怪獣総進撃の作品情報・感想・評価・動画配信

「怪獣総進撃」に投稿された感想・評価

【⠀ギドラ1匹にそんなやらんでも・・・ 】
ファイナルウォーズなみに怪獣が出てくる作品ですがそこだけが唯一のいい所。
いやね、ゴジラもキャラクターとして確立しむちゃくちゃ愛嬌があって主人公顔してるしカッコイイのよ?
でもストーリーがなぁってなる。

ぜーんぶ見なくても怪獣が島に戻ってくるところだけ見ればいいと思うの。

ストーリーは息子にサクッと話したら、「人間も宇宙人も自分勝手。怪獣が可哀想」だそうでまさにその通り。
怪獣たちが街を暴れてる姿はいいゾ!もっとやれって思うこと間違いなし。

見せ場はキングギドラ対ゴジラ軍団で鬼のリンチを見せるところは「いや、そんなやんなくても・・・」と思うこと間違いなし。

でも怪獣プロレスは最高です。
taka

takaの感想・評価

3.5
孤島の怪獣ランドにゴジラを筆頭に大勢の怪獣がペットのように飼い慣らされており日本の技術力の高さに笑った。

今作の敵は怪獣たちをリモートでコントロールして操る能力を持つ宇宙人。
怪獣たちの洗脳を解いてからの、富士山裾野で繰り広げられる地球怪獣たちvs宇宙怪獣キングギドラの戦いは熱かった。
tsuzuran

tsuzuranの感想・評価

3.0
ミニラでてこんか思ったらちゃんと出てきた
あとはただのリンチ
たろさ

たろさの感想・評価

2.0
タイトルは「怪獣総進撃」だけど、怪獣よりも人間パートのキラアク星人と隊員の戦いが目立つ。そもそも怪獣同士があまり戦ってくれない。最後の最後でキングギドラ対地球怪獣連合で戦ってくれるけど、地球怪獣連合側がゴジラ、ミニラ、モスラ、ラドン、アンギラス、クモンガ、ゴロザウルス、マンダ、バラゴン、バラン。1対10でいくらなんでも多すぎる。余っちゃって背景になっている奴もいる。キングギドラは多勢に無勢で踏みつぶされたり首を噛まれて出血したりと集団リンチされる有様。最低限のバランスくらいは考えてほしい。

宇宙人に操られているのを助ける為とはいえ女性のピアスを引きちぎって出血させるのは荒々しい。
小笠原諸島の怪獣ランドで管理されている怪獣たち。この設定はどうかと思う。シリーズ1作目で恐怖の対象だった怪獣の姿はない。
R

Rの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

自宅で。

1968年の邦画。

監督は「ゴジラ」の本多猪四郎。

あらすじ

20世紀末、国連科学委員会(U.N.S.C)は硫黄島に宇宙港を建設する一方、世界の脅威だった怪獣たちを小笠原諸島に一同に集めた「怪獣ランド」を建設、平和裏に管理・研究していた。しかし、突如怪獣ランドに毒ガスが充満し始め、その直後怪獣たちが各都市で暴れ始める。早速調査に向かった月ロケット「ムーンライトSY-3」艦長の山辺克男(久保明「大仏廻国」)はそれが宇宙人キラアク星人の恐るべき地球侵略計画だということを知る。

Netflixにて。大量に配信されていたのでこの機会にオリを見て鑑賞していこうと思う。

今作はゴジラシリーズにおける第9作品めにあたる作品でwiki情報によると怪獣シリーズが妖怪やスポ根にブームをとられ、陰りが見え始めた頃、前作にあたる「ゴジラの息子」が好成績を得たことで制作されることになった作品らしい、ふーん。

と、いうことが関係あるのかわからないが、景気が良い。

冒頭、今作では本来なら畏敬の対象であるはずの怪獣たちが一同に会する(集められた)怪獣ランドが建設された世界。冒頭のナレーションで「ゴジラがいる、ラドンがいる、そしてアンギラスもいる。モスラも、ゴロザウルスも仲良く同居している。」と言っている通り、上空を通り過ぎるヘリに「こんにちは」する怪獣たちがなんだか微笑ましいw

つか、こんな狭い島であんな巨大な怪獣たちが生息分布を度外視して集められて生きていけるのか、ちょっとした動物、いや怪獣虐待なのでは?という疑問も頭を過ぎるが、まぁそれは置いておこう。

そんな怪獣ランドなんだけど、逆を言えば危険分子を保有しているとも取れるわけで、それを狙って早速キラアク星人に操られて、世界各地で暴れ回る怪獣たち、ほらー。

ここでも、我らがゴジラはニューヨークを攻撃、こん時からアメリカが好きだったんだなぁ笑。

あ、ちなみにこの総進撃盤ゴジラのフォルムなんだけど、後々のシリーズの他のゴジラとの比較対象として記録に残しておくと、「THE昔のゴジラ」。着ぐるみ感もそこそこに特徴的なのは目元。盛り上がったまぶたに黒目がちのまなこがなかなかに愛らしかった。

