心が叫びたがってるんだ。の作品情報・感想・評価

心が叫びたがってるんだ。2017年製作の映画)

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

⾼校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、他人とおしゃべりが出来ない少⼥・成瀬順。彼⼥は幼い頃⾃分の⼀⾔で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも⼼を開かなくなっていた。その他、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース⽥崎⼤樹が選ばれた。実は拓実と菜月は元恋人で、2人は⾃然消滅し、そのまま気持ちを確認できずにいた。担任の思惑で“ふれ交”の出し物がミュ…

⾼校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、他人とおしゃべりが出来ない少⼥・成瀬順。彼⼥は幼い頃⾃分の⼀⾔で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも⼼を開かなくなっていた。その他、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース⽥崎⼤樹が選ばれた。実は拓実と菜月は元恋人で、2人は⾃然消滅し、そのまま気持ちを確認できずにいた。担任の思惑で“ふれ交”の出し物がミュージカルに決定。「ミュージカルは奇跡が起こる」という⼀⾔に、興味を持った順が詩を書き、拓実が曲をつけることになる。順は拓実の優しさに好意を寄せるようになり、そのやりとりに、菜月は⾃分の想いを諦め、2人を応援することに。そして、夢を追う順の姿に、⼤樹は好意を寄せ始める。目の前の人に好きって⾔えず、すれ違う4人。そして、舞台当⽇「やっぱり歌えない」と順は消えてしまい、拓実は順を探しに⾏く。しかし、舞台は、主役不在のまま幕をあける…

「心が叫びたがってるんだ。」に投稿された感想・評価

根岸

根岸の感想・評価

3.6
王子オーラを隠してた王子、途中からリアル王子
朝倉

朝倉の感想・評価

3.3
寛一郎くんが今後伸びてくるといいですね。口の開き方がお父さんにもおじいちゃんにも似てますね。
問題を抱える内気な少女が、爽やかな少年と仲良くなり、どんどん変わっていって恋に落ちる……っていうありきたりなお話を想像してたら、ちょっと違った。

面白かったです。
アニメとはやや脚本を変えていたが、オリジナルの良さを踏襲しつつも、エンディング曲はベートーベンの悲愴からオーバーザレインボーへと移り変わる演出などは見事
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
アニメみてても全然よかった
アニメ派の人は実写みてから色々と言ってほしい
Garu

Garuの感想・評価

3.6
この類のものは日本人得意な気がする。

同名アニメは観ていないからフラットな感じで観れたと思う。
それぞれ問題を抱えた4人がなかなか本音で話すことができない。

ティーンの繊細な感情を、しっかりと「繊細だと」直線的にも含みノスタルジックに描くことは日本人得意だと思う。
観るのも得意。

どれほどアニメの感じを引き継いでいるのかわからないが、メインの4人が4人でバランスをとっているような感じがしてよかった。
特に芳根京子ちゃんのちょっと不思議ちゃんから人間味のあるところまですごく良かった。
アニメっぽいところがあるのに現実っぽいところがあり、他の部分の変にアニメっぽくて嫌になる部分を逆に消していたかも。

もちろん可愛いし。もちろん石井杏奈ちゃんの笑顔も。

世界観を飲み込んでノスタルジックな部分を見つけられれば、ミュージカルをやると言う気になる展開もあり楽しめる。
何というか…原作好きとしてはすごくよかった。ジャニーズやばい。久しぶりにそう思ってしまった。

ここまで再現性の高い実写化はなかなかない気がした。

仁藤が大して可愛くないところ、成瀬母がどうしようもなくなっちゃってるところ、やっぱり田崎が一番いいヤツなところ、全部よかった。

ひとつ苦言を呈すと、坂上カッコよすぎなんだよふざけんな。
kawa

kawaの感想・評価

3.5
2017/9/15 劇場鑑賞
ほぼほぼアニメーションと同じ内容。
実写化としてはよくできている。配役も良いと思う。
ゆっち

ゆっちの感想・評価

2.6
期待していたよりは良かったです。
京子ちゃんが可愛かったです。
隣に座っていた二人の人が喋っていた以外は良かったと思います。本当大阪の人びっくりする程喋りやがる。
あかね

あかねの感想・評価

2.9
少し前にもう観ていたけど、この映画の感想を書くの、すこし難しいな。
テーマは良かったしラストのミュージカルも感動したんだけど、胸にしこりが残るラストの展開よ…


前半はメインキャラそれぞれの背景や、やる気のなかったクラスメイトがメインキャラの一言によりやる気になったり、そうじゃなかったり。
まぁ金八先生のような学園ドラマを見ているようなものだった。

けど後半、恋愛感情が混ざり始めてからがあかん警察👮🏻🚨
本番前夜に少年と元カノの話を聞いてしまった主人公がショックを受け、舞台を放棄して音信不通の逃亡!
「そりゃ自分の恋が実らなかったのは悲しいけど、自分からみんなを巻き込んで始めた劇の主役をすっぽかす!?なんだこの子は…!」とモヤモヤ。
少年がとある廃墟で主人公を見つけてからの、おそらく制作側的に一番の見どころであり、盛り上がりなのだろう部分で決定的に冷めてしまった。

「いつか白馬の王子様が私を迎えに来てくれるの👸🏻🌙🦄💖」みたいなお姫様願望を高校生になるまで引きずったちょっと痛い主人公が、王子様だと思っていた少年が自分の気持ちを受け入れてくれなくて、同じように自分を想ってくれていなくて駄々をこねているだけ。

少年も、「お前の思っていることを俺にぶつけてくれ!俺を傷つけてくれ!」ってオイオイ✋🏻
前半に、言葉は戻せない、言ってしまったことは取り消せないって話運びをしていたのに、どう見てもその場の感情と勢いで叫んでるやないかい。心が叫びたがってるんだって、叫びたいのは悪口なの?

『言葉は人を傷つけるから、それなら最初から喋らなければいい。でも、それでも伝えたい思いや感情がある』

 きっとこの映画はこういうメッセージが込められていたような気がするのだけど、後半から終盤にかけての展開が完全にこのメッセージをぶち壊していた。後半のメインとしては、ただ三角関係こじらせただけのお話。テーマは良かったのにう〜ん、個人的にラストが気に入らない。

でも主人公、成瀬順を演じる芳根京子さんは流石でした。
ふだん飲み込んで、押し込めて、隠していた、いろんな言葉が心の奥の方から引きずり出されてきて、苦しそうに告白するシーンは上手だなぁと思った。芳根さんだから、主人公がメンヘラヒステリー女子にならなかった気がする。笑

あと健人くん。王子様の衣装が様になりすぎてて、あの舞台シーンで「この人ジャニーズの人か!」って気づいた…それまでのモサ男感がうまい…

う〜ん、フィナーレの盛り上がりにひとり置いてかれて、もどかしくなった1作。
>|