地下鉄連続レイプの作品情報・感想・評価

地下鉄連続レイプ1985年製作の映画)

製作国:

3.0

「地下鉄連続レイプ」に投稿された感想・評価

暴力団から麻薬を強奪した男(大杉漣)が、乗車した地下鉄の車両内にてレイプ事件が発生したことを受けて、戦々恐々とした状況に陥ってしまう。レイプ被害者の娘(藤村真美)、一匹狼のヤクザ者(大杉漣)、暴力団幹部(下元史郎)の「さんすくみ」を描いているロマンポルノ。配給をしているのは日活だが、製作したのは独立系の獅子プロダクション。地下鉄連続レイプを冠するシリーズの第1弾。

藤村真美のレイプ・シーンは走行中の地下鉄車両で撮影している。エキストラありきのロケーション撮影だけども、そのインパクトは強大なもの。「レイプされているあいだ、目撃者が何もしてくれないのを、わたしが目撃しました」という告発が印象に残る。

下元史郎の「男とは盃を交わす。女とはコレを交わす」など、大和屋竺もびっくりの台詞回しが出てくるところも醍醐味。まるで、セックス描写満載のアニメ版「1stルパン三世」のよう。大杉漣がレイプするときに流れる勇ましい音楽が笑える。

私の推しメンの早乙女宏美がチョイ役でしかないのが残念だが、女優陣は皆肌がツルツルで、瑞々しい女体のラインを見せてくれる。しっかりと眼福にあずかることが可能。