ONCE ダブリンの街角での作品情報・感想・評価

ONCE ダブリンの街角で2007年製作の映画)

Once

上映日:2007年11月03日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ONCE ダブリンの街角で」に投稿された感想・評価

Kyoka

Kyokaの感想・評価

3.4
終わり方が絶妙に切なくて、全体的にあったか切ないみたいな余韻が漂う、音楽とベストマッチした映画🧡
絶妙な田舎っぽさというか、アイルランドって感じがたまらん🧡
yoshino

yoshinoの感想・評価

3.8
こういうの見ると安易に音楽やりたくなるし、できる人が羨ましくなる。
最後までお互いの名前を知らないのもいいし、チェコ語で返すシーンたまらない。
ヒュー

ヒューの感想・評価

3.3
『シングストリート』やAmazonプライムオリジナルドラマ『モダンラブ』でお馴染み、ジョン・カーニー監督作品。
展開や作風がとてもゆったりしてるせいか終始眠く、たった87分の上映時間にも関わらず体感時間は2時間超えでした。本作は『モダンラブ』に音楽要素が加わえてそのまま映画化したような感じ。『モダンラブ』は30分だからこそ面白いのであって、それを引き伸ばしたらダレないはずがない。
ん〜残念。
NOBU

NOBUの感想・評価

2.8
音楽も当然素晴らしく、音楽で人と人を繋いでいく喜びがよく描かれているが、映画作品としては人間ドラマが単調すぎるように思う。そこには、それぞれのキャラクターの背景や生い立ちを語りだけで処理しているからであろうが、ドラマ性のある展開をもう少し見たかった。やはり脚本が弱いように感じる。
カメラワークは個人的には好きで、ドキュメンタリー的な世界観を創りあげているが、せっかくならばもっと照明だけは力を入れて二人の主役に光を照らして欲しかった。
mcz458

mcz458の感想・評価

-
ジョン・カーニーのストリートシリーズ第一弾。手ブレ満載でホームムービー感出てます。これがなかったら、シングストリートもはじまりのうたも無かっただろうな。3 作とも劇中の曲が全部良いんですよね。悪い奴がでてこないのも好き。良い映画はアタマ3 分で面白い。掃除機連れて歩くの可愛いですね。

ダブリンの街角で歌うシンガーソングライターの主人公が出会った女の子の壊れた掃除機を直してあげたことからはじまる恋と音楽の映画。

ジョン・カーニーは音楽が作り出される瞬間と、切ない恋を魅力的に映すのが本当に上手な監督だと思う。
ホームビデオみたいな質感だけど、歌を作っているのが演じているグレン・ハンサード本人だから映画を観てるというよりもドキュメントに近い感覚。

ONCEでの主人公のお父さんがシング・ストリートの兄貴に重なったり、はじまりのうたやシング・ストリートの下敷きになっているんだろうなって思うシーンがいくつもあった。

Falling Slowlyが本当に美しい名曲。グレン・ハンサードの裏声が震えるほど素晴らしい。

劇中で女が言った"Miluju tebe"このチェコ語の意味を知ったときにうわー!と切なすぎて声出た。しかもこのシーンアドリブって。

Glen Hansard / Say It to Me Now
Marketa Irglova & Glen Hansard / Falling Slowly
Marketa Irglova & Glen Hansard / If You Want Me
Glen Hansard / Lies
Glen Hansard & Marketa Irglova / When Your Mind's Made Up
Marketa Irglova / The Hill
Glen Hansard / Fallen from the Sky
torakoa

torakoaの感想・評価

3.7
2曲ぐらいミュージカル的な歌の入り方するところがあるのだが、主人公がシンガーソングライターだから、ヒロインに詞作の才能があるからそうなってるだけな感じなので、ミュージカルが苦手でも敬遠しなくていい作品だと思う。

事前情報なしで見たほうがいい気がするので書けることが少ないが、ほんのり色々な感情を呼び起こすさらりとした良作。悪人は出てこない。序盤にイギリスっぽいユーモアが。欧州っぽいと言ったほうがいいのか。
ホームビデオ感のある映画だった。
すごく自然でライブ感ある。

即興でセッションして、ハモったりもしてどんどん2人の距離が近くなっていく感じが良かった。
人が仲良くなるのにそんな時間はいらないんだな~とか、音楽ってすごいなぁって思った。

掃除機ペットみたいに引きずるのは面白すぎ(笑)
オコエ

オコエの感想・評価

3.5
はじまりのうた、シングストリートに続きジョンカーニー監督の音楽3部作の第一弾を観賞。他の2作品と同じく、ストーリーがシンプルでとても観やすかったです。

なんでこんなに引き込まれるかっていうと、やはり監督自身音楽経験者ってことでめちゃくちゃ曲がいいんですよね。バンド最高ですね。

ダブリンという街についてもこの三部作を見ることで詳しくなったような気がします。
好きな1本。
ネトフリでみてそのままサントラとBlu-rayを買ってしまった...

ストーリーは期待しない方がいい。
ただ街角に溶け込む音楽と人間模様がただただ素晴らしい。
観てると歌いたくなる、叫びたくなる。

個人的に音楽映画の最高峰だと思ってる。
>|