君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

まる

まるの感想・評価

3.6
小説で凄く泣いた。映画も話がわかっていても凄く泣けた。北村匠海くんと浜辺美波ちゃんの演技が良かった。
かば

かばの感想・評価

3.7
原作を読んで、嗚咽するくらい泣いたのでどうなるものかと思ったけど、良かった。

浜辺美波、可愛さのクセが強いと思ってたけど、明るさが強い分、影にもグッと来てしまった。爽やかと愛嬌から生まれて来たみたいな子ね。


惜しいのは、
【僕】の名前の件!確かに映画で再現するのは難しいけど、結構大事なことだからどうにかなったら良かったんだけどね!

原作では、僕の名前は最後まで伏せてある。僕は、「名前を呼ばれたときに、周りの人間がどう思ってるのかを想像するのが趣味。」だから、本ではその時々の僕の想像が名前の役割をしてる。これは、僕の心情がわかりやすいし、本名が「小説家っぽい名前」の伏線にも繋がって良かったんだけどな〜〜
Yuji

Yujiの感想・評価

3.6
映画のスピード感 0.7
感動 おもしろさ 0.8
意外性 ストーリー性 0.8
映像や音楽の美しさ 0.8
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.5
タケシ

タケシの感想・評価

4.0
真実と挑戦ゲーム、
なんか青春でいいですね!

学生時代のときに
恋人とやってみたかったなーw

「うーわ、マジメだなー!」、
「こうして君といられてよかった」とか
1つ1つの言葉と1つ1つの行動、
めちゃ可愛い笑顔で振る舞う桜良のこと、
個人的に惚れてしまったw

桜良役の浜辺、可愛すぎる。。

ガム君、イケメンでもないけど、
カッコよくみえてしまうw

"生きる"とは?という部分、
共感できるし、感動しました。。
もし映画館で観たら、100%泣いてたかも。
主人公の二人が可愛くて、ずっと「あぁ、可愛い…可愛い…」と心の中で唱えながら観てた。
お互いを「キミ」と呼び合う二人の可愛さ…。。。

最後の一言で、じんわり感動が押し寄せてきた。
良い映画だった。
まり

まりの感想・評価

3.6
お腹痛くなってトイレ行ってる間に女の子亡くなってた
消化不良。
すりの

すりのの感想・評価

4.0
原作とは構成が全然違ったから変に意識せずに楽しめた!めちゃ泣いた!

そして浜辺美波さんはどの角度でもかわいい。
GUMI

GUMIの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

恋とか愛とか友情とか、定義しやすいものとは違う…強大で壮大で温かい力



センセイ君主でまんまと浜辺美波ちゃんが大好きになってしまった。これ、日曜日に放送されるのは分かってたんだけど待てなくて。
小栗旬×泣ける系の予告になんとなく警戒して観なかったのが勿体ない。原作についても「またけったいなタイトルの泣ける系来た。読んだら負けのやつや…!」としか。
キャラクターの好き嫌いが別れそうではあるけど、紗のかかった映像での彼女の美しさったら、無い…
彼女のことばかり褒めたくなるけど、派手に映える方々ばかりなので無難な演出に留めてくれたのが良い。

(星の王子さまの内容をあまり覚えてないのだけど、ストーリーとのリンクはあったんだろうか…?同じ時間を共に過ごす尊さの象徴?)


「甘えていたんだ」
私も甘えていたよ…病魔に襲われたヒロインは最後のせめてもの願いをなんとか叶えて病死するって決めつけていたわよ。こういうパターンもあるのか。
それでも残された人達に答えと道をきっちり示しておいてくれた潔さがあのヒロインらしい。
「選んでここに居る」という考え方は好きだ。

彼女が長く生きられていたらあの温かい力は恋とか愛とか友情に形づけられていただろうけど、輪郭がぼやけたままだからこそ愛おしい。
泣くよね…

改めて感じるのは日本人の恋愛って独特で美しいってこと。
現実はもっとドロドロしているので別の話です…
映画や文学で描かれる日本の恋愛は妙に艶がある。
洋画を観る方が多いので尚更感じる。
日本で生まれ育った私には欧米のラブストーリーが不自然に感じる。
彼らは大胆でストレート、日本人は臆病で遠回し。
人によりますけどね。

危うく私の恋愛感を長々と書きそうになりました 笑

日本人だからこそ作れた美しい愛の物語です。
SebLarsson

SebLarssonの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波さんが可愛いらしい映画だった。浜辺さん演じる桜良さんには健康に大人になって欲しかったと切に思いました、、、泣
>|