バンビの息子、ゴジラに会うの作品情報・感想・評価

バンビの息子、ゴジラに会う1999年製作の映画)

Son of Bambi Meets Godzilla

製作国:

上映時間:2分

1.8

「バンビの息子、ゴジラに会う」に投稿された感想・評価

どこか懐かしさを感じるCGの出来ばえ。
にしても、このカメラワーク何なのか。
YouTubeで、観ました。

バンビの息子VSゴジラ❗️
バンビは、イノシシぽい
ゴジラは、アメリカ版大トカゲ

評価
🎥映像美 △
🎥オチ ○
🎥音楽 △
🎥感動 △
🎥ストーリー ○
🎥テンポ ◎
🎥泣ける △

地中ミサイルを設置した黒幕⁈がかなり気になる本作‼︎
ゴジラの足サイズが小さい事&可愛く無いバンビの息子が面白いです。
(∩∀`*)
ニコニコ動画にて観賞。
短編3Dアニメーション作品。

カルト的人気を持つ迷作『バンビ、ゴジラに会う』のパロディではあるが、その出来は惨澹たるものであった。
唐突に現れるゴジラが『バンビ、ゴジラに会う』の魅力なのに、この作品では意外性も無くあっさりと登場する。しかもその足は98年のアメリカゴジラ(通称:ジラ)そっくり。人気の無いジラなら何をしても良いというわけでは無い。
この作品は『バンビ、ゴジラに会う』にもエメリッヒ版『GODZILLA』にも失礼だ。
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
バンビに息子がいたんだ…。

「バンビ、ゴジラに会う」の続編なのかな?
こちらはカラーですが、
やはり深いメッセージがありそう…。

このアイディアを考えた方…ある意味
凄い‼︎

YouTubeにて鑑賞…☆
いや、だから何がしたいんだってばよ。なんで作っちゃったのよ。っていうか監督違うのかよ。クソみたいな作品の意思を継ぐなよ。
まず「バンビ、ゴジラに会う」が、持ちうる時間をフル活用し、喪失感と絶望感を凝縮させたハートブレイカームービーであった。心が壊れる。

そんな中「バンビの息子、ゴジラに会う」からは宿命的な出会いがあった。
バンビとゴジラには運命があるのだ。

これは観てはいけない。絶対にだ。
観るなよ!?絶対!観るなよ!?
ちぃ

ちぃの感想・評価

-
CGの粗さがハンパじゃねぇぜw

もう、なんていうか…昔より退化するものって、人によって作れるんだなってゆうか…むしろ人が退化させる以外はないのかな⁇ってゆうか…

とにかく、
「…うん…………。」
ってなりました。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

2.3
続編もあったのか…。
こちらは悪い意味で“良くできてしまって”いて、味も素っ気も無い。
そもそもコレは“ゴジラ”でなく“ジラ”の方では?
”1999というあの日”

一時期フィルマークスを賑わせた「バンビ、ゴジラに会う」の続編があったなんて…

そして1999という制作年を見て気がつく。

そしてオチを見て思う。

そして2016という時が来て
シンゴジラを思う。

嗚呼、無人在来線爆弾よ
〈バンビの息子、ゴジラに会う〉
平凡で穏やかな日常が一瞬にして非日常となる騒然たる事態について。いとも容易にすごく唐突にかつ理不尽に誰にでも起こりうる大切なものの喪失……の続編。うん好き(筋)を通すのって難しい…勇気もいる…。

もし出会ったのが"シンゴジラ"だったなら結末は違うものだった…かもしれないね。
>|