ノー・エスケープ 自由への国境の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ノー・エスケープ 自由への国境の作品情報・感想・評価

ノー・エスケープ 自由への国境2015年製作の映画)

Desierto

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:88分

3.5

あらすじ

メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境。不法入国を試みるモイセスと15人の移民たち。突如襲いかかる銃弾。襲撃者は正体不明。摂氏50℃。水なし。武器なし。通信手段なし。“自由の国”を目指す命懸けの逃走劇が今、始まる!

「ノー・エスケープ 自由への国境」に投稿された感想・評価

すっごいシンプルで面白かった。アメリカへ不法入国を試みる者たちを狙う謎のスナイパー!?舞台は荒野、見渡し良すぎて隠れるには岩場くらいしかなく、逃げ場なし。過酷な環境で体力消耗しながらの追逃走劇。シンプルかつコンパクトにまとまってて最後まで一気に。
ジョナ

ジョナの感想・評価

3.6
最強のおっさんと犬から逃げる主人公たち、砂漠版ドントブリーズって感じ。つまんね!
asuka

asukaの感想・評価

3.5
なんか救われないなー感がハンパない映画。
ひったすらかくれんぼして、鬼ごっこして!っていう作品(笑)
しかし、あんな急にバンバン撃たれたら怖いし、逃げ隠れるのもかなり難しい砂漠、もしくは岩場!
あんなん私絶対体験したくない(笑)

トラッカーちゃん可哀想すぎて。
どっちの立場にも立って観てしまったから、助かりたい気持ちもわかるし、なんせ倒したい気持ちもわかる!

せやけど、私あんな体験したくないし不法入国はあかんわ(笑)
最後のシーン、あれが本物やったらいいんやけどね。

砂漠、岩場の茶色と空の青さのコントラストがとても綺麗やった。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2017/05/09 TOHOシネマズ
nao

naoの感想・評価

2.8
究極のサバイバルエンタテインメント
って なるほどそういうことだったのか!
無理でした・・犬の悪夢を見そう・・
てつ

てつの感想・評価

3.4
トークイベントつき試写会で観ました。最初は少し意味がわからなかったけど、よく観察すると、裏に現代的なタイムリーでもある創作意図が隠れてました。
それをわざわざ解説してもらって理解する、ということで、なるほどな〜と思いました。
実際あんなにバンバン殺しにかかられると怖いよね〜。
関心したのは「ただの追いかけっこなのによくもまあこれだけスリリングに撮れるなあ」ってところですね。
追いかけっこ映画ってジャンルがあるかどうかは知りませんけど、パッと思いつくところで言うと「マッドマックス」とか「アポカリプト」とかあるわけですけど、壮絶なアクションとかバイオレンス描写とか話の広がりとか射程の深さでそう言った映画は「追いかけっこ」を映画としてブラッシュアップしてるわけですが、本作はとにかく「砂漠で追いかけっこ」だけ。背景とかが描かれないかといえばそうではないし、射程が浅いかと言われれば読み取る余地はあると思う。例えば砂漠でメキシコ移民をぶち殺すオッサンのクルマに掲げられてる旗とかさ、冒頭のキリスト教風味だって深読みすると「同じキリスト教徒の移民ですらこの扱い、況んや異教徒をや」とかいう話にも出来るんだけど、とにかくそう言った背景は基本的にはバッサリ切り落としてあるし、書き割りと言ってもいいレベル。
そう言った部分をごっそり落として「砂漠での追いかけっこ」というのをミニマムにそれでいてスリリングにテンポよく短時間のエンターテイメントしてまとめてるのが上手いし素晴らしい。
特に砂漠っていう舞台の使い方。我々は砂漠と言われるとそれこそ見渡す限りの砂漠をイメージするんだけど、この映画の砂漠は追いかけっこするのに実に向いてる。
「だだっ広い平原過ぎて狙われちゃう〜」ってところもあれば「あの物陰に逃げろ〜」的なところや岩場なんかもあって舞台の使い方と映画の撮り方が実にマッチしてる。それでいて「毒ヘビだ〜」とか「水が〜」とかっていう砂漠ならではの恐怖や殺人オジサンの犬とかっていう要素をいれてバランスよくまとめてる。
小品として実に面白かったし「追いかけっこ映画」のスタンダードに出来るくらいには良く出来てると思いました。
アキ

アキの感想・評価

4.6
広く荒涼とした砂漠、大地であるのに、これほどまでに空間が窮屈だと感じられるのは、ひとえにオヤジとワンコの賜物。何せどれだけ遠く距離をとったとしても、その鋭敏な嗅覚で敵の位置を察知するや、時速100万キロの速度でワンコが駆けてきて牙を向く、仮に高台に逃げおおせたとしても、遠方からのオヤジのライフルで狙われ、狙いから身をそらそうと谷間の陰に隠れてじっと待っている間にもワンコの駆ける足音が聞こえてき、休まる暇はない。作品のニュアンス的には去年公開された「追撃者」と似たものがあるも、面白さと恐ろしさはその比ではない。「アイインザスカイ」を観ていなければ、今年ダントツでナンバー1の作品でありました。
ちなみにワンコの狂い様はあまりも次元を逸したものではあるが、それをそうだと気にさせないのは、おそらくあのキーンと鼓膜を刺激する不気味な笛の音がユエだろうね。どこか文学的ニュアンスを感じたが。

蛇足1
オヤジに照準を定められている状況を不法移民の者たちはさも当然のように受け入れていたけどまさかこうした国境付近のマンハントが現実世界でも勃発しているなんてことはありはしないだろうね・

蛇足2
主人公がとあるシーンで決定的な決断をするんだけども、ある意味この手のものでは画期的というか慣習を打ち破るような流れにちょっと度肝抜かれた、まさかそっちの選択肢をとるか、みたいな。
自分が普段あまり観ないタイプの映画だったので新鮮でした。

簡単に言えば鬼ごっこなんですが、個人的にジェフリー・ディーン・モーガンが出てるのが嬉しかった‼
海外ドラマ「スーパーナチュラル」の父親役のイメージが強く、狩りをやっているし役名もサム(スーパーナチュラルでは息子の名前がサム)だったので全く関係ないところでテンションが上がってしまいました(笑)

そして映画が進んでいくにつれて、ジェフリー・ディーン・モーガンがどことなくメル・ギブソンっぽく見えてしまって…
たぶん風貌が似てるからなのかなぁ
途中からメル・ギブソンが追いかけてるように見えて余計怖さが増してきました(笑)


あれっ…
全然映画の内容こと話してないや(・・;)
>|