチオシは『陽だまりの詩』
日頃アニメなど見ないのですが、モーションキャプチャーを使った滑らかな動きに感激でした〜!

あと、子役としての須賀健太と神木隆之介が、まー!可愛いです!!!!
記録用

記録用の感想・評価

3.3
seven roomesが小説では圧倒的に面白くて、映像作品としては陽だまりの詩が好きでした。
世界観としてSFすぎるから逆にいいみたいな。

とにかく俳優陣が皆様お若いので観ながら健太子供じゃんかー!とか、吉高由里子一瞬すぎるーー!とか神木くんかわいすぎー!とかそういうキャスト萌えがすごかったです個人的に
>|

あなたにおすすめの記事