怪獣総進撃の作品情報・感想・評価

「怪獣総進撃」に投稿された感想・評価

ながい

ながいの感想・評価

3.9
ゴジラシリーズで一番好きかな すべてがチャチでキュート 祝祭だよね
昨日鑑賞した作品の翌年に製作された昭和ゴジラシリーズの作品です。

タイトルで謳われているようにたくさんの怪獣が登場します。小笠原諸島に怪獣ランドなる島に沢山の怪獣が生存し、お互いに活動区域を侵すことなく共存していた。

しかし、宇宙人の登場によりそれぞれの怪獣たちが世界各地に拡散し破壊活動に入ってしまう。

だが、宇宙怪獣キングギドラの登場により地球生まれの怪獣たちが富士山麓青木ヶ原樹海に集結しキングギドラと対決するが・・・・・

前作品で誕生したミニラを始め、モスラ、ラドン、アンギラスなどが勢ぞろいし子供は勿論、ファンを楽しませてくれる作品でした。

この作品の制作年度はあの“2001年宇宙・・”と同じ年になるのですね。宇宙船などの描き方が邦画の世界とハリウッド映画の差を感じてしまいます。
チェケ

チェケの感想・評価

4.5
マンダやバランなどの非ゴジラ系怪獣まで登場するお祭り映画。ストーリーはあってないようなものだがここまで多くの怪獣が暴れてくれるなら楽しめる。作中でなぜかゴロザウルスがバラゴンとして紹介されている。
hanchan

hanchanの感想・評価

3.0
ゴジラマニアだった子どもの頃、街のビデオ屋にわざわざ取り寄せてもらったもの。

ニッチな怪獣も登場すること目当てで観たけど、バラゴンなどそれら怪獣のシーンはわずかで残念。
琉太

琉太の感想・評価

3.6
ジェラシックパークの後に観てしまったので色々と特撮とCGについて気になった
特撮には特撮の味があると思った
yasumax

yasumaxの感想・評価

3.0
つくづくハリウッドにおける日本のアニメ・特撮作品の影響は大きいと思います♪
ジェラシックパークの原点でしょう!
この時代はすでに映画産業自体が衰退しており、かつての豪華で精密な特撮には及ばないが、本多演出、常連キャスト、大集合した東宝怪獣、そして伊福部サウンドを楽しめる。それだけでも充分満足。
santasan

santasanの感想・評価

3.2
この時代にこの設定をよくもまあ映像化したなと感心。キラアク星人に操られる怪獣たちについてはもうキャラクターもないに等しいのは残念だけど、SY−3号を始め世界各都市から月の基地まで作った円谷特撮チームには敬意を表したい。
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

3.5
怪獣達によるキングギドラの公開処刑である。どいつもこいつもBOY-KENと同意見なヤツばっかりで相違点を話し合うつもりもないのである。

いくら相手がキングギドラとは言え、多数で寄ってたかってボコボコにするのはマトモな大人のやる事ではない。しかしながら、そもそも人間の行動もキラアク星人の作戦もムーンライトSY-3の性能もマトモではないので、このUNSTOPPABLEなKJ(Kaiju)達は本多猪四郎がやったって止めらんねーのであった。
20世紀末に小笠原諸島に『怪獣ランド』がオープンしている。『ジュラシック・ワールド』の数倍素晴らしい施設だ!www

怪獣達を操ったり出来る科学力を持ちながらキラアク星人達は自分達の防御力を全く持ってないと言うか、簡単に人間に基地に進入されてしまう。キングギドラに基地を守らせた方が良かったのではと思ってしまった。

ちなみに、この映画の製作された年の前年、アメリカから日本に小笠原諸島が返還されたので、小笠原諸島が怪獣ランドとして出てきたのだろう。
>|