GODZILLA 星を喰う者の作品情報・感想・評価・動画配信

「GODZILLA 星を喰う者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

人パートがやっぱ長かった。
ゴジラvsギドラ、お互い戦闘というか、一方的な攻撃だったから、戦闘見たかった。
たくさん不満を言いたくなってしまう。

最後の特攻よかった。


ゴジラのフォルムは海外版のっぽい
曲3つともよかったな。
ぴい

ぴいの感想・評価

4.0
良いラストだったと思う。ゴジラじゃなくていいと言えばそうだけどゴジラだからこその解釈と余韻が良い。
しかしユウコが不憫すぎ
ゴジラの解釈が色々あって面白い。エヴァもいづれこうなるのかなぁ。
1よりも、2よりも、残念です。

ギドラー!モスラー!
とりあえず出せばいいかとかじゃないから。
アニメ·ゴジラ三部作の最終作。最初から思っていたけど動きが悪い。ゲームのデモ画面レベル。それもPS2くらい。本当にこの動きしか出来ないならフルCGにしなくても良かったのに。キャラクターデザインも悪い。人間のデザインがどれも良くない。メカデザインも「どこかで見た」感じが拭えない。ゴジラのデザインは良かった。硬い肌の質感とか感情を感じられない不気味な雰囲気とか。音も良かった。不思議な音作りで聞いていてバラエティに富み、聴いていて退屈しない。でも、作品自体は恐ろしく退屈でした。セリフで説明し過ぎ。面白くないカメラワーク。ゴジラでなくても成立するSF作品。「空想科学特撮」では無い。
おいも

おいもの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

キングギドラさんの無敵が解けた瞬間に「すいませんでした!調子乗りました!許してください!」とも言えない表情が忘れられません。
色々難しい単語が並ぶんですが、よくわからない感じはエヴァンゲリオンを思い出す部分もありますね。
大半のメインメインメンバーがギドラによって倒されていきますが、よくわからずな点が多く見終わった感じも見心地がよくもないので、個人的にはちょっと微妙という事になるんでしょうかね。

このレビューはネタバレを含みます

いきなりエクシフ宗教映画となってしまった今作。
正直初見時は飲み込みきれなかったが今回改めてチャレンジする。

タイトルの七芒星がギドラのデザインと幾何学的に混ざり合っていくのは良い。異形さと高次元からくる脅威というのを上手く表現できてる。前作共々ここの美術はすごく良い…んだが。

あっという間にエクシフカルトに飲み込まれていくクルー達。心の弱さ…!ここまで状況グチャグチャになってCV櫻井にそそのかされたらそうなりますわな。
ここまで来て宗教、というか怪獣と知性体、必然的に発生する滅びとは…と言う観念論に走っていくのもなんだコレ…感を増す。

もう一つの問題点、ギドラが高次元存在すぎて映像では表現不可能になったせいで殆どセリフで解説しちゃってる点。
アラトラム号が沈む際の「こちら動力室だがもう持たんぞ!ウワーッ!」「動力室は40秒前に圧潰してます!」「ブリッジの生体反応が消失してます」「なら我々は死んでいるのか!?アアーッ!!」ってやり取りもアニメだと普通に時間進行してるからセリフだけの表現になってるし、
ラストバトルもゴジラギドラの図が50%、計器が25%、目をカッピラいてウワーッ!ってなってる博士25%なんですよね…
博士と助手の語りでとにかく場をつないでいるのは熱演なんだけどそうじゃねぇんだよ!
小説とかで発表したほうがいいですね、この話。ノベライズ出てるけどこの辺どうしてるんだろう
ギドラも最終的にはハルオがレスバに勝ったことによって力技で負けるのも決着としてはちょっと。

そしてラストのハルオ特攻。これが小説版読んでから一番納得行ってないんですよね…ハルオには生き続けてほしかった。
怪獣=文明の破壊者・憎悪の否定者という概念上の存在だから残滓としての自分とヴァルチャーを破壊すれば次はない…ということなんだろうが…

あと、モスラも、ちゃんと、出せ!!
申し訳ないけれど、映画館で見終わった後あんなに腹が立った映画はこれ以外ない。
そしてこれからも現れないことを祈るばかり。
高い坂

高い坂の感想・評価

2.8
ゴジラでやらなくてよかったのでは、と
ゴジラで客寄せして暗い未来のSFを見せられた感覚だった。
フルCGゴジラを3部作で観れるのかと思っていたのに哲学的SFを見せられても客層が違うと思います。
>|