リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

なんだかんだでピクサーはやっぱ凄い。
どれだけ有能なスタッフを抱えてんだよ〜って思う。

死後の世界を明るくポップに描き、最後は感動させてしまう展開の持って行き方が自然。

ココばあちゃんの皺だけで、ここまで感動させるとか、もはや役者いらず。
にこぺ

にこぺの感想・評価

4.0
アニメはあまり観ないし、世評のよろしい作品もイマイチ楽しめないことが多いんですが、これは良かった!
予想した話とは違うミステリー&サスペンスな展開で楽しめました。音楽もキャッチーですね。テーマ曲など一度聞いたら覚えちゃうほど。
音楽禁止って設定がちょっと極端でしたが、そこはアニメで許容範囲内かなと。そして、原題よりも邦題の方がいい!
先祖を敬う事は大切だけど、それに縛られたら不幸だよね。
先祖や家族を大事にする風習
が愛を感じる作品でした。

意外な事実が解ったりと
なかなか内容も面白かった。

忘れられる事が何より寂しく
悲しい事かもしれないね…

わんこが可愛かった!
もっと軽い映画かと思ったら、ものすごく感動した😭😭
吹き替え版で見たけど、ミゲル役の子、歌上手い!!!まだ14歳の子の歌に感動です!!

認知症のおばあちゃんにミゲルが歌を歌って、おばあちゃんが家族を思い出すシーンすごく良かった、、!歌、音楽って最高!!
ゆん

ゆんの感想・評価

-
やっと観れました。
リメンバーミー♬
大切なこと。
忘れないように。
りかこ

りかこの感想・評価

4.0
どんな家族をテーマにした映画よりも、とっても分かりやすくシンプルに家族や先祖を大切にしようと思える映画。
家族との思い出は小さい出来事の積み重ねなんだな〜と思いました!
見終わった後に英語タイトルがCocoだと知り、さらにこの映画が好きになりました〜
藤井凛

藤井凛の感想・評価

4.3
ディズニー/ピクサー作品。
メキシコが舞台。
ミゲルの家では音楽が禁止されている。
ミゲルのひいひいおじいさんが、音楽の為に家族を捨てた事が原因だった。
でも、家族に内緒でメキシコの伝統的なもの歌手デラクルスに憧れてギターを弾いていること。
祖先の霊を迎える為の死者の日がやってくる(日本のお盆のようなもの)
音楽コンテストに出場する為にデラクルスの墓からギターを借りようと忍び込む。
ギターを弾くと、、
死者の国に生きているまま飛び込んでしまった。
死者の国はとてもカラフル。
音楽を許してもらうためには、ひいひいおじいちゃんのデラクルスから許してもらおうと思いつく。。

ミゲルが死者の国にずっといることは出来ず、それでも本当の過去を知る為に骸骨のヘクターと冒険する。
色彩が美しく、黄泉の国のイメージがガラリと変わる。
死者の国で着飾る骸骨達が楽しそうに歌ったりしている。
主題歌「リメンバー・ミー」が娘の為に作った歌で印象的に使われている。
家族、親族の絆の強さ。先祖を敬う気持ちに溢れた優しい作品。
ピクサーの映像技術は年々進化し、人物も自然に描けるようになった。
可愛らしいミゲルが本当の先祖を知るストーリーは二転三転して面白い。
メキシコの文化はこういう感じなのかと疑似体験する。
毎回過去最高を更新するピクサー作品、
子供だけでなく大人も楽しめるファンタジー。
いしみ

いしみの感想・評価

4.0
ずっと観たかった映画をWOWOWで観賞。本当は字幕版が良かったのですが、WOWOWの日本語吹き替え版で。

男の子の声優さんの歌が上手くてびっくり!吹き替えでみて良かった。

物語の舞台はメキシコ。
NHKの「グレーテルのかまど」で見たことのある死者の日。

死者の日は日本のお盆に少し似ています。
マリーゴールドで道を作り、亡くなった方が道に迷わないようにしたり(日本の迎え火みたい)、故人の大好きだったものを写真の前にお供えしたり。


死んだ世界にも2度目の死がある。

私もずっと先祖の事を語れるように、
ちゃんとおばあちゃんのそのまたお父さん・お母さんの話を聞いておこうと思いました。
リメンバー・ミー最高だから皆観て(´;ω;`)嗚咽しながら泣いた(´;ω;`)最高過ぎて何も言えない観て⋯⋯ネタバレにしかならないもんな⋯⋯涙が止まらんwwwヘクター(´;ω;`)ママココ(´;ω;`)

家族って素晴らしい。ご先祖さま⋯⋯
やま

やまの感想・評価

4.3
夢でこんなシーンを見たような変な感覚に襲われた。
宗教や文化は違えど死者を尊く思う気持ちは世界共通
>|