ノア 約束の舟の作品情報・感想・評価

「ノア 約束の舟」に投稿された感想・評価

ノアの箱船をテーマにした叙事詩。結構聖書の内容と違う(特に乗船後)ので、あくまでノアの箱船をベースにした話として観る必要性がある。ただCGとかはすごい迫力あったし、岩石になった堕天使とかのデザインは結構秀逸だった。

ただ、ノアが過激な反人間主義・環境主義者として描くのが謎。原罪を負った人類の絶滅のために、女の子が産まれたら殺すとか言い出して、息子に「狂ってるのか?」と言われる始末。なお、舞台は中東なのに白人が演じるので”ホワイトウォッシュ”とも批判があるらしい(米国映画だし仕方がないと思うけど)。

前半だけなら良かった。人間の葛藤を描き語ったのかもしれないが、後半のノアの暴走とかは不要だと思う。
ノアの方舟ですね

ダーレン監督にしては普通の映画でした。
評判があまり良くなかったのは知っていたので、それを踏まえた上で

CGは綺麗でした。
が、岩男たちの動きが不自然…

人間が地球を破壊してるのは言わずもがなです。
創造主が憤慨するのも当然でしょう。
宗教が根付いている国ではどう評価されるんですかね?
野生児

野生児の感想・評価

2.4
旧約聖書はほぼ知らないで鑑賞。
どれくらい知らないかは以下の程度。

モーセとかの五大預言者のひとりノアの話。
神様が言いました。
なんか人間て勝手だから一旦リセットするわ。これからずーっと(7日か4週間か40日のどれかうるおぼえ。)雨が降って、地球が沈んじゃって、きれいになったらもっかい繁栄って手段でいくので、優秀児なノアくん、船作って、いろんな動物のペア乗っけて生き残ってね。
それが、ノアの方舟。
その後鳥を何回か飛ばしてオリーブ咥えて帰ってきたので安心しました?的な話。

結論、深くまで楽しめるほどは、よくわからないでした。

緊迫感とか、迫力はすごく感じたので映画を楽しんでる感はありましたが、ストーリーの背景にある矜持などはきちんと説明されないので、ちゃんと楽しみたいならざっくり楽しめる旧約聖書みたいな本読んでおくべきなのかな。
書いてて思ったけど、見る前に予習しないといけない映画なんて、なんだそれ!?なので特殊なんだろなぁ。
宗教が教育として根付いてる地域だから成り立つ映画なんだろね。
のばら

のばらの感想・評価

3.3
映像は良いしかっこいい画面があると思ったけど、内容にあまり興味がわかなかった。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
ママに連れられ映画館で見たけど興味深い話だった。真剣に見てしまった。
アダムとイブが犯した罪。
カインがアベルに犯した罪。
そして人間が犯した罪。
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.0
うーん、スケールは大きくて迫力満点だけど、ストーリーはいまいちよくわからない。ラッセルクロウの演技はさすがでした。
スペクタクル!
ノアの信心深きことよ。ホラーの域。
この世界と人間のダイジェストの映像がかっこよかったです。
日本列島、年々ひどくなる雨、巨大化する台風、酷暑。100年後の日本は誰も住めなくなるのか?観てノアの方舟と重なってしまった。
Malgosia

Malgosiaの感想・評価

3.0
小学校〜大学院まで、カトリックやプロテスタントの学校に行っていたので、ノアの箱舟の話は知っていた。

その箱舟の話を実写した作品が、この映画である。

聖書とは、違う部分が少しあったが、聖書の話を照らし合わせながら、視聴した。
>|