フリークス・シティのネタバレレビュー・内容・結末

「フリークス・シティ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 みんな大好きティーンエイジャーの青春ストーリー。やっぱり高校生活にはゾンビが欠かせないよね。

◆人間、ヴァンパイア、ゾンビが共存する街、ディルフォード。ある日、平和な街に突如としてエイリアンが襲来する。エイリアン襲来の責任を人間はヴァンパイアに、ヴァンパイアは人間にあると考え互いに殺し合いを始める。一方、ゾンビは脳ミソが食べたかった。
 普通の高校生ダグ(ニコラス・ブラウン)、男にいいようにされてヴァンパイアになったペトラ(マッケンジー・デイビス)、厭世観拗らせてゾンビになったネッド(ジョシュ・ファデム)のスクールメイト3人が狂気の坩堝と化したディルフォードを救うために立ち上がる。

 シンプルに人種間の差別やら諍いやらはよくないよと教えてくれる。
 互いに反目しあっていたそれぞれの種族が協力し、窮地を脱していく姿には感動して涙が出る程ではない。
 工場経営者のリックを説得するために、彼の孤独を理解した住人たちが彼の名を呼ぶシーンは感動しない。
 ネッドが幼少期の野球で取れなかったフライ。エイリアンの落とす爆弾を見事にキャッチする流れは感動して涙が出る程ではない。
 各種族が啀み合うけど、倫理観やらなんやらが薄過ぎて、最早優しいまである。

 全編通して思い返せば4分に1回くらいにふふふと笑えるポイントばかり。これはとってもいいハートフル・ヒューマン・コメディ映画。
 登場人物(取り分けネッドの家族)が阿呆ばっかりで面白い。きっと変わらない世相を鵜呑みに生きている現代人への皮肉であろう。そんな訳あるかいな。
おもしろかった
天才ゾンビの子がひらめくシーンが大好き
家族と見ていて気まずいシーンがあります(洋画あるある)
お菓子片手に気楽に観られる娯楽映画として最適のコメディ映画です。

人間、ゾンビ、吸血鬼が表面上の共存を保つ田舎町を舞台に、突如現れたエイリアンを巻き込んだ大騒動……という、いかにもバカ映画らしいユルい設定を見事に昇華したストーリーはお見事。
キャラクターも、ヘタレナードの主人公、吸血鬼になってしまったワナビー少女、人間関係に悩みゾンビ化した天才少年と、魅力的かつ分かりやすいメンツが揃っています。
各種族の特徴などもポップカルチャーで描かれるままのテンプレに沿っているため、詰め込んだ要素に反して非常に分かりやすい描写は映画好き向けの娯楽映画として好感が持てます。
また、ハイスクールもののエッセンスも取り込んでいるため、一風変わった青春映画と観ることもできるのが特徴です。

主人公達以外にも、陰謀論をぶち上げてエイリアンそっちのけで内輪揉めを始める街の人々、上から目線のエラそうなエイリアンなど、サブキャラの描写もまたユーモラス。
トドメとばかりにクライマックスで狼男の血に目覚める主人公が吸血鬼ジョックを一蹴するなどブッ飛んだ要素も込み込みで、最後まで余さず頂けます。

総じて、肩の力を抜いて楽しめる映画に仕上がっています。
暇な時間にちょっと映画でも観ようかな、なんて時には最適な一本ではないでしょうか。
2018/10/22
チャーんと、フライのエピソードをラストで回収(まあ、その為に作ったエピソードなんだろうけど)。以外におバカだけでない部分もあって、良質B級モノだったかな。ヴァンパイアにされた子が魅力的でした。
人間 バンパイア ゾンビ エイリアン
最後には狼男まで出てきちゃってハチャメチャやなぁ
のっけから不条理にヒドイ奴らが一杯出てきて、弱者からするとなんか〜〜つらい。
結局エイリアンくらいの巨悪と実力行使(ブッ○し)が無いとヒドイ奴は改心しないみたいなので、こっちがゾンビ脳になるのが幸せの近道ってことだな!ああ脳ミソ食いて〜〜。
まさかの狼男でビックリした!

前半しばらくの間、エイリアン関係ないじゃんってなったが、展開のテンポがよく、楽しんでみていられた

お約束がたくさんあり、漫画を読むみたいな感覚で気楽にみれた

ヴァンパイアもゾンビも、杭が体を貫くと、爆砕してもう生き返らないという設定に、はじめ気がつかず、なんでコイツら爆発してんだろ、と思った

それから、ゾンビ生物学とかあるの面白かった

リキティーニってどんな酒だろ
人間、ヴァンパイア、ゾンビが共存してるっていう世界自体が既にカオスだし、そこにエイリアンが攻めてくるっていう設定がカオスさを倍増させてる。

最後の最後に人間やと思ってたやつまで変貌しちゃうもんだからモンスター映画かなっておもったぐらい。

でもコメディとしては普通におもしろいし、コメディだからこその設定で個人的によかった。

女性がかわいかったから、その人たちの映画をクリップしとくか…
今まで見た中で1番カオスな映画www
初っ端から人間とヴァンパイアとゾンビとエイリアンが出てくるとか、、どういうことなのwww
身体が飛び散ったり、生きたまま内臓を食われたり、全裸になったり、、
でもヴァンパイアとゾンビがいるんだから、その辺に狼男もいそうだなとは最初に思った。
そして声優が意外と豪華すぎるwww
入りは最悪だったけど、終わり方はそれなりによかった。
A
青春痛快SF映画とでも言えるのかしら。
ラストでエイリアンにヘルツォークを出す辺りは何かの敬意を感じた。のかとりあえず有名どころを出しただけか。
終わりにかけての進みはちょうど良いテンポで爽やかに観れました。
>|