管制塔の作品情報・感想・評価

管制塔2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:67分

ジャンル:

3.6

「管制塔」に投稿された感想・評価

akemi

akemiの感想・評価

3.8
クラスになじめない男の子と、興味が無いクラスメイトとは一切話さない転校生のミィ。
ひかれ合う2人のお話。
Galileo Galilei、いいですよね。
山崎賢人がイヤフォンしてんのに携帯に繋げてない所のシーン以外覚えてない

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/control-tower
ekko

ekkoの感想・評価

4.5
10代の二人の俳優の、この時この場所でしか表せない姿が宝物のような作品。
突然訪れる別れに胸が苦しくなる。
ミイが温かい家庭に招かれるところが好き。
これまで観てきた映画の中で 一番
今でも心に残ってる…。
切なさ 静けさ 暖かさ すべてが未だに忘れられない。
なんか素敵だった。
俺の学生時代とは1ミリも、かすりもしなかった青春がそこにはあった
超5点です
ぶぶぶ

ぶぶぶの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

私の大好きなGalileo Galileiの「管制塔」という曲から生まれた映画だと知って観ました。
1時間と少しの短い映画ですが、なんだか青春がギュッと詰まっている感じですごく好きです。少女漫画の実写化のような華やかな雰囲気ではないし、情熱的な恋愛映画でもなかったけど、なんかこんな風に恋がしたいなぁと思いました。
どこか山崎賢人の演じる主人公が私に重なって見えたところがあったりしました。ガリレオの曲ってそういうところがたくさんあって好きです。(まるで自分の歌のように聞こえちゃうところ)だからこの映画に出会えてよかったと思います。
F

Fの感想・評価

3.5
この時期の橋本愛と山崎賢人をキャスティングしただけで本当に素晴らしい。
思春期特有の、変化をしたいが、一歩躊躇したりといった心理描写が丁寧に書かれてとても見やすい。
この映画を見た人はしばらく「管制塔」の曲が頭から離れない呪いにかかるくらい、いい曲。
北海道の景色も綺麗
n

nの感想・評価

5.0
好きな空気感でした。
賢人くん出演の中で上位に入るかなと、、
tetsu

tetsuの感想・評価

4.0
三木孝浩監督、最新作公開記念!
手当たり次第に、監督の過去作を漁っていくウィーク。


[概要]

Galileo Galileiの名曲「管制塔」を基に三木監督がメガホンを撮った青春映画。ヒロインに橋本愛さんを迎え、山崎賢人さんが初主演を務めた映画。


[感想]

人がドキドキするツボを分かりすぎていて、もはや「整体師か?!」と突っ込みたくなる、三木監督の初期傑作だった。

周囲から孤立している山崎賢人扮する主人公が、彼にだけ明るく接してくる転校生の橋本愛と次第に打ち解けていき……、という夢のある展開。
(このプロットは、森川葵のデビュー短編『転校生』にも通ずる部分があるような。)

圧倒的な雪景色というロケーションを活かし、2人の関係性をひたすら尊く描いていたのが印象的だった。


[橋本愛の最高傑作]

本作の見所は、なんといっても、ヒロインを務める橋本愛さんの魅力。

普段は人との関わりを避けているようでいて、主人公には、かなり明るく接してくるというギャップ。

デビュー当初ということで、演技面には拙い部分を感じつつも、それを上回る初々しさゆえの彼女の魅力が凝縮されていた。
(というか、これでオチない男はいないと思う。尊みが深い。)


[バンド"Galileo Galilei"の映画として]

また、本作はGalileo Galileiの楽曲「管制塔」を基にしているというだけあって、彼らの足跡を間接的に辿るような物語でもある。

その故郷・北海道稚内市を舞台に、デビューのきっかけとなった『SCHOOL OF LOCK!』*の企画『閃光ライオット』 も登場するストーリーは、ファンでなくともテンションが上がる。
*ティーンに人気のラジオ番組

個人的には、自分の兄が閃光ライオットの企画に楽曲を送っていた過去があったため、それらの描写に懐かしさを感じた。


[おわりに]

初々しいゆえの主演2人の演技には、若干、突っ込みたくはなる(特に山崎賢人の歌唱シーンw)ものの、総じて、名作だった本作。

なにはともあれ、橋本愛さんの可愛さがえげつないという点に注目して観てください。笑
>|