ザ・イエス・メン(原題)の作品情報・感想・評価

「ザ・イエス・メン(原題)」に投稿された感想・評価

https://www.youtube.com/watch?v=os3ord5-8rM&list=PL9pxGduRvt37SmMbrjazs7sOW5P6b5IkH&index=26
sunaimai

sunaimaiの感想・評価

4.8
「松島町山未公開映画を観るTV」で紹介された中で、最も衝撃的だった作品。
世直しプレゼン芸とでも呼ぶべきか、真剣にバカバカしい内容を発表し、金に目の眩んだ投資家連中が本気にしている構図が面白い。相当の知性がなければできない芸当。日本国内でも字幕入りの メディアで残してほしい。
昨日だったかな。久しぶりにイエスメンの名前を聞いたのは。ワシントンポスト紙を装い“トランプ大統領辞任”の号外をバラまいてニュースになってました。
彼らの巧みなところは企業や組織をオカシイだろと批判をするんじゃなくて、その組織の人間になりすます。我々はこういう意見です、と堂々とテレビに出演し真面目にバカな講演する。それを見た人がこいつらおかしくないか?と疑問に思ったり気づいたりメディアに取り上げられたらしてやったり。ただ頭の良さそうな大人達の方が講義を聞いても何も感じてない様に見えた。奴らの心はもう死んでいる。
イエスメン日本に来てくれないかな。
見られて良かったと思ってるし、やってることは面白いんだけど、なんだろなぁ、そこまで楽しめなかった。

彼らのキャラクターが単に好きじゃなかっただけかも?

でもやってることは応援したい😑!
WTO職員になりすまし、世界で珍妙な(先進国で消費された食べ物の排泄物を後進国で食べ物にして飢餓対策を解決しよう、南北戦争時代にはあった奴隷制度は無くなってしまったが安い労働力で後進国の国民を雇えばOK、WTO解散発表)講演をする人たちのドキュメンタリー映画。

真っ向から抗議をするのでなく、批判対象の組織の人間になりすまし、その組織の実態を皮肉って、組織の論理を突き詰め先鋭化させ、やっていることのおかしさを白日の下に晒す手法はとても痛快。

しかし彼の講演はめちゃくちゃなことしか言ってないのに、大真面目に聞いちゃって、人間は見た目が10割なんだな~、と面白い、うふふ、あほくさ。
Pernettya

Pernettyaの感想・評価

3.4
グローバル化に逆らうお笑いテロリスト。
けっこう大掛かりでとんでもないことしちゃってるけど、肯定しながら人々に本当は悪いことだと気付かせ訴えかける手口はとても頭が良いと思う。さすが大学教授。(こんなことして本職の方は大丈夫なのかとちょっと心配だけど)
ただ単に反対行動を起こすだけではここまで人の心を動かせないですからね。

日本では訴えられちゃいそうな事もアメリカだから大丈夫というのもあるのかな。
でもいつか日本にも来て欲しい!
その時は日本向けの上手いやり方でテロを起こすんでしょうね。
タマル

タマルの感想・評価

1.3
テロリズムに反感があるから?
イデオロギーに欺瞞を感じたから?
個人的に性格が嫌いだから?
色々あるけど結局これに尽きる。


スベってる。

あなたにおすすめの記事