そんな感じでゴジラ含めて色んな怪獣たちが暴れまくるんだけど、ゴロザウルスやバラゴンなど結構マイナーな怪獣たちもオールスター的に登場しており、そこは良かった。個人的には巨大な龍のようなマンダの這い出てくる感じが着ぐるみ然ながらもなかなかにリアルで印象深い。

ただ好みで言うと終盤でゴジラとタッグを組んだゴロザウルスが恐竜どストレートなシンプルなフォルムながら味わい深かったなぁ。

で、なんだかんだありつつ主人公の克男艦長率いるムーンライト号のクルーたちが頑張ったおかげでキラアク星人の本拠地に攻め入って、怪獣たちを操る装置を破壊、最終盤ではキラアク星人肝入りの刺客キングギドラとの多対一のバトルが繰り広げられるんだけど…。

まぁ、キングギドラが不憫になるぐらいフルボッコ笑。

なんつったって、ギドラ一匹に対して、ゴジラ、ミニラ、アンギラス、ラドン、ゴロザウルスにクモンガ、モスラ(幼虫)とめちゃくちゃな数の怪獣が寄ってたかって攻撃するもんだから、もはやいじめにしか見えねぇw

しかも、光線を吐くとかじゃなくゴジラとか普通にマジ蹴りとかしてて絵面もすげぇシュール。最終的にはもはやオーバーキル状態で三ツクビともくたぁーとなって横たわるギドラの上に得意げに佇むミニラを眺めるゴジラの親子ショット含めて、なんかすげぇ笑えたわ。

他にもキラアク星人に洗脳された博士の飛び降りのシーンが完全に人形だったり、ギドラが倒された後に物々しく登場して「ファイヤードラゴン」という名称で期待を煽りながら、蓋を開けてみればただの円盤でしたー!なやっつけ具合までなんか味のある内容の作品でしたw

ラスト、無事怪獣ランドに帰ったゴジラたちなんだけど、ほとんど瓦礫みたいな場所で人々を仰ぎ見るゴジラたちは果たして何を思っているんだろうと思うと何故か少し切なくなったw
前作、今作にかけて脚本や監督が交代していったのかこれは迷走???笑
いきなり怪獣ランドから始まり、「ゴジラが居る。」じゃねーよ!あんだけ今まで手に負えない怪獣たちをどうやって……。
モスラまで捕獲するのはインファント島的に大丈夫なのか?? あとマジで知らない怪獣もしれっといて、これはゴジラ以外の当時の怪獣映画も見とかなきゃいけなかったのかな。

とはいえここまで怪獣の濃度を一気に高めてくれたのは私的にはありがたいかもしれないです。さすがに何もしない子は出てくるけど。

キングギドラはやはりこの中でも大物な敵役として存在感ありますね。
冒頭、怪獣が飼い慣らされていることがショックだった。その後もキラアク星人に操られたり人間サイドに操られたりが続き、怪獣の威厳が損なわれたようで辛かった。

メカはカッコいいし、多数の怪獣が入り乱れて闘うところは喝采したい。
Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

3.0
Netflixにて

怪獣ランドなるジュラシックパークの怪獣版みたいなものが小笠原諸島に建設されゴジラはじめ怪獣オールスターズが安住の地❓を与えられるも、何者かかに操られ、島を脱出、世界の主要都市を襲撃する。
パリ、モスクワ、ニューヨーク🗽等
モスクワは当時ソ連で資料が無かったと思われ想像でアラブっぽいロシア正教の建物が建ち並ぶ😅

これらの破壊活動はキラアク星人なる宇宙人の陰謀である事が判明彼女❓らは富士山麓を突然に領有宣言する😅

ゴジラは目がクリっとしていて前向きについてるヒーロー版、地球の怪獣🌏のリーダー格として宇宙怪獣キングギドラと戦う。果たしてキラアク星人の運命や如何に⁉️

ドラマパートがセットも含めてスタートレックのオマージュのような感じだった。
そして驚くべきほどつまらなかった😓

が、怪獣達の都市破壊とその後のバトルロイヤルは圧巻であり、子供向けに転換したために生まれた感じのコンセプトだが、子供の頃は怪獣がいっぱい見れた方が楽しかった気がする。
完全管理された怪獣ランドという割られるための檻が出現しこの時点が楽しさのピーク。あとは陰惨なサイコ殺人シーンが連続し人間同士が不審に陥り、怪獣達は戦争の道具として右往左往してキングギドラは総括される。人間が躊躇せず身投げをするシーンは完全にトラウマが植え付けられ何十年も苦しめられることになる。
うえお

うえおの感想・評価

2.0
え、洗脳装置になってるピアスのとりかたやばない?
引きちぎっといて「大丈夫!大丈夫!」は頭おかしい。
ここまじでキチガイスマイルで怖い。

てか洗脳ネタはX星人でやったからもうやめて。
あれからゴジラがおかしくなったのに。

キングギドラがリンチされてるのも嫌。
こんな倒され方されるんほんま嫌。
見てても悲しいしそんなことされる姿もする姿もみたくなかった。
>|