神様メールの作品情報・感想・評価

神様メール2015年製作の映画)

THE BRAND NEW TESTAMENT

上映日:2016年05月27日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに憤慨した10歳の娘エアは、一歩も出たことのなかったアパートから家出することを決意!その前に、家族は立入禁止となっている父親の部屋に忍び込み、パソコンを勝手に使って世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送…

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに憤慨した10歳の娘エアは、一歩も出たことのなかったアパートから家出することを決意!その前に、家族は立入禁止となっている父親の部屋に忍び込み、パソコンを勝手に使って世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送ってしまう。そして膨大な人間ファイルから選んだ数名を一人一人救済しようと街に繰り出すエア。彼女を追って“神様”も街に出るのだが…。

「神様メール」に投稿された感想・評価

Norie

Norieの感想・評価

3.0
子供を虐待する話は一番嫌いなジャンルなので、序盤はイマイチだな〜と思っていましたが、ファンタジーコメディーであることがわかりホッとしました。
世の中の不幸な出来事はクズ神のせいだという設定で始まり、キリストの置物がJC兄貴だったり、6人の使徒のそれぞれのキャラクターも非常にシュール。ただエアちゃんだけが素晴らしく良い子なのです。ドルマン監督の穴というものがあったら、15分間頭の中に入ってみたいものです。
ラストは綺麗な感じで、無能な母親で終わらなくて良かった。
そら

そらの感想・評価

-
余命は知りたくないなぁと思うと同時に、あ、明日にでも死ぬのかもしれないのかとも思う。

かわいい。笑
うりこ

うりこの感想・評価

2.9
うーん。シュールなのかな?

途中飽きたけど、見終わった。
特におすすめはしないかなー。
Yuichi

Yuichiの感想・評価

2.0
内容は全く理解できない話ではないしちょっと面白いところもあるんだけど、テンポがゆっくりすぎて退屈する。少しずつ怪我が増えてくケビンがちょいちょい笑える。ベルギーの映画なんて初めてみた。
akiko

akikoの感想・評価

3.9
この映画のあとに自分に問う。避けられない寿命を恐れるより、大切にすべきことはなんだろう
運命論は昔から信じている。 物事は起こるべくして起こる、若くして死のうと、自ら死のうと、事故で死のうと、それはもうはじめから決まっていたことなのではないかとおもうのだ
マイナスに捉えられがちだが、むしろ私は、運命論を信じることで、普段の選択の全ては最もベストなものを選べていると確信できる。その選択をすべくしてしたということ ある種、神や仏といった私を超越した存在の何かが定めたことなような。だから苦しくてもそれがいまはベストな状況で、そしてまた状況は変わっていくんだと思っているし、思いたい
簡単に言えば、人は死ぬ時は死ぬし、死なない時は死なない

そしてこの作品は本当に音が豊かだとおもう
音楽も ラ・メール 愛と孤独 いろいろな素晴らしい曲が使われていたがそれと同時に音を表す言葉も豊かで、「大理石の階段を転がる真珠のような華やかな笑い」「30人の男がくるみを割るような声」など、綺麗な表現だなと感じた

またグッときたことばの一つは、「人生はスケート場だ。 大勢が滑って転ぶ。」
大切にしたい
邦題に比べて内容はちょっととっつきにくい聖書関連
自由で横暴なやり方の神様。神様である父のやり方に疑問を持った娘エアが世界中に余命のメールを配信。父の怒りをかった娘エアは家出した。余命を知った後の人々の行動とは…エアに選ばれた6名の運命。
平和でファンタジーな独特の世界観の作品だった。
natsuno

natsunoの感想・評価

4.5
聖☆お兄さんと似たようなあらすじ(笑)

神はクズすぎた
Fuu

Fuuの感想・評価

3.5
神様が超イヤな奴(笑)。
その神様の10歳の娘の奮闘気をコミカルに不思議な世界観でみせてくれます。
じゅら

じゅらの感想・評価

3.2
シリアスだったりほっこりしたり場面展開が激しかった
>|