ピクセルの作品情報・感想・評価

「ピクセル」に投稿された感想・評価

yuta

yutaの感想・評価

3.8
ゲーセンでゲームやってた世代やったらこの映画もっと楽しめたかな
一人一人が結構いいキャラしてた!
こーいうテイストの映画大好き!!
監督はグレムリン、ホームアローン、ミセスダウトに関わった方なんですね!納得。おバカなやり取り連発のおバカ映画で、ゲームに関する知識がなくても楽しめますけど、ゲーム知ってたらもっと楽しめたのかな~
炎上する街の煙もドット画だったりする細かいところも好き!現実により近づけよーとしてるCGなんかよりもドット画の方が未来を感じるのは何でなんでしよーか(笑)
usami

usamiの感想・評価

-
80年代関連の映画って子供の頃のワクワク感思い出して楽しい!

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーとか登場人物などの設定は、あまり気にしない方がいいと思う。

それより、ファミコンの世界を現実化するという試みが面白かった。今までありそうで、意外となかった試み。これがきっかけとなって、似たような作品がどんどん出てくればと思う。

映画の感想は、とりあえず宇宙に送ったゲームが「ドンキーコング」や「パックマン」で良かったということ。もしこれが「たけしの挑戦状」や「スペランカー」だったら…。あと、次回宇宙に送るソフトは是非「ラブプラス」や「ときめきメモリアル」、「アイドルマスター」と言ったあたりにしてもらいたい。

後世に与える影響を考えたら、間違いなく歴史に残る作品だと思う。
sizu

sizuの感想・評価

4.5
ゲームオタクが世界を救う爽快なコメディ映画。
宇宙に飛ばしたゲームの映像を宣戦布告と誤解した宇宙人が侵略。
オタクのキャラクターはかなり濃く、オカルト陰謀論者の童貞くん、冴えない大統領、小人症の犯罪者、主人公はゲーム世界一になりそびれたオタック電機の電気工。こいつらが暴れまわる。

様々なレトロゲーのキャラが登場するもののマニアックで、ドンキーコング、パックマン、テトリス以外全くわからなかった。でも戦闘中も絶えず続く掛け合いを聞いてるだけでめちゃくちゃ楽しいし、オタクにまつわる名言も多い。

イケてないやつらが街でカラフルポップな敵達と戦う絵面はゴーストバスターズ(リメイク版)をおもいだす。
はぐみ

はぐみの感想・評価

3.5
母性本能をくすぐるQバートの動き、しゃべり!😍
テトリスにパックマンにドンキーコングに…!懐かしのゲームがたくさん。これはキュンとしまくるしかない。

突然のクイーン!
レディ・リサー!
みんなハッピー
そして
エンドクレジットまで楽しい。

よくあるストーリー展開かもだけど設定が良いし目に楽しい素敵な映画だったから問題なし。

ピクセル化に心奪われてしまう。バラバラになってもかわいいんだから。

ピコピコ
ユーモアがあって、ハッピーなストーリーで、映像はオシャレかつ迫力がある!
映画中に頑張れ!って応援したくなるシーンもあるし、私には満点な映画!
ドット絵もたくさん出てきて楽しかった!
あのこ

あのこの感想・評価

3.8
純粋に楽しいし音楽もいい〜!スコアがでるのも花火のように壊れる演出も良いし、エンドロールも可愛らしくてすき!
しお

しおの感想・評価

3.0
元ネタ知ってたらすごく楽しめたと思う Qバートはかわいい…。

わたしのツボの浅さがよくわかりました。
面白かったです。

>|