ジャマイカ 楽園の真実の作品情報・感想・評価

ジャマイカ 楽園の真実2001年製作の映画)

LIFE AND DEBT

製作国:

上映時間:86分

3.6

「ジャマイカ 楽園の真実」に投稿された感想・評価

なぜそんなに欲しがるのか

人の苦しみの上になんて
自分の幸せは
成り立つのだろうか?
Mai

Maiの感想・評価

3.0
IMFとかそういう国際機関の役割分かってなかったけど、なるほどと思った。
安いもの買うのがいいってわけでもないし、なんというか一筋縄ではいかない難しいことなんだなと思った。
政治、経済、観光について知れた気がする。
ゆーか

ゆーかの感想・評価

5.0
知らない現実を知れる。
自分の中の先進国とりわけアメリカへの考え方が変わる。
luiKoyama

luiKoyamaの感想・評価

3.0
ツーリズム論の授業で観た

観光客から見えるジャマイカと実情を対照的にテンポ良く展開していって、心地いいサウンド流れたと思ったら一気にシビアな現状見せられて考えさせられた、でもなんだか同じ事繰り返し言ってるだけだったなぁ
Gotoshima

Gotoshimaの感想・評価

3.8
音楽というよりはグロバーリゼーションの問題について考えさせるドキュメンタリー。今の方がピンとくる問題かもしれません
Hisako

Hisakoの感想・評価

4.0
やっと見つけて鑑賞。ジャマイカの美しい景色と、希望が見えない国民の生活とのコントラストがものすごく印象的だった。IMFのエゴさたるや。
メメ子

メメ子の感想・評価

3.0
記録。
大学のレポートの資料として。
最近だんだんとアメリカの闇の部分がわかってきました。闇というか、ずるいというか。
ジャマイカの実状について。自国の生産力が弱いのは、国土の問題もあるが、技術力が足りないからではないか。教育に力を入れるべきではないかと思う。観光業に力を入れざるを得ないという事もあるかもしれないが、それを差し引いてもあの国民性はあまりに魅力的だ。なんとか頑張ってほしい。
あんなに働いて2週間で3000円、、俺なら死にたくなるわ多分
ちろる

ちろるの感想・評価

3.8
レゲエ、ラスタの文化、美しい海。
暖かい楽園のジャマイカにひとときの休息をもとめ観光にくる外国人は後を立たない。。
しかし実際はアメリカを始め、周辺の先進国が食い物にされ貧困にあえぐ国民がそこに居る。
レゲエの音楽に癒され、ジャマイカに憧れ、自由で陽気な国を想像していた自分がどれだけ恥ずかしかったことか・・。
レゲエの音楽に乗せられた深いリリックの意味をもう一回聞かなければならない。
先進国に見捨てられそうになっている、国民達の矛盾と不満に満ちた訴えを。
これを観てほんとうによかった。
>|