ノー・エスケープ 自由への国境の作品情報・感想・評価

ノー・エスケープ 自由への国境2015年製作の映画)

Desierto

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:88分

3.2

あらすじ

メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境。不法入国を試みるモイセスと15人の移民たち。突如襲いかかる銃弾。襲撃者は正体不明。摂氏50℃。水なし。武器なし。通信手段なし。“自由の国”を目指す命懸けの逃走劇が今、始まる!

「ノー・エスケープ 自由への国境」に投稿された感想・評価

giiiita

giiiitaの感想・評価

3.0
ハラハラドキドキな展開を期待してみるものではないと観て感じた。

リアルな現場を映画で伝えてるものだと感じた。
いぬー!!!

なんか不法入国者が、狩られちゃうって作品なんですけど、そんなことよりあの犬ですよ!

不法入国も悪いことだとはいえ、それを理由に人を殺すことも悪いことなんだけど、そんな善悪なんて犬には関係ないし!

こいつらのせいで、犬が酷い目にあったということだけで、どっちも悪人ですわ!

と、犬好きな私からすると少々おかんむりな部分もあったんですけど、面白いは面白いんでしたよこれ
後半、アホみたいな鬼ごっこは苦笑いでしたけど、でも楽しめました
オススメはしませんし来年には忘れてそうです
RinaSuzuki

RinaSuzukiの感想・評価

3.0
米墨の壁問題を扱っているというので見たけど、現実を描いたドキュメンタリーってよりも、ただのサバイバルスリラーって感じだった。
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.0
まあまあの出来ではないかと。追っかけっこが続くので、終盤までに少し飽きがきてしまった。それとは関係のないガラガラヘビのシーンが一番ゾクッとしました。自警団がいるのは知ってるけど追っ手は自警団の人に見えなかったな。
恭介

恭介の感想・評価

2.9
ゼロ・グラヴィティの原点・・

そ、そうなのか?キュアロン?

国境絡みを題材にした映画は
よくあるが、本作はかなり
シンプルでストレートな作品。

というか、一本調子な作品(笑)

違法にアメリカに入国したい人
それを無意味?に殺す人
さぁどっちが生き残る!

3行で内容を伝えられる(笑)

追われる人と追う人
最初から最後まで鬼ごっこ&かくれんぼ
の繰り返し。
ストーリーのアクセントとして犬が
重要、というか犬しかない。

不気味な存在感を醸し出したいからか
モーガン扮するガンマンが殺しまくる
動機がイマイチ、ピンとこない。
特に影があるキャラ設定でもないし
暑さでヤられたキチ○イにしかみえない
けど、それでも狂気が伝わってこない
のが辛い。

また、逃げる方の主役のアンちゃんも
一応、アメリカに危険を冒してまで
入国する動機は説明されるが
サラッとし過ぎてないに等しい

最終、そんな2人の鬼ごっこ&かくれんぼ
が延々続くもんだから、丁度眠たくなる
頃の80分強が上映時間なもんで、ラストに寝落ち寸前になった(´Д` )(笑)

砂漠の特性を存分に発揮できる
追跡、逃走、反撃を題材にした
映画は好きだから、ちょっと惜しかった。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.4
主役、不法移民者にガエル君、
その移民者を狩る正体不明の男に
ウォーキングデッドの
ジェフリー・ディーン・モーガン。

作品内容としてはシンプルで
鬼ごっこそのまま。
メキシコから合衆国への不法移民者と
それを犬と共に追い、殺しまくる
正体不明の男。

正直これだけ単純で
お金がかかってないのに
ずっと飽きる事なく楽しんで観れた。


この作品の公開が2015年
ウォーキングデッドでジェフリーさん
演じる凶悪男ニーガンが出てきた
シーズン6が2016年。
彼の中でのニーガン像は
この時に出来ていたのかなーなどと
思いながら…
ウォーキングデッドファンは
また違った楽しみ方があったりするw
kota

kotaの感想・評価

2.5
んーおっさんがなんで殺してんのかよくわかんなかったなー

単純に砂漠いーなーと思った。
bowzZ

bowzZの感想・評価

2.9
”今、アメリカとメキシコの国境で何が起きているのか?”なんてコピーだが、本当にこんな人間狩りが起きていたらさすがに大問題だろう。これはただ時流に乗っかり、旬な社会問題にかこつけてるだけの、よくあるサバイバルアクションエンタメにすぎなかった。
Mダグラスが悪役の「追撃者」という映画も似たような砂漠地帯でのサバイバル映画だったよ。
mmmmm

mmmmmの感想・評価

2.5
要するに、
ウォーキング・デッドでモヤモヤした人達が鬱憤を晴らすための映画って事で。

個人的にはジェフリー・ディーン・モーガンが好きなので他の作品だったらどんなかなーと思ったら、まんまニーガンだったという物語。

狂犬ぶりがちょっと「ドントブリーズ」を彷彿とさせた。
もう少し逃げてきた人達の内情やら、スナイパーがなんで自分の国が嫌いになったのか(推測するにガチな軍人体質だったんだろうと思うけど)とかもうちょっと描いてくれたら良かったのかと…
メキシコからアメリカへ不法入国する移民達を殺人鬼が襲う物語。
終始緊迫感がありドキドキさせる。砂漠という環境を生かしたところはなかなか良かった。でも、それだけでたんなる鬼ごっこを見てる感じで期待ハズレだった。
>|