ビルド・ア・ガールの作品情報・感想・評価・動画配信

「ビルド・ア・ガール」に投稿された感想・評価

Chii

Chiiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりハードな内容だったけど、最初と最後のシーンは大人のおとぎ話のようで、想像力豊かで好き…!!!
等身大のヒロイン、異端で生きづらさも感じながらも、跳ね除けて前へ進んでいく姿勢はカッコよかった。やりすぎて大変なことになっちゃうけど…💦それでもそこからやり直す、失敗を受け入れる強さがあって好き!!!
自分作りっていう訳も素敵。
Shiho

Shihoの感想・評価

2.1
「イケてないけど自己顕示欲の塊」のような中2病期の若者を演じさせたら今はナンバーワンのビーニー・フェルドスタイン

あれ?ブックスマートの舞台はアメリカだったような…と思っていたら、イギリス訛りは演技なのだそう

これがほぼ実話というのがイイ

恥ずかしくて、傷ついて、「もう終わりだ〜!!!もう死んでしまいたい!!!」思ってからが本当のスタート

何度も繰り返すけれど、みんなそこから学んでいく

そこから強くなれる
さえないティーンだけど、どこか応援したくなる魅力があるビーニー・フェルドスタインはハマり役。
妄想シーンとかすごく面白いし可愛い。
そして、ジョンカイトがかっこよすぎる。
ミュージシャンであんな紳士いる?ってくらい紳士。最後も懐深すぎて完全に惚れました。

とても気軽に観れる映画。
k

kの感想・評価

3.6

人物を形成し、探す。

いわゆるティーンの女の子な姿
強がっちゃうし、でも現実を知ると
自分がわからなくなる、、、

自分というミステリアスな存在に
どん底からも立ち上がってゆく
ジョアンナのマインドが
揺れてブレたりもするけれど
基本的な思考が、キラキラしてて
これぞ10代!
あの頃の勢いって大人になると
欲しても取り戻せはしないから
青春してて羨ましくもなりました。

映像を彩る同人誌的演出や壁の貼り紙
など、観ててとても可愛かったです。
つや

つやの感想・評価

3.8
凄くキュンとした。
10代の頃の何だか訳の分からない自信や夢や、妄想して憧れの偉人(飽くまで個人的な)と妄想で会話しちゃう所とか、ガンガン行動しちゃう所とか、訳も解らぬ内に非行に走っちゃう所とか、突然落ちて自傷しちゃう所とか

彼女は何だかんだ言っても成功者。
現実は そう上手くは行かないよ…。

…でも何だか懐かしい気持ちにもなったのは確か。
おてら

おてらの感想・評価

3.5
ホテルiPad。

調子乗って無茶苦茶やってるところはちょっと見てられないくらいだったな。
哀れとか憤りとかじゃなく、単純に恥ずかしかった。

環境が人を作るってのはやっぱりあるよなぁと再認識。ちょっとスタンフォード監獄実験を思い出した。思い出しついでに軽くググッたらなんか捏造疑惑とか出てるのね。

それにしても主人公の女の子は調子乗りすぎだし、こき下ろしたバンドに謝罪するってのも、なんか自分本位に感じてしまった。情状酌量の余地もあるけど、俺はギリギリ嫌いだわ笑
まあそれよりもあの雑誌の連中が嫌いだけど。

お兄さんめっちゃいい人。
ジョンカイトもめっちゃ器デカい。
Nico

Nicoの感想・評価

3.0
人生山あり谷あり。女子高生で人生の半分くらいの苦い経験を味わう。

道を踏み外しても生きていればなんとかなる。
あくまでフィクションの中でだけどイギリスの中流家庭のドタバタしてる感じ好き
冴えないデブの高校生が、辛口音楽ライターとなり、音楽業界で奮闘する姿を描く青春ドラマ。

出演にビーニー・フェルドスタイン
共演にパディ・コンシタイン、サラ・ソルマーニ、アルフィーアレンほか。

本作で驚いてのは、16歳役を演じた主人公の「ビーニー」がこの時26歳だったこと。
そして、イギリスのコラムニスト「キャトリン・モラン」が自分の学生時代の経験を綴った自伝小説『How to Build a Girl』を実写映画化した実話に基づく作品だったこと。

本作の評価の是非は、主人公に魅力を感じるか否かで、この映画の評価は真反対になるでしょう。
私は主人公が、わがままで傲慢な思い上がったガキにしか見えなかったので低評価になりました。
しかし、彼女の演技は良かったと思う!
Yoshiem

Yoshiemの感想・評価

2.0
WOWOWにて鑑賞。ストーリーはよくある単純モノ、先が読めた。ジョアンナは結構美人、髪の毛染めないほうがいいけどね。お兄ちゃんがなんだかんだ言って優しくて味方してくれる。期待してたほどの山あり 谷ありのサクセスストーリーではなかった。
>|

あなたにおすすめの記事