シング・ストリート 未来へのうたのネタバレレビュー・内容・結末

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アイルランド映画。映像やテイストがノスタルジー!

家庭の事情で転校し、モテたいためにバンドを始める15歳。
最終的には恋人も手に入れいじめっ子も仲間になり、本格的にバンドをするためイングランドへGO!

序盤は荒れた家庭環境や学校だったり、何か閉鎖的な空間が漂ってる。重め。
それを地味な主人公達がめちゃくちゃ格好良いバンド組んで浄化していく感じがたまらなかった!
家庭や学校は勿論、それ以上にアイルランドの閉鎖的な社会から若者が精一杯抜け出したいとするメッセージが終始伝わってきた。

あと兄貴が良い奴すぎた!!
最後のハグとガッツポーズに涙腺壊れた。

バンドストーリーとはいえ音楽好きのみならず、とにかく前向きな気分になりたいときにオススメな一作!
サントラが欲しい
Back to the future大好きだからオマージュしたステージが◎
衣装がかわいい

お兄ちゃんが良かったな
ちょっとカートコバーンに似てる
港で2人を見送って飛び跳ねてるの可愛い

小さなボートで英国に渡る展開は予想外でえぇ!本気で…!?と思ったけど歌詞も相まって泣いてしまった
自分で決断して踏み出さないと何も始まらないよね…
音楽が良かった。
兄に勧められる音楽に影響されまくりなんだけど、歌詞がどんどん主人公の実体験になってくる感じ。
あと兄ちゃんめっちゃいい奴。ただ兄も実は悩みとか葛藤があったり。
エイモンと歌詞を考えて、メロディー付けて、いつの間にかバンドになってるシーンが好き。

黒人の子とかホモのリズム隊の話がもう少しあれば最高だった。
新しい未来に希望を抱く若者たちの物語。
一曲一曲がとても素敵!ストーリーが進むにつれてワクワクした。続きを色々想像したくなる作品。
いいじゃん、爽やかじゃん、全体的に画は80年代チックで可愛いし、曲作りのシーンなんかめちゃキュート、
でも強いていうならバンドメンバー一人一人にフォーカスしたシーンが少ないのといじめっ子との絡みが意外とあっさりしてて、あの子も大変やん、本当は可愛い子やんってすぐなった。あとラストのラストがほへ?って感じ、恋の様子も可愛かったんだけどしりすぼみ感はほのかにあり。あと兄貴のギターみたかった。
「上手にやろうとするな、それがロックだ」とりま兄貴が一番かっけえわ。恋、友情、色々ほっこりするテーマが盛り込まれてるものの、一番はやっぱり兄弟ってすげえ!!兄弟って存在いいじゃん!!って感じました、この映画のお気に入りハンサムボーイはマークマケナです、かわいいね!!
ルーシーちゃん見たさに、どんな格好も似合ってる。青春×音楽。でもラストが突っ込みどころが多くて微妙でした。
歌がすごい好き!!!

途中で、
めちゃいいやん!ええ感じやん!
って思ったらそれは夢?妄想?で
騙された感やばくて叫んだ笑

いじめられっ子がバンドを組んで
いじめてた子も手下?につけて
成長するんやなって

曲作る2人が天才的すぎてすごいわ
主人公が鬱屈した日常から飛び出していく物語。トラブルなんてのは些細なことで順風満帆、簡略化されてる印象。
相談相手としての兄が優秀すぎた、最初から最後まで。格好いい。
両親の喧嘩中に兄貴の部屋に集まって音楽を聞き、ダンスを踊るシーンが印象的だった、自分にも似た経験があるから。
音楽も良かった。
「アクセルを踏み込め」て歌詞が後半に効いてきた。最後シーンが雨の中、船を走らせるっていうのがイマイチだったけど…。
「はじまりのうた」にそこまでハマれなくて後回しにし続けていたが、友人からの猛プッシュを受けようやく鑑賞。いや〜いい映画だった!!

「音楽を利用してるだけ」「最後に女を選ぶのが、音楽への愛が感じられなくて不快」って言ってる人結構いるけど、人生なんてそんなもんでしょ。
みんながみんな、最初から運命的にのめり込めるものに出会えるわけじゃないじゃん。俺だって映画は好きだけど、別に高尚な思いがある訳じゃないし、惰性で観ちゃうことだってある。でも、それでも確かに俺は映画が好きなんだよ。
それはこの映画の彼らも同じだ思ってて、きっかけは両親の喧嘩ばかりの空気が嫌でギターを弾いてたことかも知れないし、好きな女を振り向かせたくてバンドを始めたことかもしれない。でも、確かに彼らは音楽にのめり込んでいって、確かに音楽を好きになっていったのが伝わってきたよ。
最後に女を選んだのだって、別にいいじゃん!それが目的で組んだバンドなんだから!女より音楽を選ばなきゃいけないなんて決まりはないでしょ!?

側から見たらどうしようもない理由かもしれないし、途中で違う方向に進んでしまうこともある、それでも“今”俺はこれがやりたいんだ!って熱い想いを持って行動に移せる人間には、きっと見知らぬ誰かが手を振ってくれるんじゃないかな。

“音楽映画”という1ジャンルに落とし込んで、今までの自分みたいになかなか興味を持てない人がいるのはもったいない。
“夢破れた者”と“今夢を追う者”が織りなす、普遍的青春映画の傑作でした。

一つだけ、普遍的なテーマの映画とはいえ、やっぱりメインの題材であるUKロックに詳しかったらもっと楽しかったんだろうなと思う。デヴィッド・ボウイがどういう立ち位置のアーティストなのかとかあんま知らないから、先生とのメイクのやりとりとか真の意味では理解できてない気がするので。
ラフィナきれいだった!
ストーリーはあんまりはまらなかった。
最後の方の校長に向けた歌はスカッとした!
>|