ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル2017年製作の映画)

Jumanji: Welcome to the Jungle

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」に投稿された感想・評価

Yumi

Yumiの感想・評価

3.8
各々の個性がはっきりしていて、ゲームのキャラクターの特性も合わさって面白い。特技や弱点もストーリーの中で上手く出ていてまったくあらすじ知らずに観たけど楽しかった。
りお

りおの感想・評価

3.8
結構おもしろかった~スッキリ観れた~✨
私もジュマンジの世界行きたい~👊
主人公強すぎて!笑
とりあえず甘いもの食べて爆発するのは最高だった!
「よく考えろ。今の自分がどんな人間かということを、どんな人間になりたいかも。人生は一度きりだ。」

多様性という言葉の元で個性が認められる(求められる)時代に何を尊重して何を選択するか?…良い青春映画です

ナメてました笑
今年のベスト級に好きです。
ベタでありながら、時代性もあるし、設定とテーマの相性も抜群!なによりロック様のキメ顔が最高です!

まず、対比が分かりやすいのが良い。
悪く言うと大味だけど、それぞれのキャラが魅力的であり、4人を過不足なく描いているのでとっっっても好印象。分かりやすさ大事です。
対比の元になる現実のキャラはジャンル映画として普遍的でありながら、ちょうど良く現代あるあるを取り入れている気がします。
(特にマーサは現代的だなーと思いました)

あとは、現実がクリスマスシーズンを舞台にしているのも良いですね。
ジャングルの暑苦しさとの対比もあるけど、舞台が夏だと“一夏の青春”感が強くなる気がします。冬だからこそ、4人の関係性に未来を感じるし、得られた学びも一時的なものじゃない印象を強調する。理屈ではなく何となくそう感じるだけですが!

ボドゲとビデオゲームの比較で考えると、
・仮想キャラになりきること
・サイコロを振らない(物語の大枠は用意されている。運ではなく、選択に対して世界が呼応する)
とか、徒然思いました。
けい

けいの感想・評価

3.9
現実世界とほぼ真逆のキャラクターになってしまうという設定や俳優陣の演技は凄くいいが、過去のジュマンジの方がよく思えてしまう。
ゲンタ

ゲンタの感想・評価

3.6
何も考えずに楽しめる頭空っぽ系作品。過去作のボードゲームからテレビゲームに変更になっているので何となくレディ・プレイヤー1っぽい。
レトロなゲームの設定を活かした(ライフの減らし方や復活の方法)演出が面白い(キャラクターのスキル発動条件は適当だったけど)。
何よりゲームのキャラクターにプレイヤー自身の感情をのせる4人の演技が凄い。
miho

mihoの感想・評価

3.5
ドキドキやスリルは無かったけど単純なストーリーが面白かった。どの年代でも楽しめる(•ө•)♡ドウェイジョンソンの色気がだだ漏れしてて所々笑えた。設定がユニークだった。
前作大好きですごい期待してたんだけど期待以上に最高だった。
笑ったー(笑)
細かいところまで「テレビゲーム」を忠実に再現しててほんとに面白かった。
AE

AEの感想・評価

2.4
あのアマゾン系のドンドンがゾーッとする
イメージ^_^

ファミリーで楽しめる映画
自分とは
反対の人間になってみたい
さて
どうなのかしら?
无无无

无无无の感想・評価

4.0
過去のジュマンジ作品では1番面白く感じた。
イケてない子がイケメンに変身しパーティーを引っ張って行く過程が面白い。
容姿がよくなると自分に自信が持てるもんね。
本当の自分に戻っても、積極性を持続していたところが良かったです。
iwasawa

iwasawaの感想・評価

3.6
あんまり良くない評価きいてたけど、悪くなかった!ジュマンジの、ちょっとホラーと、でもハートフルな温かみが少なかったよね、ネタ強め。でも、ロック様好きには、美味しい役どころでしたね、ジャックブラックも名ヒロインや…
>|