うつくしいひとの作品情報・感想・評価

「うつくしいひと」に投稿された感想・評価

物語自体はノスタルジーで大きな出来事が起きるわけではないですが、姜尚中さんの演技は(良い意味で)独特で異質。それが熊本の美しい風景の中でも立体感が出ていて良かった。(話それますが)高良健吾くんと橋本愛ちゃんが熊本県出身…この2人と熊本県にありがとうと言いたい(笑)。
Tak

Takの感想・評価

3.6
行定勲、高良健吾、橋本愛など、熊本にゆかりのあるスタッフ、キャストで製作されたラブストーリー仕立ての観光PR映画。

熊本の市電、通潤橋、阿蘇の草千里、水前寺公園、そして震災前の熊本城が美しい。
yu

yuの感想・評価

2.0
熊本県の風景はとても美しいけれど、高良くんの役の癖が強くてあまり内容が入ってこないような…

橙書店さんが見られたのがすごく嬉しかった。
"うつくしいひと"という言葉がふわりと残る。
village123

village123の感想・評価

3.0
カフェを併設する小さな書店で店員をしている透子は、母の様子を遠くから窺う謎の男がいることに気づき、探偵に調査を依頼する。しかし、その男に声をかけられ、成り行きで行動をともにすることに。

ストーリー性のある観光PR映画で、まったりとした空気感が特徴的だった。
しかし、主要人物が有名な人ばかりで、キャラ立ちし過ぎている点が、観光PRにはそぐわないようや印象を受けた。
それに、くまモンが登場する必要はなかった気がする。
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.3
景色がきれいで、熊本行ってみたくなった。熊本民は美しいなぁ。
橋本愛を観るために借りましたが、熊本のPR映画でした。
ご当地の短い映像やCMが一時期流行りましたが、映画まで撮ってたんですね。
震災前の熊本の観光資源が魅力的に紹介されています。
出演俳優も豪華ですが、映画としては楽しめなかったです。
映画の神様が味方した作品。
震災で今はもうない景色たちが確かにそこにあったこと。
一日も早く、あの景色たちが戻ってきてくれることを願って。
栞

栞の感想・評価

3.2
熊本がこんなに美しい場所だっあなんて、住んでるときは気がつかなかったな。なんだかんだで姜尚中の演技が一番良い。
熊本PR映画。
特に理由はないけれど、熊本に行ってみたいってここ最近ずっと思ってる!
年末年始に行ってみようかな。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
熊本出身の行定勲監督が、高良健吾や橋本愛など同郷の出演者とともに作った中編映画。熊本城や阿蘇などの観光地でのロケ、郷土芸能やくまモンの登場などご当地PR映画っぽい。しかし流石それだけではなく、ストーリーはノスタルジックな美しいものだった。
>|