怪獣総進撃の作品情報・感想・評価

「怪獣総進撃」に投稿された感想・評価

怪獣がたくさん出てるパーティー映画を観たいと言ったらこれを薦められたので…むっちゃ面白かった……バランが登場する度にゲラゲラ笑ってたんだけどぼったち人形だったのかあ。キングギドラのリンチシーンで小躍りするミニラが憎たらしくて良い。 山辺が大谷博士を連れ帰って話し合いをしようとするシーン、博士の背中越しのカットがやたら凝ってたな。58698
三重野

三重野の感想・評価

3.5
オールスター過ぎて悶絶。小学生の頃このビデオを求めて隣町まで行った。
ゴジラだ!モスラだ!ラドンだ!
キングギドラだ!

こんな怪獣総出演映画二度と観れない!
と思ってたら、やるんかいハリウッド!(笑)
言ってるだけじゃねえか!と突っ込みたくなる怪獣映画 子供の内に見ておきましょう。
昭和ゴジラシリーズ9作目。
怪獣が大好きやったから、これはもうたまらんかったな。
はけ

はけの感想・評価

3.5
「キングギドラは宇宙の怪獣。地球の怪獣では歯が立ちません」

ゴロザウルスのドロップキックからの流れは戦慄でした。
大人になってから見たのですが、衝撃をうけました。
ゴジラの攻撃は一撃一撃にインパクトがあり、何度見直しても笑ってしまいます。
あのシーンはみんなに見てほしいです。ひどすぎます。
時番人

時番人の感想・評価

4.2
ゴジラ9作目。怪獣ランド作ったが宇宙人にのっとられる話。なんかジュラシックパークて、こっからきたのか?とよぎる。東宝怪獣ぜーんぶだして、地球各地を襲わせる。ここのシーンはパシフィックリムがよぎる。なかなか見ごたえがあった。
鴉

鴉の感想・評価

-
キャパオーバー感否めないがキングギドラ集団リンチシーンが観れたので良し。一応の見せ場としてやられ役にまわるアンギラスも可愛い。
20世紀末、毎日のように月に宇宙船が行く時代、科学の進歩も著しくゴジラたち怪獣のコントロールも可能となり、彼らを一堂に集め研究する怪獣ランドまで建設されていた
そんな時怪獣ランドを狙った宇宙人キラアク星人のテロにより、怪獣たちが世界各地の都市を襲い始める、そして人類の抵抗が開始される!

ゴジラシリーズ第9作目、タイトルにあるように多くの怪獣が出演するオールスター映画的なところが見所
ただ面白いかというとそうでもない、映画産業の斜陽化と共に映画の質自体も落ちているような気がする、出演している役者の格にしてもそれが見える

近未来、怪獣たちをコントロール下に置いていながら、それを離れてしまうと為すすべがない辺りはリアリティがない、そもそもラストといい再び支配下に収めてめでたしめでたしはどうなの?なんかかわいそうに見える

キラアク星人にしてもはるかに上回る科学力を持ちながら結構間が抜けている、散々世界各地の都市を襲わせておいて今更共存共栄なんてありえないでしょ、やり方がマズすぎる
ピンチにキングギドラを召喚して宇宙怪獣だから地球の怪獣は敵わない(キリッ!)からのフルボッコは少し笑えたけど

それにしても怪獣自体が真の脅威でなくなった怪獣映画はあまり魅力ないなーと
tetsu

tetsuの感想・評価

3.5
ゴジラ祭り第5弾!第3部!
(終盤にゴジラが大好きな友達の豆知識コーナーあり。)

怪獣たちが管理されている島・怪獣ランド。
そこに謎の毒ガスが撒かれ、彼らは暴走、
世界各地で大暴れを始めた。
事態の究明に向かった月ロケットの艦長は、その背後にキラアク星人という宇宙人が関係していることを突き止めて...。

開始4分で怪獣が5体登場するという超お祭り大作。(つまり、ゴジラ版『アベンジャーズ』)
また、後のオールスター作品『ゴジラ FINAL WARS』や『GODZILLA 怪獣黙示録』(小説)の原点と言える作品かもしれない。

舞台は世界中。いや、それを飛び越えて宇宙にまで及ぶという超SF展開に...。
総勢11体の怪獣が戦いを繰り広げる展開は豪華だが、終盤は「キングギドラvsその他」になるので、ほぼ『プリキュアオールスターズ...』*みたいな構図に...。笑
ただ、そんな数の怪獣を敵に回しても、キングギドラは簡単に動じないレベルで最強なんですが...。笑

*少女戦士プリキュアが数人の悪役を倒すために、総勢数十人で襲いかかるフルボッコアクション映画(←話を盛りすぎました。ファンの方、すいません。)

また、序盤、怪獣たちが世界各地を襲うシーンでゴジラが襲っているのがNYだというところも面白い。
このあとに作られた1998年リメイク版『GODZILLA』よりも先に、本家のゴジラがNYを襲っていたことは結構意外でした!

というわけで、
終盤、決戦の地に一番乗りで到着する意外すぎる怪獣や、元祖ライバル怪獣・アンギラスの大活躍、そして、珍しく役回りが良い人間などなど、どのキャラクターに時間を割いているのかにも、注目して見ていただきたい一作でした!

×××××××××××××××××××××
<ゴジラ兄さんの豆知識コーナー!!>

・元々は本作がゴジラシリーズの完結編になる予定だった。

・今回のゴジラのスーツは『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』まで使われることになる。

・パリの凱旋門が襲撃されるシーンでは、破壊している怪獣がゴロザウルスなのに、「バラゴンが襲撃した」と報道されている。これは、元々バラゴンで撮影するシーンをスーツ修復の関係で急遽、ゴロザウルスに変えたからである

・本作に登場したバラゴンの着ぐるみは様々な怪獣に改造されており、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』シリーズにも度々、登場している。

×××××××××××××××××××××
>|