君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

ペニー

ペニーの感想・評価

3.4
途中まで、よくある感動系だよなぁ、と思いながら普通に見てて自分はそんなに泣けないなぁと思ってたのに、急にぶわぁって涙溢れてきて結局号泣した。

いつか病気で死ぬ。
だけど、それまでは死なない

なんていうか、やるせないし、悲しい。

北川景子の話いらないなぁと思ってしまった。なんかよくわかんない。

浜辺美波ちゃんとあざと可愛い演技があったからこそ、後半あんなに泣けたんだなぁと思った。
主演二人がよかった。

にしてもかわいいなおい。
myon

myonの感想・評価

3.5
原作読んだので実写も見ました。
浜辺美波さん、無邪気なかわいさがありますね。
こんなかわいい人に付きまとわれたい。
ふたりでお泊り旅行したい。
一緒のベッドで寝たい。

レビューに戻ります。
実写化にしてはとてもいいものでした。
一日の価値はみんな同じ、余命わずかの子がそう言ってました。
その通りでした。
こむき

こむきの感想・評価

4.5
アニメ版より先に実写版を観るべき。両方それぞれの良さがあるけど、実写版先をオススメする
ゆうり

ゆうりの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

誰しもが美波ちゃんに惚れてしまう かわいい泣ける&匠海くんリアルさがかっこいい ラストが事故なのはスッキリしないけどとても好きな映画
浜辺美波かわいい!結末が悲しかったけど、病気でもこんな素敵な子いるのかなぁと思った作品でした!
ミント

ミントの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

二度目の鑑賞。
二度目のでもやはりいいものはいい。

●北村くんがクラス1根暗な男子ってのもビンと来ないがまぁ映画だし。
●序盤早々に宝探しと通り魔の伏線がある。脚本的にはセオリーか。
●ラストシーンでのタイトル回収からのドーン❗ミスチルhimawariこれは泣けます。歌詞たどりながら聴くと更に来ます。


ここからは余談。
この映画に限らず初見では感じなかったことや結末を知った上で見るとまた違って来ることがある。だから気に入った映画は複数見ることがある。

例えば序盤の志賀先生(小栗くん)が図書館の取り壊しに伴い本の整理を頼まれるがドアを開くのを躊躇う。
このシーンも初見ではなんか嫌な想い出があるんだろうな程度ですーっと流れていったが二度目の鑑賞だとこの空間へ入ることへの重みの演技がより感じられた。
桜良(浜辺美波)の心境が共病文庫の中身を知った後なので総ての振舞いがまた二度目だと違って見えてきたり。

新たな発見が有るからいい作品は二度観たいんだけと時間も掛かるし新作もみたいし悩ましい限りである。
なんなん?この題名!って
思って漫画全部見て感動して
見たかった作品!

美波ちゃん自分的に適役!
すごいよかったです。
白蛇

白蛇の感想・評価

4.2
人生って本当に何があるのか分からない。だから後悔の無い選択をと感じさせてくれた。
suchan

suchanの感想・評価

4.0
2時間という時間で綺麗にまとまっていて、感動的で涙が止まらない作品だった。

「二人が出逢ったのは運命ではなくそれぞれの意思に基づく選択が重なって起きた」というセリフが印象的だった。また、このセリフ以外にもグッとくるフレーズがいくつかあった。

「一日を大切に生きる」というのはあたり前すぎて簡単な事。
しかし、明日自分が或いは大切な人が健康だろうが病気てあろうが、突然余命宣告を受ける事や命を断つ可能性は皆平等である為、適当に今の時間を過ごしていくのではなく大切に日々を過ごしていく事について考えさせられた。
なので、自分や家族、友達、大切な人との時間を後悔のないようにしていきたい。
あざみ

あざみの感想・評価

3.8
原作読んでから観たけど、良いね。
現在、過去の切り替えが原作にはないから新鮮。
咲良と僕の恋人でもなく、友達と言うには親密すぎる言葉で表しづらい関係性も良い。
あの距離感だからこそ、すっきり見れるんだろうな。
「君の膵臓をたべたい」って大切な人に伝えたくなる。
>|