君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価


ほんとにいい映画だった。
原作を知ってる上で観ましたが
原作にはない12年後のお話もあったので
とても楽しめましたし、泣けました。

素敵な映画です。
コバタ

コバタの感想・評価

3.8
とても感動する作品。
ただ感動するのを狙ってるだけじゃなくて、最後の結末は色々と考えさせられるものがあってよかった。
原作読むの忘れたまま先に映画を鑑賞。
難病モノです。

劇場で観てよかったなーとは思いましたが泣くまでには至りませんでした。ちょっと難病モノに耐性がついてしまったのか…。でも周りは結構泣いている人が多かった!自分は冷めているのか…家族モノだと速攻泣くんですが…あっ歳かこれ。

ストーリーは分かりやすい難病系テンプレートに乗った形で展開していましたが、浜辺美波が良い雰囲気を出しているためか高校生の彼と同じような気持ちを共有できました(おっさんですが)。終盤もダレずに良かったですね。

浜辺美波は「エイプリルフールズ」に出演している時点で演技が良かったので、本作では「いや、ぶっちぎりで一番だろ…」ぐらいの印象でしたが、個人的には北村匠海がかなり良かったと思いました。グッとくる人も多いのではないでしょうか。

少しクドい演出もありますが、普通に良い作品だと思います。
気になる人はぜひどうぞ!
RisakoMita

RisakoMitaの感想・評価

3.4
泣いた。泣かせられた。

隣のお姉さんが最初から涙流してるのと、最後のエンドロールに母校が出ていたことに1番驚いた。
御門違いですけど、あんまり泣かなかった。
IKUNA

IKUNAの感想・評価

4.3
好きって言わない優しさが切なすぎて最後まで良い
Hinako

Hinakoの感想・評価

-
なみだのあらし。
namuge

namugeの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

この君の膵臓をたべたいという作品が、普通の良くある難病お涙ちょうだい物と一線を画してるのは、やっぱりタイトルの与えるインパクトっていうのが一番大きくて、膵臓を食べたい?ナニソレ?カニバリズム?つうか膵臓って人体の中でどういう役割を果たしてる箇所なの?と、タイトルだけでこんなに疑問符を突きつけてくるあたり、このタイトルと難病お涙ちょうだい物というみんな大好きなジャンルっていうだけで勝利は確定しているような物なんですが…
ちなみに原作小説によると膵臓というのは「消化と、エネルギー生産の調整役だ。例えば糖をエネルギーに変えるためにインスリンを作ってる。もし膵臓がないと、人はエネルギーを得られなくて死ぬ」という人体において大切な機関らしい。そんな大切な機関を患っているというのに周囲に気づかれずに普通に学園生活を送れるものなのかな?っていう疑問は物語の前提がそういうものなのだとして、ここでは置いておくこととする。映画版の原作との大きな相違点として原作では語られなかった大人になった主人公志賀春樹、及びヒロイン桜良の親友恭子の姿が描かれ、物語は大人になった志賀を演じる小栗旬による回想の形で進んでいく。ちなみに過去パートの途中、途中に挿入されるこの原作にはない現代志賀大人パートはこの映画のなかでも特につまらなくてどうしようもないんだけれどそれもここでは置いておくこととする。現代パートなんていう余計なものを付随させてしまったお陰でこの映画化最大の問題点となってしまっていると思われる点として桜良の最後の最後に伝えたかった彼女の遺言が遺されたものたちに届くまでの期間が大幅に引き延ばされてしまったということがあげられる。原作では11日後には志賀は桜良からの遺言を受け取り、一年後には桜良の遺言通り恭子と友人として桜良のお墓参りに行く姿が描かれ、そこで桜良以外の人間と初めてしっかりと向き合う志賀の姿を描くことで青春小説らしい爽やかなキャラクターの成長した姿を描いていたのに…映画版では遺言が届くのは12年後。大人になってなお桜良の呪縛から解き放たれることのなかった彼らのことを考えると桜良がなぜ自分の遺言をああいった形で渡すことを選んだのか理解に苦しむ。まあこれも糞改悪の一つなんですが。まあ、別に原作もどうかと思ったけれど映像化してここまで酷くなったのは驚いた。でも桜良役の浜辺美波さんは凄く良かったっすね!立ち振舞いの一つ一つが凄くヒロインらしくて…この映画、浜辺美波だけがホントに良かった!浜辺美波だけをずっと見ていたかった!この気持ちはまさに!君の膵臓をたべたい
あの笑顔はずるくないか?
>|