パージの作品情報・感想・評価

「パージ」に投稿された感想・評価

くらた

くらたの感想・評価

2.2
2019.04.20 Netflix

なんか色々と物足りない
muneo

muneoの感想・評価

3.0
理解できない設定ではあるが
スリルとしては一級かなぁ
物語の展開とラストで救われる
2回目
すごく好きな映画
設定だけでいろんなストーリーが作れる
シリーズの中でもこれが一番好き
緊張があっていい
パージの設定を活かされてていい
パージという設定で作るならこのストーリーはかかせない!
BB

BBの感想・評価

3.3
「時間内なら犯罪オールオッケー」な法律の下、トラブルに巻き込まれて無軌道な若者に命を狙われる一家のお話。

基本設定は若干荒い。
というか細かい描写が無いので、多少の疑問は残る。

パパさんが強すぎてびっくり。
朝方のママさんは最強。

方向性としては「やっぱり人間が一番恐ろしい」系なので満足。
nakina

nakinaの感想・評価

3.1
子供と鑑賞☆
夫婦で鑑賞☆☆☆☆☆

ありえない設定だけど、
そうなるかもーーーってうなづけた。
結局、恨みつらみを晴らす制度じゃん。
人殺しをしたくて生きてる人って
そんなにいるのかな?(⌒-⌒; )

食い入るように楽しめました。
Rosso

Rossoの感想・評価

2.9
なるほどね、合法で人殺しできるミラクルタイムのことでしたかパージとは。
年に1回12時間限り人殺しが罪に問われない となるとまあやっぱり余程の快楽殺人キチガイじゃなければ日頃の恨みの発散へと昇華しますよね〜
若しくは粛々と社会的生産性皆無の方々をぶっ殺すとかな(政府の真の目的こっち説すこ)

掴みはなかなか良かったとは思うんですが、結局屋内ハラハラ銃撃戦に留まるのがなんだかな〜
・仮面が不気味だった
・娘がエロさむんむん
以外の感想が観た直後でも浮かんでこないっすね。

日本でパージ法を導入するのであれば、10/31の渋谷スクランブル交差点周辺限定にて、お願いしたいところっすね。
ガンガンやっちゃってください警官さん。
motutya

motutyaの感想・評価

3.4
パージ
2013年/ホラー・ミステリー
内容:16点
俳優:10点
監督:14点
演出:13点
関心度:15点 計68点

『6才のボクが、大人になるまで。』などのイーサン・ホークが主演を務めたサスペンス。年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が許されるという政策が施行される中、決死のサバイバルを繰り広げる一家の姿を追い掛けていく。監督は、『交渉人』などの脚本を手掛けてきたジェームズ・デモナコ。『300 <スリーハンドレッド>』シリーズなどのレナ・ヘディ、テレビドラマ「ブラザーズ&シスターズ」シリーズなどのマックス・バークホルダーらが共演。息詰まる展開はもちろん、むごたらしいバイオレンス描写にも圧倒される。

年に12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪行為を合法にする法律が定められたアメリカ。パージと呼ばれるその日を迎えたジェームズ・サンディン(イーサン・ホーク)は、最先端のセキュリティーシステムによって保護された自宅で妻子たちと夜を過ごすことに。だが、パージがスタートするや、ある男がジェームズの家に助けを求めてやって来る。息子がセキュリティーシステムを解除して彼を家にかくまうが、男を殺そうとする近隣住民が続々と集結。暴徒と化した彼らに囲まれたジェームズたちは反撃に挑むが……。
YASU

YASUの感想・評価

3.3
TSUTAYAに行くたびにジャケットに惹かれた作品。

普段仲の良いご近所さん、友人、恋人もパージ「浄化」の日には本性を現す。

うぉっほい、、まじか!ってなる作品。
アメリカロジックを馬鹿にする映画やった。Hiroshima、Nagasakiは正しかったって言うてる奴に見せてやったら良い。
Tylor

Tylorの感想・評価

2.5
アメリカ全土を巻き込むデカい設定の割にストーリーはありきたりな小規模パニック系
もっと暴動とか爆発とか破壊と悪虐の限りを尽くす世紀末的超地獄世界観を想像してたから拍子抜けした
>|