ザスーラの作品情報・感想・評価・動画配信

ザスーラ2005年製作の映画)

Zathura: A Space Adventure

上映日:2005年12月10日

製作国:

上映時間:110分

3.3

「ザスーラ」に投稿された感想・評価

小学生の時に金曜ロードショーで見た。弟役の声優を当時同じサッカーチームに所属していた友達がやっていて衝撃を受けた。映画見てからしばらくの間、試合中にダニーがパスを要求してきて集中出来なかった。
スピンオフということもあり監督も違うからかシステムは似てるもののジュマンジのテイストとは全く異なる。舞台が宇宙になった事でスケールが大きくなったが、基本が家の中での話なのでジュマンジ程の話の広がりがない。
たびたび喧嘩しては息があっていく兄弟と色々災難な姉のやり取りも面白い。
ラストの空から降ってくる自転車、あれ下手したらあの兄弟に当たってたぞ笑。
JUN

JUNの感想・評価

3.8
ジョン・ファブロー版『ジュマンジ』といった印象の本作。Netflixにおすすめされたので鑑賞。

観終わってからFilmarksの評価をみて少し驚きました。個人的にはすごく良かったのですが、やはり『ジュマンジ』と比べてしまうところがある、というところでしょうか。

古いウッドコテージのような家には、妻と別居中の父親と、仲違いばかりする幼い兄弟、思春期の姉。鈍臭く幼稚な弟・ダニーを煩わしく思う兄・ウォルターは、父がプレゼンのために家を開けている間も、弟に無関心。しかしひょんなことで始まった喧嘩の末、ダニーは配膳用エレベーターで恐ろしい地下へ下ろされてしまう。そこでダニーは埃をかぶった宇宙をモチーフにしたボードゲーム"ザスーラ"を発見。ダニーが兄の気を引くためゲームを始めたところ、急にリビングに隕石が落下。雨のように降り注ぐ流星群の中で、兄弟はゲームのカードに書かれた内容「流星群接近!」が現実に起こっているのだと気がつき……二人は無事ゲームをクリアして現実世界に戻ることはできるのか?
という感じのストーリーです。

主役は6歳と10歳の兄弟。喧嘩ばかりしていて、まさに幼い男の子の兄弟、という印象なのですが、この二人だからこそ、このストーリーはより魅力的に観えるのではないかと思います。とにかくバカにしたりされたり、言い争ったり、追いかけっこしたり…非常にやかましくなんの捻りもない争いなのですが、子どもだからこそ、その喧嘩やお互いを助け合うのに駆け引きのようなものが存在しないのです。
ムカついたら、ムカついたままに、助けたかったら助けたいままに。子供たちが繰り広げるその純粋な展開に、心が温まりました。

しかし大人が不在ですとさすがにストーリーが進まないので、そこにスパイスとして入れられるのが、クリステン・スチュワート演じる姉のリサと、宇宙飛行士の謎の男。決して主役を奪うような活躍はしないのに、二人の存在のお陰で、混沌と化しそうな展開をうまくまとめています。

良い悪いとかではなく、ただ純粋に好きな映画でした。
753

753の感想・評価

3.5
懐かしい〜。
かつて繰り返し観ていた作品の一つ。

「ジュマンジ」の系譜を継いで、「センター・オブ・ジ・アース」シリーズへと続いていく(と勝手に僕が思っている)ドリームファンタジーの世界。

その世界観を今作から作品内で支えているのが、今作ではお兄ちゃん、ウォルター役のジョシュ・ハッチャーソン。
2005年の今作や「テラビシアにかける橋」(07)で注目されるようになり、「センター・オブ・ジ・アース」(08)は大ヒット、2010年の「キッズ・オールライト」はアカデミー作品賞にノミネート、と子役時代から評判上々。これらを観たことがなくても「ハンガー・ゲーム」で見覚えがある人は多いんじゃないでしょうか。
これらをザスーラから順に観ていくともう、ジョシュの成長物語でしかない…!優しい目をした好青年になりました、、(親目線)

ちなみに日本作品の英語吹替え版キャストはなかなか国内で話題になることはないですが、彼は「ハウルの動く城」(04)で我らが神木隆之介君が担当していたマルクル役の声優を務めていたりもします。もう、立派になって…涙

