リメンバー・ミーのネタバレレビュー・内容・結末

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

吹替

まずアナ雪で行方不明のオラフが見つかったときに 今日こんなことがあってね...って話しながらめっちゃ落ち込んでる場面で泣きました。
そしてミゲルとひいおばあちゃんのリメンバミーで大号泣。
大好き...あのリメンバミー大好き...わすれないで...

伝説の男は親族じゃないってなんとなくネタバレ見ちゃってたから自分で気づく驚きが味わえなかったのはちょっと残念だったなあ。やっちまったなあ!

ぱぱんの藤木さんの歌声がめっちゃぱぱんでよかった...!ぱぱん...
あとはミゲルの声が最高です!!歌うまっうっっっっまっ!!!

犬がレベルアップ(違)したとき、もしかして向こうの世界から戻ってこれなくなったり...!?って心配したけど普通に猫ちゃんと仲良く戻ってきてたね。よかった。

ミゲルの両親 影薄いよね。
「家族」と「夢」の二者択一って映画だけでなく実人生でも問題になることだと思うのですが、そもそも天秤にかけてどちらかのみ選ばねばならないものなのでしょうか。それぞれが、人が生きる上で必要なものなのであって、捨て去ることなどできないものなのだと思っています。

ミゲルくんの一族は(というか、メキシコの家庭が?)超がつくほどの家族第一主義。代々続く家業を継ぐことが幸せとされていて、別の夢を志そうものなら…しかもそれが一族の禁じている音楽なのだからさあ大変。このくだりは観ていて本当に不快で、ばあさんがミゲルの「夢」を文字通り粉々に打ち砕いておきながら慰めにかかろうとする姿は立ち上がって罵声を浴びせたくなるくらいイヤ〜な場面でした。いくら血の繋がりがあるからとはいえ、他人の未来を自分の想定の範囲内に収めてやろうなどという考え方は本当に傲慢だし、気をつけなければならないなと思いました。かけがえのない存在である家族が足かせになってしまってはならないと思うのです。

とはいえ、家族って大事だよな〜とも思うわけです。仕事柄、色々な家族と触れ合います。ただ家族がいるだけではどうにもならないということを痛感させられることも度々あります。親が子を思うという姿を見るだに泣けてきてしまう昨今の私なのですが←、「自分は愛されている」と子が感じられることが大切なんじゃないかなと思います。ラスト、一族が忌み嫌ってきた音楽が親の愛を想起させるシーンは本当に温かくて(明るさの演出も相まって!)素敵です。ちなみに自分はそのシーンでは泣かなかったんですけど、エピローグでのある「再会」で思わず落涙。よかったねぇヘクター…(;ω;)

音楽は相変わらずサイコーなんですけど、今回吹き替え版でミゲル役を担当した石橋陽彩くんの歌声が素晴らしすぎるのでぜひ多くの人に聞いてほしい!
相変わらずの高クオリティなので万人にお勧めします。ディズニー・ピクサー、なめたらあかんぜよ。
久しぶりにピクサーらしい良質な作品が見れて良かったです!
色彩色豊かで見てて楽しい。

でも、悪役がこの作品でも出てくるのがちょっと残念。
まー死者の話だから、死に関しての殺人者も入れないとダメなのかな?
映画館とブルーレイで。

設定、映像美、キャラの表情、動き、テンポ、ストーリーの組み立て、さらには楽曲…もう本当に完璧!!!!!最高!!

