リトル・ダンサーの作品情報・感想・評価

「リトル・ダンサー」に投稿された感想・評価

てみこ

てみこの感想・評価

4.0
ありがちなマイノリティー(この作品では男がバレエをすること)が逆境に立ち向かっていくサクセスストーリーなのだけど、

炭鉱不況の時代描写とか、ぎこちない父子家庭の様子とかが生々しくて惹き込まれる
(もちろんダンスも素晴らしい)

THE JAMのTown Called Malice に乗って踊るシーンが素敵
この曲は同じく80年代が舞台のシングストリートでも劇中歌だったはず、、
O2

O2の感想・評価

4.8
泣いた、、、、、

自分に正直に、
夢を追うって素晴らしい、、!
ということを教えてもらいました( ; ; )

家族も友達も先生もみんな
いい人です。

でも、ビリーのひたむきさやバレエを愛する心が周りの人の心を動かしたんだなぁ、と思いました。
DVDにて鑑賞。
ビリーのつい心踊るから、のタイミングで踏むステップの眩しいこと眩しいこと。
父親の愛や先生の愛、あの年の少年特有の友達との絶妙な関係や雰囲気どれも素敵だった!
最後のシーンも大号泣。
また数年たっても見たいなぁという作品
この手の話、だいたい全部親目線で見るようになってしまった
お兄ちゃんもえらいよ…お兄ちゃん…
やっと観た。

イギリス映画て感じの飄々さが良い。

ラストシーンがサラッとしてるけどズドンて来る。
ミキ

ミキの感想・評価

4.6
母に勧められてみた映画です。
夢を追い続ける主人公に胸打たれました…泣ける
carin0122

carin0122の感想・評価

4.6
これはもう、あかん、、、最初から最後までずっと泣く…
ビリーにも、お父さんにも、お兄ちゃんにも感情移入しまくってしまって、、あかん。
この映画、大好きな一本になった。

ラストのアダムクーパーも激しびれる
ハル

ハルの感想・評価

4.0
ダンスシーンがよい。花とアリスの次によい。そして父ちゃんかわいい。
kyoroon

kyoroonの感想・評価

4.4
自分がこういう映画にめっぽう弱いことを改めて認識させられました。
ビリーが初めて父親にダンスを見せるシーンをはじめ、うるっとくる場面が多すぎた
ビリーはダンスもだけど、個人的にはタップダンスの方が印象的だった。

ゲイのお友達が1番のお気に入りキャラクター
Netflixにて。
お父さん役の人が良かった。頑固親父なんだけど、親子愛が感じられた。
ブラス!、フル・モンティ、ディス・イズ・イングランドなんかもそうだけど、この時代のイギリスは色々大変だったんだろうなあ。
>|