バンビの息子、ゴジラに会うの作品情報・感想・評価

バンビの息子、ゴジラに会う1999年製作の映画)

Son of Bambi Meets Godzilla

製作国:

上映時間:2分

1.9

「バンビの息子、ゴジラに会う」に投稿された感想・評価

「バンビ、ゴジラに会う」の続編。

まさかあのバンビに息子が居た事や続編がある事に対して衝撃を受けた。

内容は前作よりもシュールでナンセンス。


メモ:0、2、0、0、1=3
やっぱマグロばっか食べてるやつはダメだな。

衝撃の結末から30年後・・・。

足の形から今作のゴジラはエメリッヒ版ゴジラだと分かる。
前作は、どのゴジラだったんだろう。あんな足のゴジラはいない。

VSデストロイアで一旦終了したゴジラシリーズ。理由はハリウッド版が作られるからだ。当時、小学生だった自分はワクワクして映画を観に行った。オモチャも買うほど大興奮でした。
しかし、大人になるにつれ、「こんなのゴジラじゃなくてイグアナだよ。」と思うようになる。不思議ですね、子供のころはなんとも思わなかったのに、大人になると駄作扱い。ゴジラと思わなければ十分楽しめる作品だと思いますが、ゴジラですからね・・・。

ハリウッド版の失敗から、ゴジラ2000ミレニアムで復活しファイナルウォーズで再び終わり長い間空白期間が続きます。

レビューのタイトルに書いてある言葉は、ファイナルウォーズに出てくるセリフ。エメリッヒ版ゴジラを皮肉ったセリフである。ファイナルウォーズは作品自体がアレですが、このセリフは好き。

そして、ギャレゴジで見事復活を果たす。ギャレゴジは監督のゴジラ愛が伝わるので好きな作品。ギャレゴジが成功したことでシンゴジラにつながります。ただ、自分はシンゴジラが好きではありません。「あんなのゴジラじゃないよ。」という気持ちが強すぎて楽しめませんでした。(ブルーレイ買ったけど・・・。)作品自体はいいと思いますがダメでした。

自分はVS世代なので、ゴジラが痛めつけられるよりも、人間の敵だけどヒーローとして描かれている方が好きです。


そんなゴジラとバンビの息子が出合う話。
バンビの息子にとってゴジラは因縁の相手。

同じ結末を向かえるのか。それとも・・・。

YouTube
バンビのノンリアクションが完全にバンビではなく、これはただのコンピューターで描かれた図形に過ぎないのだなと一歩引いて観てしまった。

どんなにつまらない作品だとしても観たことを後悔したとしても、自分から観たのだから時間返せなんて言いたくないけど、これに人生の貴重な2分を費やしたのは勿体ないと思ってしまった。
だったら、こんなレビューを書く時間も惜しんで無言レビューにしときなさいってね。
HK

HKの感想・評価

2.5
監督エリカ・フェルナンデス

やっぱマグロ食っているようなのは駄目だな
1234

1234の感想・評価

1.0
「バンビ、ゴジラに会う」の続編
おもしろいコンテンツは評判を聞きつけたおもしろくないやつのせいで衰退するて話を思い出す
ほかにもインスパイア作品あるけど、オリジナルの足元にも及ばん
どこか懐かしさを感じるCGの出来ばえ。
にしても、このカメラワーク何なのか。
YouTubeで、観ました。

バンビの息子VSゴジラ❗️
バンビは、イノシシぽい
ゴジラは、アメリカ版大トカゲ

評価
🎥映像美 △
🎥オチ ○
🎥音楽 △
🎥感動 △
🎥ストーリー ○
🎥テンポ ◎
🎥泣ける △

地中ミサイルを設置した黒幕⁈がかなり気になる本作‼︎
ゴジラの足サイズが小さい事&可愛く無いバンビの息子が面白いです。
(∩∀`*)
ニコニコ動画にて観賞。
短編3Dアニメーション作品。

カルト的人気を持つ迷作『バンビ、ゴジラに会う』のパロディではあるが、その出来は惨澹たるものであった。
唐突に現れるゴジラが『バンビ、ゴジラに会う』の魅力なのに、この作品では意外性も無くあっさりと登場する。しかもその足は98年のアメリカゴジラ(通称:ジラ)そっくり。人気の無いジラなら何をしても良いというわけでは無い。
この作品は『バンビ、ゴジラに会う』にもエメリッヒ版『GODZILLA』にも失礼だ。
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
バンビに息子がいたんだ…。

「バンビ、ゴジラに会う」の続編なのかな?
こちらはカラーですが、
やはり深いメッセージがありそう…。

このアイディアを考えた方…ある意味
凄い‼︎

YouTubeにて鑑賞…☆
いや、だから何がしたいんだってばよ。なんで作っちゃったのよ。っていうか監督違うのかよ。クソみたいな作品の意思を継ぐなよ。
>|