近年のディズニー、ピクサーはビックリするほどに良い。
伝えたいメッセージは基本的に昔から変わらない。「自分は何者なのか」とか「家族とは」「友情とは」とか「夢・好きなことを貫く、その葛藤」とかね…

そのメッセージが、じん、とストレートに心に響くものが最近は多い。
あとはやはりキャラやストーリーがしっかりと練られてる。
同じようなメッセージを伝え続けているのに、観ていて飽きない、展開にワクワクするのは本当にすごいことよ…。

今作、ストーリーはもちろん、色彩の感じやキャラの表情が素敵。表情で言うと特にママココ。
制作側が重きを置いていただけあって、人生を感じるようなずっしり重くて、でも温かい表情。いや〜物語るねぇ〜。

一つ残念なのは、デラクルスの最後。

ミゲルがプールに落ちた時に真っ先に飛び込んだ姿
ミゲルが自分の子孫だとわかって、嬉しくて舞い上がる姿
何より歌を楽しそうに歌う姿

あの姿は本物だよね?それだけに最後が少し切ないなと。気になったのはそのくらい。

全体を通して切なさのある作品で、そこも大好きなところ。

お盆には、大切な人たちをちゃんと思い出して生きていこう。
・ご都合主義でツッコミどころ満載のディズニー映画が最近は伏線はって、しっかり回収するようになったなーと
(ディズニーは嫌いではない、むしろ好きなので悪しからず)

・「死んだ人を忘れない」というテーマをリメンバーミーにのせてポップにまとめたストーリーは秀逸


・メキシコの文化がピンとこないところもあるけども形骸化した日本のお盆と重ね合わせてみると、文化や宗教の違いはあれど、ご先祖様や亡くなった方へ対するリスペクトを今一度考えさせられる話

・ピクサーの映像美には毎回びびらされます。映画館で観たいくらい。
向こうの世界の光の描き方がとてもよかった。そして、前半三分の一は退屈ぽく感じたのだか、あれよあれよと引き込まれていた。お盆の時期ということもあって、よりシンパシーを感じ、気づけば涙していました。
家族の愛って素敵だなあと改めて思える作品。

最初は家族がみんな過保護で、
ミゲルが可哀想に思えたけどw

死後の世界がとっても素敵で幸せそうだったから、
ママココの死も悲しいだけじゃなくて、
あったかい気持ちにもなった。

ヘクターがココにリメンバーミー聴かせる回想シーンと、
ミゲルがママココにリメンバーミー弾き語るシーンは涙が止まらなかった…


デラクルスがヘクターの写真見てポッケに隠すところでやっと
ヘクターがミゲルの家族なのかってことに気づいたw遅いw
デラクルスも悪役だけど憎めない感じ、さすがディズニー映画♡

DVDで吹き替えで観たけど、歌唱シーンだけは字幕版でも観た♪どっちも素敵でした☺️リメンバーミーが頭から離れなくなりましたw
公開当初から気になっていたのをやっと鑑賞。
冒頭から映像の綺麗さと音楽に引き込まれてしまった。
ピクサーの映画は結構観ている方だけど、映像技術がどんどん進化していることにいつも感動させられる!
すごいのは映像だけではなく、
メキシコを舞台にしたストーリーと音楽、そして死者の国の存在や写真を飾ってくれる人がいれば生者の国に帰ることができ、誰からも忘れられてしまうと死者の国からも消えてしまうなどの世界観の造り込みが素晴らしい!

こういう誰もが感覚的に感じていたり、思っていたりすることを映像で表現するのがとても上手いなと思う。

序盤の方、ミゲルとヘクターが出会ったあたりで、なんとなくオチは想像がついてしまうのだけど、それでつまらなくならないのがすごいところ!
ココが子どもの頃に父ヘクターが歌を歌うシーンがすごい心に来るものがあったのだが、
その後いろいろ経てからのラスト、ママ・ココが微笑みながら歌い出すシーンはもう涙なしには観られない。
ママ・ココの表情がなんともリアル過ぎてアニメというのを忘れてしまうほどだった。
間違いなくこの映画の名シーン。

今まで観たピクサー映画の中でも上位を争うとても素晴らしい映画でした!
期待度高すぎて見たからか、思ったより面白いわけでなかった
敵役のキャラが抜群にクズだった
死者の世界の街並みの描写は綺麗だった
家族ものが苦手な私ですが、これはね、これは本当によかった!!!もう涙がとまらんね!!!誰にも覚えてもらえなくなったとき、その人は本当に死ぬ、という設定がもう、たまらんね。
>|