リトル・ダンサーの作品情報・感想・評価・動画配信

「リトル・ダンサー」に投稿された感想・評価

marbo917

marbo917の感想・評価

4.5
2021年142本目の作品。

劇場公開から20年ぶりに鑑賞するも、全く色褪せることのない名作。バレエを踊る時の表現力、時折見せる子供っぽいあどけなさでジェイミー・ベルが魅せる演技無くして、これほどまでに成功しなかったかもしれない。

踊りたくても父の反対で壁にぶつかり、バレエに対する情熱を抑えられない時、街を駆け巡り身体のおもむくままに踊り続けるもトタン壁にぶつかり苛立ち、父と重なるシーンが印象的。

また、全体の空気感が軽やかなポップミュージックで彩りながら、最後の重厚感のある白鳥の湖で一気に鳥肌が立った。
m

mの感想・評価

5.0
ふとしたきっかけでバレエに目覚めた少年ビリーと、「バレエは女がやるもの」と大反対する炭鉱夫の父親。
初めはお互いに理解し合えない二人が、かけがえのない大切な親子の絆をつかみ、ビリーの夢を叶えるまでを丁寧に描いていく。

踊っている間は、
家族内の様々な問題や母親を失った悲しみ、
ビリーの中の様々な感情から解放されていて
とにかく無我夢中で魅入ってしまった。

そのダンスを見て応援するようになった父も、
父の言葉で心を動かされた兄も、
不器用だけど真っ直ぐで素敵。

マイケルもウィルキンソン先生も
みんなみんな暖かくて感涙でした。。
a

aの感想・評価

4.5
皆んなに知らせに走り出す父も
兄のI miss you もかわいい
子どものやりたい事は全力で応援してあげたいな

みなくても好きだよって
100点満点の答えよな

このレビューはネタバレを含みます

評価ちょっと高めなのは、舞台がすごく良かったから…
舞台の予習として映画観たんだけど、いやーどちらも良い。
どこにも行けない少年の「ウワーーーーー!」感がよく出てた。バレエなのにね、なんか優雅じゃないっていうか、もがいてる青春のバレエ。
でも父さんも兄さんも、もがいてたんだよ…

父さんがバレエのオーディションに同行するシーン、めちゃめちゃ愛を感じる。すき
q

qの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

トムホが舞台で演じたっていうので、この映画のことは知ってたけどなかなかタイミングがなくて…ようやく観れた。念願。観てよかった!トムホの舞台も観たかったな〜

お父さんとお兄さんの不器用さと、まっすぐなビリー、でもやっぱり家族。おばあちゃんも大好き。もちろんママも。
最後のステージ、白鳥の湖が流れてきたところで我慢しきれなくて泣いちゃった。白鳥の湖って泣ける曲だったんだ…

挿入歌がめちゃくちゃツボだった。最後の最後のエンドロールまでぜんぶ最高。
桜

桜の感想・評価

3.0
ビリーを応援したくなる。

先生も見出してくれて良かったし、素敵だった。
カレン

カレンの感想・評価

4.4
BGMがめっちゃいい
家族愛と師弟愛、後半一気にたたみかけられて感動
それぞれが抱える課題をひとつひとつ乗り越えた先にきっと素晴らしい世界が待っているのかなって信じたい
男子がバレエをやることのハードルを超えたあと、続けていくために、続けさせるために動くお父さんやお兄ちゃんが好き。
otsu

otsuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっとずっと大切にしていたい宝箱みたいな映画


あえてクールに振る舞う先生、冗談混じりに別れを惜しむお父さん、無言のハグで送り出すおばあちゃん、マイケルとの最初で最後のキス

別れのシーンにそれぞれの良さが詰まっていてどれも大号泣だったけど、
特に最後の最後にお兄ちゃんがバスの窓越しで発した『寂しい』に涙腺のダムが完全崩壊した


巧みなシーンの切り替えで季節、心情、時代の移ろいを表現していて素晴らしい

挿入歌まで全て良い
絶対に観たほうが良い
さくら

さくらの感想・評価

5.0
ロンジュンがおすすめしてたって理由だけで観たら本当に良くって涙がでちゃった そんなに長い映画じゃないのにすてきな要素がたくさん詰まってて良かった 人におすすめしたくなる
>|