帝一の國の作品情報・感想・評価

帝一の國2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

4.0

あらすじ

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落と…

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロイヤル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!

「帝一の國」に投稿された感想・評価

Remi

Remiの感想・評価

-
機内鑑賞。これは竹内涼真人気でるわ〜っていう役だった。面白かった。
coco

cocoの感想・評価

3.9
あんな洒落てるスーツ着こなすのは菅田将暉だけだ
見ていて幸せな映画
コメディ要素満点でありイケメンがたくさん出てくる映画。
主人公には主人公らしさが欠けておりそれを演じる菅田将暉が個性的でとてもよかった。ストーリー自体現代設定から離れていて世界観がレトロで出てくる建物もこだわりがあって味がありすきだった。
若手イケメン俳優がすきな人にはおすすめ
映画の日に鑑賞。
観る前までは、「映画友達が薦めてくれたやつ観てないなぁ、まぁ1,100円だし行ってみっか!」ぐらいの気持ちでしたよ、ええ。

そんな期待値だったから、OPから同郷のFLATBACKER「HARD BLOW」で完全に心臓を鷲掴みにされ、そのハイテンションのまま突っ走るもんだから、観終わった頃には心臓クシャクシャですよ!
もちろん!後日、FLATBACKERのVo.:山田雅樹参加のLOUDNESS『LOUDNESS』買っちゃいました!!!

舞台設定が昭和で、右派のキャラクターを面白おかしく、徹底して漫画的に描いているのが功を奏している。
この振り切り具合が心地よく、特に間宮祥太朗演じる、氷室ローランドが最高だ!!
菅田将暉と野村周平のカメレオンぶりも、本作の笑いに大きく貢献している。

そして何と!我々ボンクラにはステイサム声優でお馴染みの山路和弘さんが野村周平の父親役で登場!
演技や地声が既にステイサムで、威厳もあるもんだから、完全に元武闘派にしか見えない。笑

好きなシーンはテストの採点シーン。色んな意味で熱く、勢いある結果発表に、思わず俺も小さくガッツポーズしてもうた。笑
andy

andyの感想・評価

4.5
映画館で久しぶりに笑いました。笑いどころがそんなにわざとらしくなく好感が持てました。男子高出身で生徒会長経験もあるので共感ポイントが非常に多かったです。キャストもビジュアルが原作そのままだっし、全員ハマり役だったと思います。その中でも竹内涼真がイケメンすぎました。
映画館で鑑賞
主題歌のイトに合わせて踊る永野芽郁ちゃんを見て確信!
俺はこれを見にきたんだと!
仕事で疲れた木曜の夜に観て馬鹿笑いしたい
Hina

Hinaの感想・評価

4.0
とにかく面白かった。菅田くんの小物感も良いし、キャスティング完璧。笑えて笑えて笑える映画だった。
野心が止まらないっ

大鷹弾推しになるかなーって思ったけど
観たら森園派に入ってた。不思議!
mirei

mireiの感想・評価

4.2
ところどころ舞台でみたいと思ってしまった。 ハイテンションでぐわーーーと通り過ぎる映画。
原作マンガは、筆者の画力が高く、リアリティある絵なのに、デフォルメした表情を描くことで笑いをとりにいくタイプ。

どう表現するのかと思ってたけど、
みなさんぶっちぎることで、映画として完成させてた!

つまり、吉田鋼太郎が最高ってことです
>|