リメンバー・ミーのネタバレレビュー・内容・結末

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後までダレないでずっと面白い!

家族の大切さに改めて気付くし、死後の世界ってこんななのかな〜って妄想が広がる!
2度目の死っていう考え方もすごい面白いし、ストーリー考えた人ほんとに凄いと思う。

橋渡ったあと、ミゲルが初めて死後の世界に訪れるシーンが一番好き!
死後の世界綺麗すぎ。
音楽のために家族を捨てた夫を恨んだ妻により音楽禁止となった家庭で育ったにもかかわらず音楽家に憧れる靴職人の息子がコンテストに出場しようとしたら母親に見つかってギターを叩き壊されたので偉大なる歌手のお墓からギターを拝借しようとしたら失敗した挙句死者の国に行く破目になった話。
メキシコが舞台なので日常描写にルチャリブレがあって嬉しい。字幕で見るとスペイン語交じりの英語が不思議。
死者の国はカラーリングがどぎつくて目がチカチカする~。聖獣なんかきっとピクサークオリティで毛並みもこだわってるんだろうけど、初期PSクオリティにしか見えない不思議。
顔も知らないとはいえ自分のひいひいおじいさんが人殺しの悪党ってどう受け止めればいいのかと思ったらまさかの大どんでん返し!サスペンスとしてもしっかり楽しめて、さすがピクサー!
楽しそうな死者の国の描写に「みんなに忘れ去られたら第二の死を迎える」という概念が余計に悲しく映った。
「リメンバー・ミー」を歌うシーンは、父が娘に、孫が祖母に、どちらも泣きました。
エピローグではおばあちゃんは亡くなってるんだけど、こんなに幸せな死もなかなかないよね。
亡くなった家族を覚えていることが大事…ということは分かったけど、明確な悪役がいるのはちょっと違うんじゃないかな。あいつも主人公の手の届かない範囲ではずっと忘れられずにいるだろうし、死者の国での名誉失墜しても、挽回のチャンスはあるし。
あと、なんで主人公死者の国へ行ったの?ギター弾いたから?理由が弱い。
メキシコの文化をよく知らずに見始めたけど、死生観(忘れられたときが本当の死ということ)なんかは割と万国共通なんだな、と思いました。
ストーリーはピクサー特有のベタさで、悪役もわかりやすく悪役!という感じなので展開の予想はついてしまうのですが、それでも泣けてしまう。
特に祖先総出で戦うシーンとか個人的に好きだし、ママ・ココがリメンバーミーの曲を聞いて一時取り戻すことろとかわかっているのに泣いてしまう。

何より、映像が綺麗。死者の国の世界観。光や色彩の凄さなんかも圧倒されますが、アレブリヘの奇妙だけど記憶に残るカラフルな彩色に驚く。幻想的で極彩色でケミカルな色合いに一気に引き寄せられました。
色の使い方や惹きつける奇妙さが気に入ったのでメキシコのアートや文化、探ってみようかなと思いました。



私はあまり合わない映画でした。
世界感とか好きだったんですけどね。
ヘクターが親族っていうのも
最初の方でこれ絶対親族パターンだ、
でもピクサーだからさらにひねって
くるんだろうなあと思ったら
まさかのそのままだった。笑


ピクサーはいいヤツだと思ってた奴が
悪役になる話多いから
今回もやっぱりそれでしたね。
いい悪役でした。

リメンバーミーより最後の曲のが
いい曲だった気がします。



__
機内で号泣
音楽は現代で最も身近なタイムマシーンだと誰かがおっしゃっておりましたが、正しくその通りで、それがその通りであることを感じられる映画
人生で1番泣いた映画。途中でココおばあちゃんにリメンバーミーを聴かせて想い出を蘇らせるというラストの展開が少し読めて泣いて、
実際その展開が具現化されて泣いて、
エンディングで泣いた。

あらゆる要素・シーンに無駄がなくて素晴らしかったなあ。
バカなので思いっ切りミスリードに引っかかって号泣してしまった ヘクターがパパヘクターと判明するまでの流れドラマティックすぎる〜上手いなあと思いました 明るいだけの部分じゃなくて死んでからもスラム街と豪邸だとかで

貧富の差があったり、キャリアのない、知名度の低い人から忘れ去られて第二の死を迎えるっていう設定が残酷だけど良いなと思います… あとデラクルスの最後はあんなだった訳だけど、ヒールとして人々から名を残すことになるのも皮肉で良い… 
メキシコの文化背景もうちょっと詳しかったりしたらもっと楽しかったかもしれないので勉強してから再度おかわり検討!とにかく映像美と音楽が良かった
死者のこと、違う見方ができた
なんだか家族や先祖を大切にする良さを改めて感じた映画♡
画もきれい♡
すばらしい♡
何度もそれはそれはあたたかい涙を流してしまう。ピクサー作品で最も好きなUpは序盤で泣かされるが、あれは悲しみの涙。この作品のものは喜びの涙。
正直、映画を観る前からヘクターの正体について何となく予想はついたが、それでも想像していたより遥かに彼がミゲルの家族で良かったと心底思った。そして、だんだんとイケメンに見えてくるヘクター😂すごく変わっているわけではないが、ストーリーがしっかりできている。
ご先祖チームがみんな面白くて優しい人達なのも死者の国の人という角の取れたような統一感があってよかった。
デラクルスのような、良い人かと思いきや悪い人だったパターンは最近あるあるだけど、こいつが素性が分かった途端本当に薄っぺらく見えてきて、最後のイメルダと無理やり歌うシーンは「その汚い手を離せ!」という気持ちでいっぱいだった。
死者の国のアニマル達がカラフルでとってもとってもかわいい。特にあのイメルダのトラくん(ちゃん)はカッコいいのに優しい味方っていうのがいい。安心する。ダンテとのギャップがまた最高。
普段は断固字幕派なのだけれど、日本語吹き替えキャスト皆さま良い。歌も素晴らしい。
ピークはミゲルがココにリメンバー・ミーを歌うシーン。生まれて初めて映画館で声を押し殺して泣いてしまった。あれはずるい。原題になっているcoco。確かにキーパーソン。二つの世界を繋ぐ人物。死者の国、On your markに出てきた未来都市のようだった。似ていた。夜に灯る明かりが美しく、マリーゴールドの花やアニマル達のビビットが際立つ。何度も何十年も観たい作品。
>|