レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービーの作品情報・感想・評価

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー2016年製作の映画)

The Lego Ninjago Movie

上映日:2017年09月30日

製作国:

3.4

あらすじ

ニンジャゴーシティに巨大な闇の力が近づいていた…。それは、世界征服の野望をもつ悪の帝王ブラックガーマドン。街の平和が失われようとしたとき、ロイドと仲間のニンジャたちが、立ち上がる――。 《緑・火・雷・水・氷・地》の力から得た“エレメント・パワー”と、師匠のウー先生から教わった必殺技、“スピン術”を駆使してニンジャたちが大活躍。秘密兵器を搭載した巨大メカに乗り込み、いざ、運命の決戦へ―!痛快爽快…

ニンジャゴーシティに巨大な闇の力が近づいていた…。それは、世界征服の野望をもつ悪の帝王ブラックガーマドン。街の平和が失われようとしたとき、ロイドと仲間のニンジャたちが、立ち上がる――。 《緑・火・雷・水・氷・地》の力から得た“エレメント・パワー”と、師匠のウー先生から教わった必殺技、“スピン術”を駆使してニンジャたちが大活躍。秘密兵器を搭載した巨大メカに乗り込み、いざ、運命の決戦へ―!痛快爽快なバトルに興奮して、COOLなギャグに爆笑、最強チームみんなの「力」と「あきらめない心」に勇気と感動をもらえる、夢のニンジャアドベンチャー!

「レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー」に投稿された感想・評価

GijoeGo

GijoeGoの感想・評価

3.8
テレビシリーズとは設定が違い面食らったが直ぐに別物として観れたので問題無く楽しめた。
海外の人のニンジャに対する感覚が日本人と全く違うので「忍者」と「ニンジャ」の違和感でモヤモヤしたものがあるがそれを吹っ飛ばすくらいサービス精神旺盛な内容で好感が持てる。
街中でのバトルはLEGOムービー、LEGOバットマンも良かったがこちらもニンジャらしく戦い方が変化に富んでいて楽しい。
動きや顔の表情もLEGOという限定された造形なのにとても表情も豊かに魅せてくれる。
しかしまさかLEGOの街にアレがやってくるとは思わなんだ。
かな

かなの感想・評価

3.4
ノリが軽くて観やすい。
まさか最終兵器を使ったら、あれが出てくるとは・・・・驚いた。
HAAAL

HAAALの感想・評価

3.0
相変わらずボケ多い
ニンジャニンジャ言い過ぎやろ笑
わりと父子の絆に泣ける
cheese

cheeseの感想・評価

3.4
機内であちこちから話しかけられたりするから、ながら見にもほどがあったけど…
Green^^で普通に笑ってしまった。
「ク…みたいな父親が手放しで迎えられるのが許せない」とのレビューを読んで覚悟してたのに、それでも普通に腹が立ってしまったな。父親接待(キャッチボール、運転を習うなど)が本当に気味悪かった。

レゴムービーの父親(仕事と自分の趣味とに入り浸りで息子の願いや意図を理解できない)もレゴバットマンムービーの父親(大人になれないままある日いきなり父親になってしまい色々とダメ)もまだ愛せるところはあった。だけど、レゴニンジャゴーの父親(ヴィラン道のために養育者としての責任を取ることを完全に放棄し、子供と妻を人生から追放し、子供の人生を惨めにし続け、子供の愛情を求める呼びかけにも答えず、しかし「ちょい寂しいかな……」となったら子供に接待してもらってヘラヘラしてなんか良い感じになる)は……無理ですね……。

あとニンジャといいつつカンフー……?の話しかしてなかった……。謎が多い。

でも中盤完全にインターネッツ・ネコ・動画なので、そこは楽しかったです。

最後にレゴニンジャの父親の最低セリフ(うろ覚え)を紹介します。「なんで私がお前(息子を指します)の人生を惨めにできるんだ? 私はお前の人生にいなかったのに!」
ハリー

ハリーの感想・評価

4.0
レゴムービー。今度はニンジャ!

悪の支配者ガーマドンがニンジャゴーの街を征服しにやってくる。そこに普段は高校生の若きニンジャ6人組がウー師匠と共に立ち向かう!

傑作「レゴバットマン」に続いて今度は日本のニンジャへのリスペクトたっぷりのこれまたよく出来てて楽しめる一本。

高校生がロボを駆使してガーマドンに立ち向かう様は「パワーレンジャー」のようでかなりかっこいいししかもレゴだから尚更表現力がいい!

ガーマドンが悪役なんだけど憎めないとてもいいキャラ。山寺宏一さんの吹替やっぱり素晴らしい。

アクションもドラマも青春シーンもどれもいい感じ。

大人にこそ見てほしいアトラクションムービー。
海老

海老の感想・評価

3.5
レゴは前作のバットマンが初の鑑賞でした。
その後に観た他シリーズのレゴにも共通してるのですが、バットマンを気に入りすぎていたのか、ちょっと期待してたのとは違いました。

いや、面白いことは面白いんです。
レゴシリーズお馴染みとも言える、軽快でリズミカルで、心地の良い軽口は健在。ジョークの過剰包装ですね。


今作は、ダメ親父(敵側)と、その息子でヒーローの役目を担っている主人公の話。
ここにバットマンと同じノリを求めるのもお門違いかもしれませんが、前作が、バットマン自身の弱さや、ジョーカーサイドの心情など、内面の演出も満足感が高かったんですが、それに比べると事態の収束が雑な感じもしました。親子というテーマ、コテコテに、ストレートに泣かせる演出が来るのかな!って思ってたんですけども。笑

それから、メタのネタもレゴシリーズではむしろお馴染みなんでしょうけど、なかなか強烈なメタでしたね。笑
ネタバレは控えます。

次回作にも期待しています!
いつも麻薬中毒者みたいな喋り方のデイヴ・フランコが、子供向けにゆっくりはっきり喋っていて聞き取りやすかった。
りお

りおの感想・評価

2.5
レゴムービーものは欠かさず観てるので。
とはいってもレゴに詳しいわけじゃない為、本作の元ネタである「レゴ ニンジャゴー」は存じ上げませんでした。
元ネタ知ってたらもっと楽しめたんかなあ?
戦隊モノは赤が主人公なのが相場だけど、緑が主人公とは新鮮。
緑じゃなきゃダメだったんだ、っていうオチ含めてお見事だと思った。
もんち

もんちの感想・評価

2.0
レゴたちはかわいかったけど、はまらなかった。

トランスフォーマーのミニチュア版
>|