夜の診察室の作品情報・感想・評価

「夜の診察室」に投稿された感想・評価

mingo

mingoの感想・評価

3.3
帯盛の大映最後の作品なのか、
71年の作品にしてはセックスレスに悩む主婦など題材が今でも通じる内容。オープニングで切り抜かれた唇がSEXSEX連呼しすぎで間違いなく家族では見れない松坂慶子初主演峰岸徹出演の直球喜劇映画。全然エロくなくて、むしろ性に対して真面目すぎるくらい。ロマポ好きには物足りないかも…
同時上映の増村「遊び」に対するB面的一本。
オープニングの画像がロッキーホラーショーみたいだった。昔はこんな映画があったんですね。話の内容はバカらしいが、映像が妙に芸術的でした。
これはつまらなかった記憶しかないです。。。帯盛申し訳ない。
大映×エロの組み合わせ作品って、今となっては全くエロいとは思わないんだけど、お色気と濃い色で配色された画面の相性が妙に芸術的で崇高なエロさが秘められている気がするから結構好き。※全く勃起はしない。
松坂慶子はこの頃から超綺麗。ヤりたい。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
あのゴージャスな松坂慶子さんにも処女だった時代があったんですなあ。
真山さんも第三者が泊まりに来るところとかの嬉しそうにするのがすごい可愛い。
小さめとは言えそれくらいなら立派なもんですよとか言われた人もいたけどもしマジで小さ過ぎる場合はどうアドバイスするのだろう。
オープニングも実に良いですな。
xyz

xyzの感想・評価

3.8
様々な性の悩みを打ち明けにカウンセリングへとやって来た人妻達がいちいち面白い。診察室の看板娘として父の手伝いをする大学生の梢を語り手にした異色のコメディ。

冒頭の唇を使ったシークエンスと裸のコラージュが印象的。性を扱った作品ながら役者のコミカルな演技と明るい音楽、テンポの良い演出で終始楽しい。良い意味での馬鹿馬鹿しさとフザけ過ぎない真面目さが、いかにも古き良き昭和の映画といった感じですごく心地良かった。

CASE1の奥さんがあの手この手で夫の気を引こうとするのが微笑ましかった。
ただ、何と言っても渥美マリの代役として映画初主演となった松坂慶子の蠱惑的な魅力が詰まった作品でした。

”女はムードに弱く、男はヌードに弱い”
なるほど、確かに。笑
sachiko

sachikoの感想・評価

3.9
とにかく松坂慶子がかわいい、綺麗。
話もテンポがよく面白いのでソフトがほしい。
青二歳

青二歳の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

レンタル屋全国全店に取扱があったらきっと世界は平和☆和製エロチカコメディはなんてシャレて可愛らしいのでしょう。自分も麻生診察室に通いたい…!真顔の高橋昌也に超いい加減なアドバイスをもらいたい。性に悩めるあなた、麻生診察室に御予約を☆
1971年で20世紀性革命の総括を済ませてしまうオープニング。邦画やっぱり楽しいゾ( ^ω^ )マカロニエロチカみたいなレイプまがいのセックスなんて無いもん。愉快なり愉快なり。

ポルノでもないのにクスコがこんな堂々と出てくる映画もない。パンツの上から貞操帯をゴソゴソガッチャン☆大人のおもちゃ屋さんでお澄まし松坂慶子かわいや。でも彼女はもう少しふくよかになってからが美しい。

チラリズムって言葉は既にあったのね。あと天井からぶら下げたブランコみたいなイスやソファってこの頃流行っていたらしい。"夜明けのうた"でも浅丘ルリ子が漕いでた(かわいい)。
ところでエロチカに出てくる医師(?)ってことごとく個人情報保護の精神が欠落しとるのは何故だ…
ムンムン松坂慶子、チョイ見せで男心をくすぐる。脇の女優さんたちも魅力的。
松坂慶子の初主演映画として有名な作品。その美貌が際立ってはいるが、アングルや演技によるムラがある。美しさが完成される一歩手前という感じ。お色気コメディーな内容は案外真面目で、オトナのための性教育といった趣。それでもキチンとエロいし笑えるし、悪くない。因みに、昔から三山のぼるの「カンタリス」の元ネタに違いないと思っていたが真実はいかに。
>|