アニー・イン・ザ・ターミナルの作品情報・感想・評価

アニー・イン・ザ・ターミナル2018年製作の映画)

Terminal

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

ロンドンの地下鉄の終着駅のとある街 ダイナーで働く女には別の顔があった 妖しい謎の美女として街の裏側で起こる厄介ごとを密かに片付け始末する ダイナーにやってくる一見何の関係もない客たち 実はアニーには目的があり、それは壮大な復讐劇のはじまりだった―

「アニー・イン・ザ・ターミナル」に投稿された感想・評価

miya

miyaの感想・評価

3.0
初日に鑑賞。
予想通り不思議な世界観でよかった〜
ただオチとかは途中で予想できたのが残念だったなぁ。
世界観とマーゴットの美しさを楽しむならいい映画!
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
M.ロビーやS.ペグら豪華キャスト、意外な展開とスタイリッシュな映像で見せるサスペンスなんだろうが…。何より終盤のネタの後出しオンパレードには幻滅。アニーとビルの台詞応酬も実は見処ではあった。
アタフ

アタフの感想・評価

3.5
一応マーゴット・ロビー主演でサイモン・ペッグなども出ている映画なのだが、今のところ新宿シネマカリテで一日一回しか上映されていない。

そんな状態もあってか劇場は満席でした。それにしても新宿シネマカリテのスクリーン1というのは見にくい作りになっているものです。画面が座席の中央に対して右寄りに配置されているため、左端の席を取ってしまうと角度がありすぎて首が痛くなること間違いない。
皆様も新宿シネマカリテのスクリーン1のチケットを取るときは気を付けて頂きたい。

それはさておき映画の内容ですが…

これはネオンノワールという表現が正しいのかもしれない。
ぶっちゃけ"雰囲気9:ストーリー1"ぐらいのバランスの映画なんで分かりやすいストーリー展開なんかを求めてくると面食らってしまうだろう。

美しいく妖美なマーゴット・ロビーが煌びやかでギラギラしたネオンの中で繰り広げる犯罪物。

"絵作り"と"雰囲気"は凄くイイですね!!私はこのようなノワールの雰囲気は大好物なので楽しめたのですが、まあ、それ以上でも以下でもなかったというのが正直な印象。このストーリーは凝っているのか凝っていないのかよくわからないしハッキリ言ってそんなに面白くもない。終盤に急展開を見せるのですがそれも唐突過ぎてちょっとね…

ですが、ですが、終盤のナース服のマーゴット・ロビーの狂気じみた演技は素晴らしかった!!あそこらへんのシーンは狂気じみててとっても良かったよ!!

予告編をみて「この雰囲気好き!!」って思える人なら見てもいいかもしれない。それ以外の人は見ないほうがいいよ!!特にサイモン・ペッグが好きだからという理由だけで見ようと思っている人は止めたほうがいいよ!!
マーゴットロビーが魅力的な映画。
何も考えず期待せず、見てほしいです。笑
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.3
うーん、面白そうに見せかけて結局そのオチかいとちょっとガッカリ。ストーリーの展開の仕方がちょっと...。絵的には面白そうに進んでいくのにね。。。まあでも、マーゴット・ロビーが美しく妖艶でそこだけは見応えあり。
miho

mihoの感想・評価

-
思わず笑っちゃう
そんなシーンが多かった

ポジティブに前向きに
目的は絶対ブレさせずに

目的があるからここに来た
迷うこともなく
それを達成させようと過ごす姿

そして
どうやったら達成できるか
考えながら
支援をしてもらいながら
行動していく姿

その中で
友情、恋愛
いろんな体験もして
目的を達成させる以外にも
たくさんの財産が彼に残った

『困難も越える強い想い』