ロッキー4/炎の友情の作品情報・感想・評価・動画配信

ロッキー4/炎の友情1985年製作の映画)

Rocky IV

上映日:1986年06月07日

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロッキー4/炎の友情」に投稿された感想・評価

のすけ

のすけの感想・評価

4.3
ロッキーシリーズで一番好きな作品。
HEARTS ON FIRE!!!
なめこ

なめこの感想・評価

3.9
映画評価基準
 
この映画が好きか 7
没入感 8
脚本 7
映像 8
キャスト 10
感情移入度 8
音楽 9
余韻 7
おすすめ度 7
何度も見たくなるか 7
 
計78点
SNOOPY

SNOOPYの感想・評価

4.0
4作目にして政治色が色濃く出てたな…時代背景もあっただろうし、それで作品が悪くなったわけではないからよし。

ロッキーの肉体と精神がこれまでで最も逞しく鍛えられてる。それでもって外部環境が目まぐるしく「変化」していって、それにしっかり対応していくロッキー、さすが。

もはやロッキー・バルボア、いやシルヴェスター・スタローンのドキュメンタリーだなこれは。ますます「なんで今まで見なかったねん」
モツ

モツの感想・評価

3.8
ロッキーシリーズの中でも一味違った本作は魅力満載!個人的にはシリーズの中でも1番好きな作品です

とにかく熱いっ!相手がドルフ・ラングレンというだけで最高だ!

ソ連の最先端技術で訓練するドラゴに対し、雪上を走り肉を叩き荷車を持ち上げるロッキーの姿は原点に戻ったように熱かった!

それを「Burning Heart」が更に盛り上げる!ロッキーといえば「Eye of the Tiger」だが、4といえばBurning Heart!いつもとは違うテーマ曲に合わせて何故か腹筋をしなければと思ってしまいます

山頂でドラゴの名前を何度も叫ぶ姿はとても印象的なシーンになりました

ドラゴ役のドルフ・ラングレンも冷たい目で機械的なイメージがかなりピッタリでした!本作でデビューしたラングレンですが、その後の彼の活躍を考えると抜擢してくれたスタローンに感謝しかありませんね!
師は日常、自然の中にある。
トレーニングの対比シーンがそう言ってました。
tych

tychの感想・評価

3.6
ROCKYⅣ 1986年 92分 シルベスター・スタローン脚本 監督 主演。前作のラストシーンから始まる。、、ソ連の巨漢ボクサー イワン・ドラゴが来米 ロッキーへの挑戦を宣言する。アポロとのエキシビションマッチが開催されるが2R アポロは強烈なパンチを浴び亡くなってしまう。親友の死に ロッキーはドラゴとの対戦を決断、試合開催地のモスクワへ飛ぶ。ロッキーは自然の中での ドラゴはマシンを使っての 対照的な猛トレーニングの後 対戦を迎える。圧倒的な体格差もありドラゴ優位で始まるが2Rからロッキーも反撃最終15Rまで縺れる。ロッキーのトレーニングシーンには陳腐な所もあるが、クライマックスの試合は鍛え上げられた肉体同士の迫力あるぶつかり合いで見応えあり。
み

みの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

小さい子供がいるのに、クリスマスの前後に家を空ける両親は許せません。

このレビューはネタバレを含みます

音楽もトレーニングシーンも陳腐なものばかりでした。

何よりロッキーのテーマのサビを流さなかったことが許せない。
テンプレから外れるなら、それなりに気合い入れろ!

PS.凶暴そうな息子は好きでした
前作から特に育んできた、アポロとの友情が今作の目玉。

前作で精神的支柱だったミッキー、今作ではアポロを無くして、悲しみに暮れるロッキーだったが、友の仇打ちの為に敵陣に乗り込む決意をする。
時代的にアメリカとロシアが犬猿の仲だった頃で時代背景も分かり易い。
まぁ今も仲良くは無いんだろうけど。。

今回の敵は前作のラングを凌ぐ、殺人マシンのドラゴ。ロッキー史上最大の絶望感のある敵だと思う。
敵地で雪の中を走るなど原始的トレーニングを行うロッキーとドラゴの最新鋭のマシンを使用したトレーニングが対照的だった。
janjen

janjenの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ソ連からロッキーとの試合を熱望するドラゴ。
エキシビションマッチでアポロがドラゴのパンチで死亡してしまう。復讐心からロシアでの試合を受け入れるロッキー。

ロッキー映画に色濃い政治性が持ち込まれた事に少し違和感を覚える。

急いで作ったのか、粗っぽい内容。

ゴーストバスターズ、フットルース、フラッシュダンスに影響されたのかサントラは秀逸。
>|

あなたにおすすめの記事