帝一の國(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    永井聡
    脚本
    いずみ吉紘
    原作
    古屋兎丸
    キャスト
    菅田将暉
    野村周平
    竹内涼真
    間宮祥太朗
    志尊淳
    千葉雄大
    永野芽郁
    吉田鋼太郎
    あらすじ
    全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロイヤル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!

    「帝一の國」に投稿された感想・レビュー

    YUI
    YUIの感想・レビュー
    7時間
    3.9
    試写会にて。
    おもしろかったー!!
    かなり笑ったー!ずっと笑いっぱなしでした。
    原作読んだことないのですが、綺麗にまとめられてる感じがしました。
    でも、だいぶ飛んでる感じもしたので、2部作とかでじっくり観たかった気もします。
    菅田くん本当いい!
    野村周平も本当いい感じに嫌なヤツ(笑)
    最後の最後まで、えぇ~そういうこと~!?って驚きました。
    ちょっと感動してたのに‥(笑)私の感動返して‥(笑)
    まぁ、笑えたので良かったけど(笑)
    隣のおっさんおばさんのマナーが最低だったことを除けば、本当良かった(笑)
    試写会で観せていただいてありがたいのですが、最低限のマナーは守って欲しいですよね‥
    けんさん
    けんさんの感想・レビュー
    8時間
    -
    平成29年(2017年)4月29日(土)
    散るこりん
    散るこりんの感想・レビュー
    18時間
    4.0
    試写会で鑑賞

    原作は知らなかったけれど、テンポが良くて楽しめました♪

    菅田将暉の演技が素晴らしかったです(^-^)
    真剣に演じているのにとても可笑しい(~o~)
    野村クンのキャラも面白くて笑いが止まらなくなるシーンが多かったです(^-^)

    若手俳優がたくさん出演していましたが、菅田将暉、野村周平、千葉雄大しか分からなくて勉強不足です(^_^)ノ

    特に菅田将暉の相棒役の可愛い男の子が気になりました!(^^)!

    ラストも楽しめます♪

    漫画も読みたいです(^-^)
    あしたには
    あしたにはの感想・レビュー
    19時間
    4.6
    試写会にて、
    キャストも古屋兎丸タッチのお顔でとても馴染んでた、、
    ローランド先輩麗しい、
    koko
    kokoの感想・レビュー
    1日
    4.3
    最高面白かった〜、笑った笑った
    ほ
    の感想・レビュー
    1日
    3.5
    JKに包囲され、動きを封じ込められた試写会にて。

    原作を知らない自分でも思わず吹き出すコメディ。
    総理大臣になり自分の國を作るべく、その必要条件として名門海帝高校の生徒会長になるためには手段は厭わない赤場帝一(菅田将暉)。


    上映を楽しみにされている方のためにネタバレにならないよう重要人物のポイントのみ紹介。

    ・菅田将暉:体も声も張り、犬にもなる。
    ・野村周平:変顔、犬猿の仲、口が臭い。
    ・竹内涼真:爽やかイケメン、ただのポジキャン。
    ・間宮祥太朗:マット、髪は短い方が良い。
    ・志尊淳:帝一LOVEだニャン。
    ・千葉雄大:征するのは将棋に限らない。
    ・永野芽郁:糸電話。


    成長には失敗が不可欠であること、目標≠ビジョンであること、立ち回り次第では時に負けるが勝ちであることを知れた本作は案外自分にとってプラスになったのかもしれない。
    ひわいちゃん
    ひわいちゃんの感想・レビュー
    1日
    4.1
    女の観る映画だった靴でもなんでもなめようと思った🙂
    みさみさ
    みさみさの感想・レビュー
    1日
    4.5
    面白い、展開が思わぬ方向へ
    竹内くんがすごくイケメンにみえた
    しそんくんかわいい
    きゆ
    きゆの感想・レビュー
    1日
    -
    国際フォーラムの試写会で。
    正直客層が若すぎてテンション高すぎて引いてしまった…

    内容は原作が古屋兎丸先生と言うこともあり、しっかりコメディでまとまってました。
    若い俳優目当てでなくてもストーリー性とか展開とかでおお!となったり、鋼太郎さんがかっこよかったりするので一見の価値はありかな!
    原作読んだことないんですが、読んでみようと思いました。原作ありきで見たらまた違うのかな。
    ほったな
    ほったなの感想・レビュー
    1日
    3.6
    面白かったー!でも泣いたー!(泣いたのは多分私だけ)

    主人公の赤羽帝一、菅田将暉でぴったりだったね!主要メンバーはみんないいキャストでハマってたと思う。これ観た後、女子はみんな誰派かものすごい盛り上がれると思うんだけど、わたしは断然、大鷹弾派。弾やばいイケメンなんですよ。ああいう正統派?正義派?好きですね〜〜あんな男らしいことできる人、今は少なってきてると思う!!からこそ、ああいう人好きね〜。夢に、弾に似てる友達でてきて結ばれたぐらい好きになった(笑)

    でも帝一のまっすぐさにも泣けるし、惹かれちゃうんですよね。あんなにまっすぐで、ミミ子への思いもまっすぐすぎてたまらんくなりますね。

    あとは、この作品は若者が見ることで学校への興味がもてるんではないかな、と。わたしもそうだったけど、生徒会とか本当にある意味がわからんし、まぁ政治家になりたいという夢もわからんのだけども、生徒たちを取りまとめることのかっこよさとか、生徒会を良きものというイメージを与えて、学校生活に真剣に向き合うことの素晴らしさを教えてくれる気がします。

    そんなわたしはこの4月からついに学生でなくなったので、学割で映画が見れなくなり辛さしかない。。。
    >|