心が叫びたがってるんだ。の作品情報・感想・評価

心が叫びたがってるんだ。2017年製作の映画)

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

⾼校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、他人とおしゃべりが出来ない少⼥・成瀬順。彼⼥は幼い頃⾃分の⼀⾔で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも⼼を開かなくなっていた。その他、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース⽥崎⼤樹が選ばれた。実は拓実と菜月は元恋人で、2人は⾃然消滅し、そのまま気持ちを確認できずにいた。担任の思惑で“ふれ交”の出し物がミュ…

⾼校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、他人とおしゃべりが出来ない少⼥・成瀬順。彼⼥は幼い頃⾃分の⼀⾔で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも⼼を開かなくなっていた。その他、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース⽥崎⼤樹が選ばれた。実は拓実と菜月は元恋人で、2人は⾃然消滅し、そのまま気持ちを確認できずにいた。担任の思惑で“ふれ交”の出し物がミュージカルに決定。「ミュージカルは奇跡が起こる」という⼀⾔に、興味を持った順が詩を書き、拓実が曲をつけることになる。順は拓実の優しさに好意を寄せるようになり、そのやりとりに、菜月は⾃分の想いを諦め、2人を応援することに。そして、夢を追う順の姿に、⼤樹は好意を寄せ始める。目の前の人に好きって⾔えず、すれ違う4人。そして、舞台当⽇「やっぱり歌えない」と順は消えてしまい、拓実は順を探しに⾏く。しかし、舞台は、主役不在のまま幕をあける…

「心が叫びたがってるんだ。」に投稿された感想・評価

ナーボ

ナーボの感想・評価

4.2
▼アニメ視聴済み。

▼全く違和感なしに観れた。

▼中島健人くん演じる坂上が似合いすぎて、順に向ける笑顔と歌声がたまらなく良かった。

▼この映画を観て気付けたこともあったので、観て良かった。
途中頭がこんがらがるけど、いい映画!好きになるって素晴らしい!
ニコル

ニコルの感想・評価

3.2
ミュジカルの完成度が高いですね

それと、けんとくんなんでヒロインとはΣ(・□・;)
KKMX

KKMXの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

呪いなんてなかった、と本編の最後の方で成瀬は語りますが、いやいや、成瀬は両親に呪いをかけられてましたよ。夫婦関係の崩壊・家族が壊れてしまった原因を両親が背負わず成瀬に背負わせていますからね。
豊かな出会いと恋の力、そして何より音楽の素晴らしい魔力によって成瀬が成長し、ついに呪いをブチ破るストーリーには引き込まれたし感動しました。

成瀬と坂上が安易にくっつかなかったのも良いですね。ストーリーの根幹の部分においては、ご都合主義を排している誠実さが見て取れます。
そして成瀬が失恋を超えて舞台に立った場面にはグッときました。お城のシーンでは坂上が成瀬をバッチリ受け止めており、あれがあったから成瀬はさらに成長でき、舞台をやりきれたのだと思いました。
しかし、あれができる坂上は凄い。成瀬によって坂上も成長できていたとは言え、感心しつつも「高校生であんなレベルの高いことができるのか?」と思ってしまった。まぁでも、これもミュージカルの奇跡だと思えば納得です。

成瀬と成瀬母とのエピソードもなかなか味わい深いです。
成瀬は家族の負の遺産を背負わされて大変だけど、負わせた母親も罪悪感で苦しんでいる。そして、母親はそれに向かい合えずに逃げており、成瀬にきつく当たるという、負のスパイラルが生じています。つまり、母親も成瀬に呪いをかけたときに、自分にも呪いをかけたんですよね。
母親が成瀬の歌を聴いて嗚咽するシーン。ここで成瀬が母親の呪いも解いたように感じ、大変心が動きました。

物語の中盤は間延びしたように思えて結構飽きてしまったのですが(でも田崎がらみの逸話は良かった)、語り口は丁寧だし、城のシーンからラストの舞台のクライマックスに至る流れは実に素晴らしかった。
伝えることの難しさ、そして伝えて受け止めることによって大きな変化や成長、つまり奇跡が起きるというテーマもとても自然に描かれておりました。
そして何より、悲愴とOver The Rainbow のマッシュアップ、歌詞も含めて最高の一言です。音楽の魔法にかかりました。

観てよかったな、心に残る映画だなとしみじみ感じ入った次第です。
中島健人が後半中島健人過ぎた。
面白かったけどアニメには敵わないので3
爽やかキラキラ青春ムービーって感じ
ラブ要素はそんなにないね
かぴ

かぴの感想・評価

3.3
感情移入してムカついて、最後泣けた。
石井杏奈ちゃんが好きになった。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.6
予備知識なしで観ました。鑑賞後にアニメ版のDVDがあることを知り、気に入ったので、そちらの方も視聴しました。トラウマのため言葉を発せなくなった主人公を中心に青春ドラマが進行します。地域交流会のミュージカルの上演を目標に、主人公のクラスがまとまっていく姿に、自分の学生時代を重ねていました。皆さん、良い演技をされていました。若さというのは、本当に素晴らしいことだ。中村雅俊などの青春ドラマをTVで見て育った世代だが、たまにはこのような青春モノを観て、いつまでも気持ちだけは若くありたいと思いました。
SHABANI

SHABANIの感想・評価

3.5
誰も死なない青春映画ってのもいいね。作品は良かったんだけど、隣のオッサンがスマホをチラチラ見る光が鬱陶しかった。クソッ!
寛一郎くんが今後伸びてくるといいですね。口の開き方がお父さんにもおじいちゃんにも似てますね。
問題を抱える内気な少女が、爽やかな少年と仲良くなり、どんどん変わっていって恋に落ちる……っていうありきたりなお話を想像してたら、ちょっと違った。

面白かったです。
>|