ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>の作品情報・感想・評価

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>2015年製作の映画)

Teenage Mutant Ninja Turtles Out of The Shadows

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:112分

3.5

あらすじ

レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロ…あの世界最強の4兄弟がこの夏スクリーンに帰ってくる! タートルズの宿敵シュレッダーは、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士と、マヌケな子分ビーバップとロックステディの協力で脱獄を果たし、再びNYを恐怖に陥れようとする。タートルズたちはTVレポーターのエイプリル・オニール、そして新たな仲間、ホッケーマスクをかぶったNY市警のケイシ…

レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロ…あの世界最強の4兄弟がこの夏スクリーンに帰ってくる! タートルズの宿敵シュレッダーは、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士と、マヌケな子分ビーバップとロックステディの協力で脱獄を果たし、再びNYを恐怖に陥れようとする。タートルズたちはTVレポーターのエイプリル・オニール、そして新たな仲間、ホッケーマスクをかぶったNY市警のケイシー・ジョーンズらとともに悪事を阻止しようとするが、彼らの前に立ちはだかるのはイノシシとサイのミュータントに変貌したビーバップ&ロックステディだった!さらには異次元からきた新たな敵、悪の帝王クランゲの世界征服の野望も加わって、戦いの舞台はNYからブラジル、そして空中戦へともつれ込む!そんな中、甲羅よりも強い絆で結ばれていたはずのタートルズに分裂の危機が…?!最大のピンチを迎えたタートルズは世界を、そして仲間を救えるのか―?

「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」に投稿された感想・評価

のら

のらの感想・評価

2.5
"シャドウズ" というサブタイトルだが、原題は "Out of the Shadows" で 1作目では影の存在としてニューヨークを守ったタートルズが表舞台に出てニューヨークを守るという話になっている。

またボスキャラとしてクランゲが登場したり、なによりもビーバップとロックステディが満を持して登場するなどアニメファン待望の作りにはなっている。アクションシーンも多くティーンエージャー特有の満たされない承認欲求の話になっているのも良い。sかし全体的にアクションのテンポが単調で、アクション部分での四人の役割分担が希薄なためにチームプレーが機能しなく、派手な割に面白みにかける作品になっている。
吹替視聴
前作のキャストよりかなりマシになりましたね(芸能人枠)

んーーエンタテインメント性とアクションとどっちつかずって印象ですね
兄弟喧嘩もミュータントの葛藤、がもう少しほりさげるとか…なんかショボい感じ…
すかっともしないし
んー…中途半端かなぁ
安定!安定の面白さ!
細かい事なんてどうでもいい!
気軽に見れる映画はサイコーです!
カワバンガ!
アニメで観てたものが3Dで動いていることに感動したし、筋肉とかの躍動感にも感動した。ピザが食べたくなる映画。
カメさん忍者シリーズの二作目の鑑賞でした。前作を鑑賞した時に4人?(笑)の主人公たちのカメさんのキャラクターをどうしても受け入れる事が出来ずに良い印象が残らなかった作品でした。

その作品の続編ということで割り切って鑑賞してみる事にしました。私はニューヨークの上空に地球を破壊しにデス・スターが現れたS・Wの作品として鑑賞しました。そうしたら面白く感じました。

サイやイノシシなどが登場し、S・Wワールドとして受け入れる事が十分可能なキャラが多く登場しただそれだけでした。

ファンの方には申し訳ございませんが私には・・・・・・・映像は見事です。それだけでした。
鰯

鰯の感想・評価

3.0
カワバンガ!

前作から特に何も変わらず!面白いし、タートルズのビジュアルは好きだけど!見せ場作るためだけに作った感じのストーリーも思い切ってもはや清々しい
ヴァーン出てくるとことかコメディはかなり笑える
四匹の忍者亀が、またまた世界の危機に立ち向かう話。

亀のままか、人間になりたいかの葛藤を交えながらのストーリー。

前回のラスボスが好きだっただけに今回の宇宙人には興ざめ。

青空での決戦大好きかよ。(笑)
亀が楽しそうに戦う話。ミケランジェロのテンションがたまに腹立つので卍1つとさせていただきます。 卍!
Kei

Keiの感想・評価

3.5
前作に続いて本当にアメコミ感満載でノリやテンションがもう楽しい!
初っ端からマイケル・ベイ監督からではのカーアクションで活躍するタートルズ達のカッコよさと可愛さと、新しい敵のおバカさと安心して見られる。ただ、こんかいあは少しシリアスな話も入ってきてそこもまた魅力的でした。
しも

しもの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

【エンタメ】★★★
【映画評価】★★★

前作『ミュータント・タートルズ』の続編。
ストーリーは前作よりぶっ飛んでましたが、パンチはイマイチ。
冒頭のエイプリルのスパイ活動(?)と、全体的にドナが活躍してたのが楽しかったくらい。相変わらずレオは真面目ですね(^^;)今作はその真面目さが嫌味すぎてちょっと残念。
あとてっきりちょっとでも人間の姿になってくれる(サービスショット)あるかなぁ!と思ったんですがなかったですね……。マイキーあたりがやらかして一瞬くらいなると思ったんですが、願いは叶わずでした(笑)

シュレッダーの鎧がショボかったんでまさか噛ませ犬?!と思ったら案の定。ミュータント自体がぶっ飛んでる設定なので敵役にどうこういうのもナンセンスですが、チートすぎると面白味がなくなってしまう気がしますね。
演出やアクションの感覚もちょっと違うなぁと思ってたら監督が変わったようで。
個人的には前作の方が好みでした。
ただ前作を見ていない人にも優しい解説があったり、特段見れないほどのハチャメチャでもないので評価は普通めです。
>|