君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

浜辺美波ちゃん、ビジュアルは大好きなんだけど、なんか鼻につく。。原作を読んでいないからキャラ設定なのかもしれないけど、女子ウケでいったら確実に悪い、と考えると大友花恋ちゃんは神。笑その2人の関係性をもっと描いても面白かったのかなあと。
図書館がキースポット的だから本の内容が絡んだりするのかと思ったけど、特にそういったことはない。
ヒロインがたった一人彼にだけ秘密を打ち明けた理由はたしかに知りたい。特にない、偶然だ、という理由ならそれはそれでいいので知りたい笑
言いたいことはわかる、わかる、伏線を張った意図、大いにわかる、ただ共感できない。共感というより共鳴といった方が正しいか。私の感情の起伏より遥かに映画の方が早く走ってしまった。
あと一つ聞きたい、男性陣的には付き合ってない女の子と旅行で振り回されるっていうのにロマンはありますか、笑
m

mの感想・評価

5.0
この映画を見て浜辺美波ちゃんに一目惚れしました。
最後がまさかすぎて、、、
まめら

まめらの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

 「うわあやめてくれー! やめてくれー!」ってなるシーンが多々あった。ホテルのところとかね。実写化するとキツイものがかなりありますね……。浜辺美波ちゃんはかわいい。えくぼちゃんだけど。
 屋上で階段を登って語りかけてくる桜良ちゃんとか「しゃらくせえ!」って思っちゃったもんな。光の当て方とかも含めて。意図って感じがめちゃくちゃした。

 あと今回映画化するうえの諸事情で大人になった志賀くんパート(小栗旬&北川景子feat.上地)が生まれていたけれど、個人的にその構成はいまいちだったな〜と映画を見てからしばらくして、思うようになった。
 だって原作の志賀くんは桜良が死んでからすぐ、恭子と友だちになろうとするじゃん。でも映画の志賀くんは図書館に隠してある改変とかもあって、大人になるまで行動を起こさないじゃん。それって桜良の教えてくれたことが彼の中ですぐ変化として現れなかったってことになっちゃわないかなーと。それって志賀くんと桜良の関係を考えると残念なことなんじゃないかなあ。
 しかも結婚式の日に男性客が新婦のところにあんな感じで押しかけるのって迷惑じゃないかなあ……? と感じたけど実際どうなのかはわからない。仮に上地と桜良の死後親友になっていたとしても(結婚式の招待状はどっちから来たんだ?)、なんかよくわかんないよね。

 あと志賀先生がこんな話を教え子にしてるのもよくわかんないよね。しかもその教え子も地味なタイプなのに元気な女の子にからかわれている、もといイチャイチャしてるシーンがあってなんだかなあって感じ。
 一緒に見に行った友だちと鑑賞後ご飯を食べながら、「うちらは志賀くん側の人間だから、さくらちゃんが言うみたいな志賀くんの強さとかいうの全然わかんないよ……ただのコミュ障でしょ……」みたいな話の流れになったのもなかなか地獄だった。

 北村匠海くんの、さくらの仏壇の前で泣くシーンは、原作の再現度が低くてよかったです。
なんで、いつも笑顔なん。
切なすぎる。。泣ける
浜辺美波、今後、活躍して欲しい。
何でだろう、薬師丸ひろ子の
デビュー時にかさなった
「僕」は小説だともっと冷たく刺々しい人だと思ってたけど、ある程度人間味があってよかったように感じた。

浜辺美波がヒロインを演じていると考えて小説を読んでいると、言ってほしかったセリフがいくつかあった。残念。
mayo

mayoの感想・評価

5.0
絶対泣くのわかっていたから、映画館では見なかったやつ(苦笑)
結果的に、自宅で思う存分泣きました。。。
余命少ないのに明るく、『1日の価値は皆同じ』と、病気であることを嘆き悲しむのではなく、今ある時間を大切に生きるサクラの言葉が深く突き刺さった。
浜辺美波のわざとらしい程のハッキリとした話し方や声がとても良くて、すぅーっとストレートに入ってきた。
前半で散りばめられた伏せんが、後半で回収されるときにはもう、嗚咽もの…
そしてタイトルの意味。
絶対また泣くけど、原作読もう。。。
実は息子が持っていたっていう…
そんな彼も映画観て号泣してた(笑)
akaya

akayaの感想・評価

2.1
設定はよくある、余命いく日の人気者の彼女と地味な僕のお話。
最初の方こそ冷めて観ていたのは認める、後半の物語が大きくうごくあたりから普通に感動してしまった、単純なやつだほんと…

余命宣告されたからといって、その最期の日までは普通に人生を送れると思っていた。
タイトルの一文が物語でもキーになるんだけど、たぶんわたしが考えつくよりももっともっと深く、色んな意味がある言葉なんだろうなって思った。


活字でよんでセリフ一つ一つをの意味を考えながら楽しみたい作品だったなぁっていうのと。
エンディングのミスチルの曲が最高だった。
やまと

やまとの感想・評価

3.7
ピアノの音色が心地よく、合う作品。

お互いが好き好き言い合わず、それでも心通じ、淡く綺麗な恋愛物語だった。
最近よくあるキラキラした映画かなと思ったらそうではない。
しっかりとしたメッセージ性があり、ただ2人は自分たちの恋のために励んでる訳でもない
だからこそ
最後の素直な語りと、素直な涙に共感したんだと思う。

最初は蛇足と思ってた大人になった姿を交えた構成、
北村匠海は小栗旬、親友のあの子は北川景子、ガム君は上地雄輔、浜辺美波だけ大人の姿が描かれていないのに気付いた時、物語構成の意味に感心した。
北村匠海の目も合わせれず話す姿から、目を見て思いを話す成長過程に感動、
最初は浜辺美波の笑顔と演技に白々しさも感じていたけど、それが余命わずかと知った上での少し作った笑顔なのかも、という事も考え感動
いろいろ考えて感動!
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
思いっきり俺の好きな映画の始まり方。ジャンル。
日光の沢山浴びるシーンが多いこういう撮り方大好物。
この映画の小栗旬は小栗旬してなくて良い。
浜辺美波の声の発声の仕方がアニメの声優並みに聞き取りやすい、はっきりしている。マイクが相当優秀なのか。アフレコしたんか思うくらい綺麗。
北村匠海は、勝手にふるえてろのイチの時とは全く違う演伎を使い分けてて関心した。
昔の自分北村匠海から今の小栗旬の自分に、野球部が通り過ぎるシーンで切り替わるカット割りが一度見ただけでは分からなかった。
巻き戻して何回か観てやっと気づいた。ものすごいポスプロの自然な編集技術。
過去と現在の繋ぎ合わせ演出が本当に美しい。
2人に接点が生まれるまでの経緯が雑に感じた。
浜辺美波の無邪気な笑顔のキャラクターによって本当に感動させられる。
そうだ、俺はこういう感動作品を一度でいいから撮ってみたかったんだ。
kazuki

kazukiの感想・評価

4.2
前半こそ童貞男子高校生の為の鉄板シチュエーション集みたいな感じやけど、終盤の初見殺しの超展開からのクライマックスへの流れが涙不可避。君の膵臓を食べたいの意味が凄い。ちょっと舐めてた。
>|