ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

Ghostbusters/S.O.S Fantôme

上映日:2016年08月19日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:116分
    監督
    ポール・フェイグ
    脚本
    ケイティ・ディポルド
    ポール・フェイグ
    キャスト
    メリッサ・マッカーシー
    クリステン・ウィグ
    ケイト・マッキノン
    レスリー・ジョーンズ
    チャールズ・ダンス
    マイケル・ケネス・ウィリアムズ
    クリス・ヘムズワース
    セシリー・ストロング
    アンディ・ガルシア
    マット・ウォルシュ
    ケヴィン・ジェームズ
    ビル・マーレイ
    シガニー・ウィーバー
    アニー・ポッツ
    アーニー・ハドソン
    あらすじ
    ニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは世界初の心霊現象の科学的立証のため、日夜研究を重ねていた。しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られたことをきっかけに、その知識と技術を活かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業するが―。

    「ゴーストバスターズ」に投稿された感想・評価

    なぜだろう?旧作ほどワクワク感が無い。
    この手のイベントムービーをみ過ぎたからだろうか?

    カメオ出演の旧作主演メンバーが良かった。ハロルド・ライミス、亡くなっていたんですね。合掌。
    クリヘムのキャラがすごい。
    ブロンドの男版みたいなイメージで設定してるんだろうけど、常識ズレしたサイコ一歩手前な愛すべきキャラに仕上がってる。
    こいつ見れただけで満足度の50%くらい占められそう。
    映画の内容自体もファンサービス多めで嬉しかったけど、ゴーストが人型ばかりで、旧作みたいなハチャメチャ感はそんなになかった。
    エンドロールがたのしい。
    ぱーらぱーらぱーら、ぱらら
    昔の「ゴーストバスターズ」も観賞🎦
    今回の物は、現代版になり、男性から女性になった。
    昔のものは笑える話で、音楽やCGは話題になりインパクトが強く一世を風靡したが
    今回の作品は、ゴーストオタクの女性達が繰り広げられるスピンオフみたいな話。
    同じ「ゴーストバスターズ」という題名じゃなくても。
    なかなか一作目は超せないな😅
    映画館じゃなくても、地上波やDVDでも良かったかも~📺
    キャラみんなが個性強いのにバランスとれててずっと楽しかった
    そして新しいクリヘムを観られて幸せ
    ケヴィンかっこ可愛かった
    ゴーストバスターズのメンバーが男から女に変わったのは時代の流れかなと思うが、過去作はゴーストバカがゴースト退治していた感じだったけど本作だとゴーストオタクがゴースト退治している感じ。音楽はよかったけど全体的にはいまいちな作品だったかな
    期待してなかったぶん、全然楽しめた。
    80年代はまだまだ男子優勢な時代だから、今になって立場を逆転させた女子メンバーって言うのもありかなと。

    そのお陰で、超キュートなクリヘム君を堪能したし。もー、笑顔可愛い❤️

    オリジナルを観ていたから、それなりに楽しめたのかもしれないと言うのは否めない。あの曲が冒頭でかかった時は上がった。もっと聴きたかった。

    基本的な話の流れやギャグのパターンまで、オリジナルリスペクトなので、これが今にウケるかというところ。わたしはウケたよ。

    ただ、オリジナルのメンバーが、ビル・マーレイを始めとして見事に濃いというか、オリジナリティに溢れていたために、今回の女子力ではパンチが足りないのは仕方ないかも。決して悪くはなかったと思う。ケイト・マッキナンは最高に良かったし、オリジナルメンバーもあちこちで登場して楽しませてくれる。

    出てくるゴーストのレベルももちろん視覚的なバージョンアップはしてるけれど、正直さほど感心もしなかった。

    オリジナルを知っていたお陰で、結構楽しい時間を過ごせた。2はズールじゃなくて、もっと変えてしまっても良い気がする。
    個人的には笑いのピークは冒頭の講堂でのお尻振りながらホールがどうたら言うシーンで、その後は吹く程の面白さはありませんでした。
    ハチャメチャでドタバタする感じは往年のゴーストバスターズのそれでしたし、まあ悪くなかったと思います。
    >|