ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのネタバレレビュー・内容・結末

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル2017年製作の映画)

Jumanji: Welcome to the Jungle

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いビデオゲーム機を偶然にも発見する。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はそれぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまったぁぁぁぁ。しかも、そこはジャングル!しかも、現実世界の自分とは性格も体格も性別までも違う自分にボディ・スイッチングしてしまう!このゲームを攻略しなけ…

学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いビデオゲーム機を偶然にも発見する。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はそれぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまったぁぁぁぁ。しかも、そこはジャングル!しかも、現実世界の自分とは性格も体格も性別までも違う自分にボディ・スイッチングしてしまう!このゲームを攻略しなければ、永遠にゲームの中に閉じ込められる。果たして彼らは、生きて現実世界に帰ることができるのか~!

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

子供の頃幾度となく繰り返し見た「ジュマンジ」のリブート作品であり、待望の続編である。

ジュマンジの魅力を正しく継承しつつも、空想が現実に侵食した前作から一転し、空想の中に入るという思い切った設定を採用した。その上ボードゲームが原作でありながらテレビゲームにその姿を変えるというのも驚きだった。しかしそれは現代では最も馴染み深いゲームの形であり、その実空想の中に入るというのはゲームの次なるステージであるVRそのものである。
今作られる「ジュマンジ」としては、これ以上ないほど的確な設定だった。

そして物語の根幹は少年少女がゲームの世界で別のキャラクターになりきる事で、各々が抱えた問題と向き合い、新たな価値観や本当の自分を知る事で互いを受け入れていくという不変のものだった。
所謂スクールカースト下位のナードと上位の人気者が一夏の冒険を共にする事で強い絆で結ばれるというのも超王道。

そして本作のラストで涙を誘う重要なタイムパラドックス要素。これはやはりジュマンジには無くてはならない要素だという事を本作で再認識した。
一作目ほど物語の重要な部分を担ってはいないものの、これがあるとないとでは物語の締まりが大違いだ。


このように本作は、なるべくしてなった名作だろう。王道の面白さを理解し、それを最大限引き出した。
名作の続編として、エンターテインメント作品として、これ以上ない完璧な作品の一つ。続く続編にも大いに期待したい。
キメ顔が強すぎて味方もタジタジ。

キスが....ベロが.....
やっぱりあの音が怖いわー。

ケーキをバッグの中に入れて、あとで使うと思ってたんだけど、そんなことは無かったなぁ。

やっぱりハッピーエンドになるのが、唯一の救いなんだろうか。
あと、1に比べると、現実世界に及ぼされる被害な皆無でイージーモードだったな。
ロック様のあんな姿見たくなかった。←

でも、相変わらずのチートキャラを映画で採用されていてホッとしました。

少し体が弾けちゃったり、ちょん切れたり、、。

なんて描写もなくただただ面白い。

でも動物操れるなら、操れてるよー!というシーンももう少し欲しかったし、動物あまり今回でなかったのであらら?という感じでした。

ケヴィン・ハートなんであんなに弱点な多いんだかww

でも何か足りなかったなぁ。。
もう少しゲームの世界の内容を濃くしても良かったんじゃ…?
ゲームあるあるみたいな演出が沢山あって笑わせるシーン多くて楽しい〜。
各キャラのスキルと弱点が脚本に上手く絡んでて面白い〜。
セントラルインテリジェンスコンビいいなあ。

ケーキ食って爆発するのと「動物学ナメんな」がめちゃ好き。
ゲームの世界に入って出れなくなる話。
それぞれのキャラの特性を生かして、ゲーム内から脱出するもの。
最初はチームワークも取れてなかったが、徐々に仲間同士で協力して脱出する。
この映画で訴えたかったのは自分と向き合うということ。どうなりたいかと言うことだと感じた。
あのネビュラが…可愛い
しかもお茶目
カレンギランに期待しますっ!

この手を使えば誰でもなれるよね
オタクのドウェインジョンソン
でも弱点 無しって納得です

弱点 ケーキって良く分からなかったけど
まさかあんな風になるとわ

素直に楽しめて分かりやすくて
良かったです

ゲームの中に入って
役者が変わった途端に
面白くなった( ˶˙º̬˙˶ )୨⚑︎"

アラン・パリッシュの名が出た時は
泣きそうになった

ラストも以外や以外
感動して涙

とっても良かった(๑›ω‹๑)੭
笑った笑った。

前作からどう新展開を作るのかと思っていたら、おいおい!
「今時こんなボードゲーム流行んねえよ」という侮辱を聞いたJUMANJIくんはなんとゲームカセットにへーんしん。
まあゲームの世界に入るまでの諸々はね、それぞれこれから顔が変わっちゃうわけですから!しっかりと性格などを浸透させなくちゃいけない!・・と上手に説明ブロックに使えていました。

エグゼクティブプロデューサーでもあるドウェイン・ジョンソンはコミカルな見せ方「ペイン&ゲイン」などのようにハマるだけに、今後は体力勝負から移行していくのかな。

どうやらPart2あるらしいですからね。
期待しましょう。
正直、想像していたのと違った。ドウェイン・ジョンソンの気迫溢れる感じが全然なかった。そこは自分の予習不足だから致し方ないけど、ちょっと残念だった。しかし見方を変えれば彼の演技力がスゴイってとらえることができたから、もっと好きになった。ジャック・ブラックはいつも通りで安心。笑いを届けてくれた。話が結構ぶっ飛んでたけどうまく合わせたな。ケーキ食って爆発するしたり、蚊に刺されて絶命するとことか
>|