ノア 約束の舟の作品情報・感想・評価・動画配信

ノア 約束の舟2014年製作の映画)

Noah

上映日:2014年06月13日

製作国:

上映時間:138分

3.1

「ノア 約束の舟」に投稿された感想・評価

SEA

SEAの感想・評価

3.6
こんな話だったんだーって驚きのstory
ハムの行方も、あの双子の行く末も、気になる
サルサ

サルサの感想・評価

1.5
意味わからないし、役者の無駄遣い。これ系で面白かった試しがない。
童貞にとっての悲劇の映画、たぶん

旧約聖書にあるノアの箱舟の映画化みたいなもん、ノアであるラッセルクロウは人間に村を襲われ怪我した少女エマワトソンを助ける、数年後神のお告げを聞き、神が罪深き人間を滅ぼすために大洪水を起こすと知る、堕天使であるゴーレムの協力を得て巨大船の建設を始める、それを知った人間達は洪水の日に船を奪還しようと襲いかかるがゴーレムと戦い船を守る、大洪水が起きノア一族と多種多様な生き物は助かった、長男嫁のエマが妊娠するが、ノアは神は人間を滅ぼすのが目的だと思い込み子を産める女が生まれたなら殺すと言い始める、一方次男は相手がおらず父親に少女を懇願するが一蹴され童貞確定、エマに双子姉妹が生まれ父親が殺そうとするが殺せず号泣、陸を見つけ上陸して生活を始める、そのうち童貞次男はメスを探しに旅に出るとか、なんやかんや他の家族は仲直りして終わり
終わり方も意味が分からず、旧約聖書の内容とも違いすぎ、クリスチャンはどう感じるのだろうか、エンターテイメントとしても宗教映画としても中途半端、何を伝えたいのか意味不明、ゴーレムは堕天使のくせに人を虐殺しすぎ、もう一度見る価値はない
Norway

Norwayの感想・評価

2.7
ノアの狂気。
サブタイは、これでいいんじゃないのか。
善人だから選ばれたわけではない、神に忠実だから選ばれたのだ
今の人類は、彼の子孫なのか?

ストーリー的には、聖書を元にしているため、無理やりな部分もあって力業で映像化している印象。山場を作るのが難しかったと思うけど、意地でも洪水シーンだけで終わらないという意思を感じた。

中世は、聖書の内容を絵画にしてイメージを共有していたけど、現代では その役目が映画なのだな、と感じる一本。
丸木

丸木の感想・評価

3.3
劇場版ノアの大洪水

【原作】作者不詳(BC5C~BC4C)旧約聖書『創世記』(6章-9章)

あの世界で一番読まれた聖書の一部映画化。ジョン・ヒューストン(1966)『天地創造』では、創世記の全ての話を映像化していた分、こちらの方がノアの話にじっくり浸れる。

アダムとイブの3人の子供のうち、アベル一族とセト一族の因縁の戦いが展開され、MCUに登場しそうな岩の天使が戦う。

人類をほぼ滅亡させる勢いの神様には恐れ慄くしかない。

このレビューはネタバレを含みます

とにかくCGが凄かったなぁ

人間は絶えなきゃいけないなら
なぜ自分の家族だけ助けて良いの?

姉妹でどうやって産めよ育てよするんだ...
やすぅ

やすぅの感想・評価

2.0
ラッセル・クロウ主演の聖書のエピソードを映像化。この映画の面白味はSFXを駆使した壮大な映像表現だけだと思う。
-review-
・1度観たらいいや作品[★2.5]
-labeling-
・ノアの方舟物語のお話
-memo-
・エマちゃん美し可愛い
・ホプキンス出てます
聖書の創世記をリアル化って
難しいと思うのですが、
今の人たちにも
わかりやすくしてくれていました。

愛は万物の奇跡であり
軌跡なんだと感じる映画でした。
ひいろ

ひいろの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

役者や映像は悪くなかったけど、面白いと感じる部分が全く無かった…
宗教にあまり興味が無いからか世界観もよく分からず、結局何が言いたいかもよく分からず。

顔が良いだけの長男、成長しても赤ちゃんの時と変わらぬ存在感の無さの三男。
唯一物語を動かしそうな次男もどっちつかずの感じで、いっそ闇堕ちしてくれたほうがストーリー性が上がったのでは。

長男の子供が男なら生かす女なら殺す、って、いやいやエマワトソン生かしといたら意味ないじゃん。

木いちごが食べたいおじいちゃんが可愛いだけの映画。

同じ題材の別映画をむかーし観たけどそっちのほうがマシだった気がする。
>|

あなたにおすすめの記事