デッド・ノート/デス・ノートの作品情報・感想・評価

デッド・ノート/デス・ノート2014年製作の映画)

Let Us Prey

上映日:2016年01月05日

製作国:

上映時間:92分

2.8

あらすじ

警官になって、初の夜勤となる新人警官のレイチェル。その夜、不気味な男が署へと連行されてきた。すると、刑務所にいた7人の男女が一人ずつ残酷な死を遂げる事態が起き始める―。何が起きているのか!?常識ではありえない事態を目の当たりにしたレイチェルは、それが人間ではない“何かの力”で行われていると感じる。逮捕された男が持っていた「1冊のノート」。そこには死亡した人間の名前が書きつらなっていた。この男は何…

警官になって、初の夜勤となる新人警官のレイチェル。その夜、不気味な男が署へと連行されてきた。すると、刑務所にいた7人の男女が一人ずつ残酷な死を遂げる事態が起き始める―。何が起きているのか!?常識ではありえない事態を目の当たりにしたレイチェルは、それが人間ではない“何かの力”で行われていると感じる。逮捕された男が持っていた「1冊のノート」。そこには死亡した人間の名前が書きつらなっていた。この男は何者なのか?全ての謎が明らかになった時、そこには驚愕の事実があった…。

「デッド・ノート/デス・ノート」に投稿された感想・評価

seishirow

seishirowの感想・評価

2.3
観てる人が置いてけぼりにされてしまうヘンテコホラー。やりたいこと全部詰め込んでみたような。ランボーとか。。
ストーリーは、新人婦警が配属一日目に散々な目に合うというものだけど、ラストシフトという似たような設定の映画とは違いました。サブタイトルがデスノートらしいですが、死神(パケ写の鎌持ってるやつは出てこない)が悪いやつリストを持っているのです。でもあんまり関係ないです。その死神に最後、存在を認められてしまう婦警、続編作るのかな?オススメはしないです。
ラストまでは大分退屈かな

巡査部長?のインパクトは良かった
死神出てこないじゃん(^^;ノートも出てこないじゃん!
パッケージでゎノート開いてるけど出てくるのゎ小さな手帳!
手帳開けょ( ・`ω・´)
しかもほぼ関係ない…
ラスト10分だけ楽しめる映画。つかみも悪いしテンポが悪いから中盤眠くなる。
Takuma

Takumaの感想・評価

3.5
相変わらずの邦題とジャケ
デスノート全然関係ないのに、、

配属初日の女性警官の一夜を描いたスリラー(スプラッターホラー?)

登場人物の大半が狂ってるわけですが、まぁでも大したことはない、そう、巡査部長に比べたらね!

物語の中盤で急に覚醒する巡査部長、一体どうしたんだ(歓喜)

巡査部長の狂気で持ちこたえた作品
いぬ

いぬの感想・評価

3.0
グロ描写がなかなかよかったですね。
もう少しテンポがよければ。
終盤のいかれたおっさんには笑ったww
1928

1928の感想・評価

3.3
Netflixで見て良かった
タイトル、パケと中身が違うなんてお門違いの批判をしなくて済む

冒頭の映像で昼食作りながら流し見しようという気持ちを改めた
たくさんグロとスプラッターを見せるのために考えられたみたいなお話。

まあまあ面白いんだけど、色んな意味でスピード感が足りなくて残念。

ウオーキングデッドシーズン6あたりから登場するゴミの山に住む人たちの女ボス役、いやいやもとい!ケッチャム原作の食人族ホラーで野人姐さんを演じたポリアンナ・マッキントッシュ主演ということで鑑賞。

クロウみたいなダークヒーロー的(実際こちらもカラス系)渋い雰囲気で、オープニングはなかなか素敵。
寂れた街の小さな警察署にその夜因果応報にして集まる人々、車で人を跳ねてしまった男、跳ねられたはずの謎の男、学校教師のくせに妻に暴力をふるうDV男、謎の男の怪我を診てる時に急にその男を殺そうとしてしまうクローネンバーグ似の医者、パートナーを組んでいる不謹慎な男女の警官2人組、怪しさバリバリの警察署長、そしてその夜からが初勤務の女警官(ポリアンナ)など、あれ、あと1人が思い出せない…まぁ、いいか。

こいつらが、どいつもこいつも、どうやら裏の顔を持っていて、それがこの謎の男の奇妙な能力によって露わになってその夜深夜12:00までに次々、ボッコボッコ、グッシャーみたいな感じで死んで行くというか殺し合いというか。。。みんな狂ってる。

署長のキ◯ガイっぷりが最高に素晴らしい!

