リトル・ダンサーの作品情報・感想・評価

「リトル・ダンサー」に投稿された感想・評価

chinao76

chinao76の感想・評価

4.5
ビリーいけめん。だっどまじファックオフって思うけど後半ほんとグッドだっどだった。最後鳥肌立った〜
自分の仕事とビールの味しか知らなさそうな親父が、自分の「いま」より子どもの「未来」を選択するシーンは涙無しには見られない。なにか大切なときに見たくなる映画
1000

1000の感想・評価

4.3
よき。
子供ができたら、夢を応援してやれるだけの経済力をつけなきゃな……と痛感。

ビリーの試験中、そわそわしている父親が抜群に良かった。合格発表のシーンもそうだけど、気が気じゃないよね。

ところで、TUTAYAで借りてきたDVDが欠損してて一部再生できなかった。怒りがすごい。円盤叩き割って、関係者各位のケツにブチ込みたい。
あや

あやの感想・評価

-
厳格で頑固な父親と、大きな夢を抱く息子。
炭鉱町に住む親子は『遠い空の向こうに』と重なりました。

真っ直ぐに夢を追いかける子どもの姿ほど、キラキラと眩しいものはないなぁ。
ビリーが愛しくて愛しくて堪らんかったです。
親友マイケルや、ビリーを好きなデビーとのやりとりも可愛くて仕方ない…!
父、兄、祖母、ウィルキンソン先生、ビリーを取り巻く大人たちの、ビリーへの愛情にも胸を打たれました。
そしてラスト…かっこよすぎて鳥肌が立ちました。お父さんの表情にも胸が熱くなりました。

あぁ 素晴らしかった。また観たい。

あと『トップハット』がまたまた登場してびっくりした。
本当に映画にリスペクトされる映画なんだなぁ。
メロン

メロンの感想・評価

4.5




炭鉱で働く頑固な父と性格の激しい兄
少しボケが入ってきてる祖母と
暮らす11歳の少年ビリー
父親の言われるがまま
ボクシング教室に通う
日々を送っていた




ある日隣でやっていたバレエに
興味が湧き
練習するように
なったビリーは
ボクシングの授業料を
バレエに回すようになっる




しかしそれが父親にばれて
叱られてしまうビリー
ビリーのゆくえは、、、!




踊りだけの映画かと
思ってたけれど
家族愛も含まれる素敵な映画だった
ジェイミ・ーベル
素敵な成長過程ですわね
英版フラガール?
自分がバレエやってた時のことも思い出して、もうよく分かんない涙が出た笑
いちいち映えるとこはさすが🇬🇧💂
れな

れなの感想・評価

-
高校の時英語の授業で観た!!
けっこう色んな授業で映画沢山見せてくれて幸せだったな。
oyako

oyakoの感想・評価

-
オープニングではビリーが花柄の壁紙の前で飛んでダンスをしているシーンがあり、登場人物からゲイの男の子、お母さんを忘れない気持ちとバレエの先生に感じる母性、父からの男らしさのパターナリズム、
それらからドランの作風の原点のようなものを感じれて胸アツでした。。

ビリーの熱い純粋な心に動かされる友達、家族、先生、周囲の人たち
ダンスを踊るシーンはビリーの言葉にならない気持ちが感じれてキュンとします

(きょこはんに、大好きなkings of convenienceのI'drather dance with youの動画を見せた時にリトルダンサーみたい!っていってたので気になって見たくてやっと見れました〜)
ダンスで泣くとは思いもせず…いやはや感動しました。
ビリーの父親の複雑な感情も、言葉少なに描いていたのがよかったです。時代を彷彿とさせる炭鉱ストの様子も同時に描かれていて、ビリーに感情移入しやすかったです。

ビリーのことを好きだった近所の男の子があまりにも美男子で、彼が何か喋るたびに思わずニヤニヤしてしまいました。美男子好きの方にはきっとたまらないと思います。

少々残念だったのが、一番の感動クライマックスを最後に持ってきてほしかったなあというところ…。やはり山場は父親に対して怒り狂いながらも踊りまくるところだったのか、、。もう一山ほしかったです。
観よう観ようとずっと観てなかった作品!

主人公の成長だけじゃなくて家族や友達など登場人物それぞれの葛藤が描かれていて良かった!
全員の気持ち理解出るからこそ前半から中盤は観ていて辛かった!


オーディションの結果を家族で待ってる感じとかやっぱりステキな家族だなーと思えた!

お兄ちゃんの「I miss you」ずるすぎない?あんなの泣けるに決まってる笑笑

どちらかと言うとビリーより父親の物語にも見えた!自然ともう一度みたくなるなー

感覚的な でもやりたい事をやる事は大切だなー
>|