ストーリーはとっても明快。偶然見つけた古めかしい双六。ゼンマイを回し“GO”のボタンを押す。すると突然そこは宇宙。ゴールするまで帰れない。

物語の根底にあるのは“兄弟の成長”だけど、その点少し爪の甘さを感じる部分も。
また全体的に説明のつかない部分をゴリ押して進んでいく印象は否めない。
次々と起こる異常事態にものすごいスピードで順応していく子供達笑
特にお姉ちゃんの対応力の高さは大手企業に即戦力採用レベル笑
だがそこはドリームファンタジー。
多少の粗はどうでもいいんです。
とにかく飽きない展開の数々。
ちょっとした伏線。時折差し込まれる兄弟のユーモアたっぷりの掛け合い。

映画から考えさせられたり気分を左右されたりするのに疲れたときに是非お勧めしたい一作。やっぱり楽しい。
あー

あーの感想・評価

-
ずっと観たくてやっと…!(歓喜)

おもろしかった!
子供の頃に観ておきたかった

騒がしい兄弟、子供って素直でいいなぁ
思った感情真っ直ぐぶつけ合う

宇宙空間最高。ゾーガンとか作りがチープでそれもまた良き。普通に立派なお家だよね。最後の自転車もまた「?」てなってアメリカっぽい。

クリステンスチュワートがまさか出てるとは…!最高ですよ!?可愛すぎだってば!

自分の子供に見せたい作品!
DemiLee

DemiLeeの感想・評価

3.9
 受け身な演出も多かったが楽しかった。
 キッズがかわいい。
Hoshiduru

Hoshiduruの感想・評価

3.7
めちゃくちゃ面白かった〜!

ジュマンジ以来相変わらず容赦ない殺意のすごろくにはびくびくするし、子供たちはギャーギャーヒステリックに叫んで(特にダニー)リアルに神経を逆撫してくるけど、それでも画面にかじりついて眺めてた。

ジュマンジの構成をなぞって、だから予定調和が強くなりがちなところにSFを入れてうまく再構成して、ジュマンジの持つ説教臭さ(?)も上手く織り込んでいて、普通に上手いと思う。
根底のテーマとロビンウィリアムズで私はジュマンジが好きだけど、多分娯楽性とかはこっちの方が高い。虫とか出ないので、怖いけど嫌〜!とはならない。
まゆ

まゆの感想・評価

3.0
懐かしくてNetflixで再鑑賞したけどダニー可愛い!
さすがリサ役のクリステン・スチュワート綺麗だなぁ〜。ジュマンジとかスパイキッズ的なやつ結構好き^ - ^
ジョシュ・ハッチャーソンは印象強めに残ってる後は大人のウォルターカッコいいよ
COCO

COCOの感想・評価

4.0
もちろんクリステン目当て!!Netflixにあるの知らなかった…やっと観れた!!

窓からみえる宇宙の感じとかが壁紙みたいやし、SFか〜って思ってたんやけど、やっぱり幼い兄弟もんっていいね
絶対地球に戻れるやろうし、兄弟が仲良くなるのは目に見えててんけど、
次どんなカードがでるんかとかがワクワクで楽しかった!
まさか宇宙飛行士さんがウォルターだったなんてびっくり
最後目が覚めたとき、え!まさかの弟の夢オチ?!?!ってショックやってんけど、ちゃんと覚えてよかった(笑)
自転車落ちてくるとこがアメリカ映画っぽくて好き

15歳のクリステンも最高に美しかった…
驚いて叫びまくってるのもかわいかった(笑)たぶんクリステンがなんの役やってても最高って言ってる(笑)
やっとあの凍ってるクリステンの正体が分かった!
ポチ

ポチの感想・評価

3.4
この作品はどうしてもジュマンジを思い出しちゃう作品だけど、ジュマンジよりは兄弟愛に重点を置いた作品でした✩.*˚
何となく、むかぁ~し見たことがある気もするけど……
やっぱり可愛い作品でした(๑⃙⃘˙꒳˙๑⃙⃘)✨

すぐ喧嘩しちゃう兄弟が、刺激的なゲームを通じて🎶互いを見直す事が出来る✨
お姉ちゃんの影がやや薄いのが気になったけど、同性の兄弟ってやっぱり違うのかなぁ🎶笑
最後まで子供たちが可愛くて、楽しめました(*⃙⃘´꒳`*⃙⃘)エヘヘ
>|