もち、ポリアンナ演じる女警官がヒロインとして、その狂乱に立ち向かうんだけど、アクションがなんか緩くて残念。

謎の男をリーアム・カニンガムが演じていて、苦みばしった渋いオッさんダークヒーロー誕生か!?って感じだけど、いかんせん警察署の檻の中で、ただじーっとして、「ふふん、お前らの悪事はこの俺が知っている…」って感じで呟いているだけです。
彼がね、何者なのか?ってとこに、なんていうか、まったく興味湧かなかった…ごめん。

しかし、このラストには驚いた!

えーーー!?!?そっそんなふう〜なの?
まさかのちゅーーー❤︎ ???もっと若い男にしてやって〜!

で続編狙い?

でも、そんな終わり方されると、この後が気になってしゃーないから、多分2が出たら観ちゃいそう。
2014年のイギリス映画です
ジャンルで言えばスプラッターかな
日本での劇場公開時は「デスノート」だったようですが
DVD発売の時に「デッド・ノート」に変わったようです
集英社に文句を言われたかな
しかし原題は「LET US PREY」です

これは日本の配給会社が悪いですね
日本の有名な「デスノート」と全然話が違います
関係ないです
この映画ではノートは重要ではないのです
この邦題を考えた人は減給ものでしょう
製作者達が苦労して作った映画をダメにした

で内容は
特にグロが好きな人にはおすすめです!
結構グロさはあります
ボッコボコです
流血たっぷりです
死体(刑務所外でも死体があるのです)や
殺され方がエグいです
久しぶりに納得できるグロ映画を観たかなという感じです
私にはまだまだグロさが足りないですが
苦手な人、耐性のない人はかなりグロく感じると思います

ストーリーも初めは戸惑うかもしれませんが
段々わかってくると思います
決してわかりにいことはないかなと思います

そしてイカれた巡査部長が特に最高です
一度署を出てある現場に行き戻ってくるのですが、その時の姿が上半身が裸で、身体中が血で真っ赤で針金を身体中に巻いてライフルを持った
イカれたコマンドー野郎で署内を銃乱射
これはマジ最高!
まあ他の奴等も頭がおかしい変人ですが
だから・・・・なのです

ラストも結構好きかな
1つ突っ込みたいのですが
対した事ない突っ込みですw
だからまあ映画(作り話)だしいいかw
ラストが原題の「LET US PREY」を表現していると思います
これすぐ訳せますね
そうこの映画は宗教とスプラッターを混ぜた映画なのです

こんな映画が変な邦題タイトル、ジャケットのために埋もれてしまうのは勿体ない
もっと評価されるべき映画です
ホラー、スプラッター、グロ好きな人はぜひ観ていただきたいです

久しぶりに満足の行くホラー映画です
ナイス、イギリス
「インブレッド」と同様
今作みたいにもっとグロいの製作してくださいよ!
TRASH

TRASHの感想・評価

3.0
■記録。

>確実に釣り目的だけで作られたパッケージが原因で評価が低くなっている…。日本での劇場公開時は『デス・ノート』、と大胆にもそのままのタイトルだったはず。

パッケージはともかく、それなりに楽しめる内容E.
めっちゃ良い話しじゃないですか?
なんでこんなに評価低いのかナゾナゾ。
パッケージも邦題も全部忘れて観てほしい。なんも関係ない!!というネタバレだけさせてほしい。
ラストシーンの彼からの勧誘と誘惑の言葉がとんでもなく魅惑的で、あんなのハイって言っちゃうよね。
>|