キングコング対ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

キングコング対ゴジラ1962年製作の映画)

KING KONG VS GODZILLA

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.3

「キングコング対ゴジラ」に投稿された感想・評価

yukie

yukieの感想・評価

3.5
これでよかったと思う。

なぜゴジラとコングが戦ってるのか理由がないからどっちかが勝っても困る!!!

ここ3年でゴジラの教養が半端ないのよ。

先日東京ドームシティの展示会行ったけど、いやーよかった!!!
はしゃいじゃったもんね。
当時の撮影の雰囲気が再現されてたりスーツも飾ってあったり。
合成もあるけど、実際ミニチュアで撮影してたり、実際に爆破させてたり、
1発オンリーてのがミラクル。
他の作品でもトラブルあったらしいけど、それも含めて完成。
特撮って凄いんだなって。

7月のゴジラvsコングに向けての予習。
KIYOKO

KIYOKOの感想・評価

3.4
茶を濁されたような結末が許せない。

劇中の製薬会社は映画会社同士のメタファーだったんだな。

前作から7年ぶりの復活で、本作からカラー、エンタメ路線vsシリーズの始まりということで、転換点であったのは間違いなさそう。

人を楽しませようという心意気は感じたので+0.4点。

結末以外はそこそこ見応えあったかも。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.3
【ゴジラの逆襲】から7年。
「東宝創立30周年記念作品」として復活したシリーズ3作目。

ビッグスターの競演は日米共同企画により実現。

忖度の末、対決結果は両者痛み分け。

当時の東宝ドル箱「社長シリーズ」を踏襲するコメディー作品(笑)

なんだか色々破茶滅茶ですが、ゴジラシリーズ最大のヒット作だからビックリ!

Wヒロインの《浜美枝》と《若林映子》はこの作品から見初められてボンドガールに抜擢されたそうでまたビックリ!
なんとなく観てみたくなって…

最初の戦いで、放射熱線を浴びてびっくりして目をパチクリしてるのと、負けてしょぼんとして逃げるキングコングが可愛いw
ペック

ペックの感想・評価

2.0
ゴジラvsコング予習、1962年日本ゴジラ映画。

日本の特撮は着ぐるみとミニチュアの世界。どうしてもおもちゃ感は否めない。ゴジラとコングの造形ももっと頑張って欲しいところ。
設定や演技、ストーリーなどコントを見てる感じしかないです。コングとゴジラの対戦についてもなんの面白みもない、挑発しあってるだけになってた。
meguros

megurosの感想・評価

3.5
東宝創立30周年記念作品。4Kデジタルリマスターの2Kダウンコンバート版を鑑賞。

番組スポンサーであるパシフィック製薬の依頼でソロモン諸島はファロ島にテレビ局職員が”魔神”の取材に赴く。そこで出会ったコングと北極海で目覚めたゴジラとを視聴率upのために戦わせることを企画する…というテレビ&スポンサーの全能感に溢れた時代の作品。

コングもゴジラもやや間の抜けた造形で、相撲を取ったり石を投げたり動きもコミカル。初期の反核メッセージも無く、現代のシリアス怪獣バトルとも違った少し笑える娯楽作。

※ファロ島の部族を日本人が黒塗りで演じていてPC的にはNG。ここでも高島忠夫がコメディ感を漂わせている。

タイアップの東京製綱のワイヤーロープがコングの吊り糸として大々的に登場。ラストの決戦の舞台となる熱海城は1959年に築城された戦国時代には存在しなかったお城で、新しい観光スポットも取り上げた高度経済成長期の1本なのだろう。
あい

あいの感想・評価

2.0
予習として視聴。
ジャケットにあるジャイアントスイング期待してたんですが…しっぽ掴もうとして出来なかった??

岩投げるの痛そうだけど全体的に結構地味でした…
松島から那須、町田、熱海と移動速度が早すぎ
ワイヤーやら赤い実やら用意よすぎの自衛隊が民間の意見を尊重しすぎ
タコはちょっと面白かったけどその後イマイチ盛り上がりに欠けるような…

ゴジラの造形がガッチリしていて強そうでいい、しっぽの動きもぴょこぴょことかわいかったです
Iori

Ioriの感想・評価

3.5
「ノックもトスバッティングもあるもんかぁ」

ハリウッド版『ゴジラvsコング』の公開日が決定したので復習鑑賞。

昭和ゴジラシリーズ3作目。
日本が産んだ"ゴジラ"とアメリカが産んだ"キングコング"、世紀の対決。

…はどうでも良くて、
本作の見所は"部長"と"タコ"です。
視聴率に命をかける部長と彼に振り回される周囲の人間達のシリアスかつコメディカルな人間ドラマ。
そしてまさかの本人出演、実写版タコ。ただのタコなのに2大怪獣よりも確実に存在感が上です。

タコに関しては『キングコング:髑髏島の巨人』で観れたので、部長をハリウッドがどうアップデートしてくるのか、期待しかない。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.7
いやぁアガるわ。コングとゴジラの一騎討ち。創意工夫を凝らした特撮、全体的に能天気で明るい話も凄く良い。着ぐるみだから、ゴジラもコングもしっかり演技してるのもとても良いし、何かかわいい。作られたとき、日本ってイケイケだったろうから、そのときの雰囲気というか、勢いを少し感じた。ただ、人が襲われるシーンはこの能天気さは消えていて、やっぱり戦争の記憶があるからなんかなとか思った。

後、「ゴジラが復活した理由」を「ゴジラを殺した男」平田昭彦さんに解説させるのはメタっぽい。
予習。
両怪獣、登場人物がけっこう瞬間移動してる気がするんだけど…気のせいかな…笑
>|