帝一の國のネタバレレビュー・内容・結末

帝一の國2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「帝一の國」に投稿されたネタバレ・内容・結末

!!!!
政治ドラマかよ!!!!
今まで観なかったのが悔やまれる!!primeのうちにまた観よう、次は何人かで観たいなあ。
菅田将暉の演技観てて無性に懐かしいと思って気づいた、あれだ、オトナ高校の三浦春馬だ。全身全霊で叫ぶことで滑稽さマシマシ、菅田将暉だけじゃなくてみんなそうだけども。野村周平なんなんだ。顔筋どうなってるんだ。
・菅田親子の政治家ファッション(???)ラブい。とくに墓参りシーン。紫のサングラスに赤いパンツに赤いブーツって頭おかしい、好きほんとに好き
・千葉雄大のモコモコした口元ちょー可愛い。画面に千葉雄大がいると彼(の口元)しか見えない
・菅田将暉×志尊淳...アア...アア...
邦画のメジャー作品で久々に面白かった作品。キャストもよし、脚本も大好き。最初から最後まで飽きずに面白くみれた。
ラストの選挙シーンでは展開が読めないほどの二転三転も気持ちよかったし、さらにラストカットまで気持ちよかった。エンドロールも好き。
永野芽郁好きでなかったが今作は良かった。
鼻に付かずよい感じにおしゃれな映画。
原作未読ですが、良い脚本だった!終盤に近くにつれ帝一丸くなったなあと思ったのが実は彼の思惑通りだったというところめちゃくちゃ好きだった。
原作は読んでいないが楽しめた。
帝一が生徒会長になってからの話は見れないんだなあってちょっと残念だった…
なんというか、次は、ダンの分かってますよ感が崩れていくのが見たい。
政治と生徒会と言う硬いテーマをコメディ調に表現してて見やすかった。テンポもよく面白いエンターテイメント。菅田将暉と竹内涼真がかっこいい
みんなキャラクターに徹してて面白かった。
イケメンいっぱいバンザーーイ!!
森園億人さんが好きです。大声を出さないから。

途中まで「これ竹内涼真が主役やん」って思ってたけど違った。主役は菅田将暉です。
あと吉田鋼太郎すごい。西田敏行路線。いるだけで面白さと威厳が同居してる。
3年A組を見てからこの作品を見たので菅田将暉の演技力の幅に驚かされた。あとはキャストが豪華で見応えがある。コメディーと書いてあったが真剣にハラハラドキドキしてしまってあまり笑えなかった(つまらない訳では無い)
マイムマイムのシーンと和太鼓のシーンは一見の価値あり。
==ややネタバレを含みます==

僕:最近映画を見はじめたばかりの男
映子:後輩女子
※この物語はフィクションです。

僕「『帝一の國』っていう映画見たんだけどさ」
映「いきなりですね。また映画の話ですか?」
僕「あ,うん。Amazon Prime Videoで見たやつ」
映「あ,もしかして,菅田将暉くんが主演やってたやつですか」
僕「そうそう,菅田くん好きなの?」
映「好きってほどでもないですけど,たまたま覚えていただけです。イケメンですし」
僕「まぁ,たしかに」
映「それで,その映画がどうかしたんですか?」
僕「うん,すごい僕好みの終わり方だったなって」
映「どんな終わり方だったんですか?」
僕「うん,まず映画のあらすじとしては,将来,内閣総理大臣になって自分の国を作るという野望を持った主人公・帝一が,その実現への第一歩として超名門高校の生徒会長になるために奮闘する話なんだけど」
映「はい」
僕「そのラストが,生徒会長になるという野望を自ら捨てて,男同士の熱い友情を選ぶという展開だと見せかけて」
映「はい」
僕「実はそれも帝一の策のうちで,生徒会長の座は放棄しても総理大臣になるという野心を抱いたまま,相変わらず覇道を突き進んでいく,という終わり方だったんだ」
映「なるほど,俺の物語はまだ終わらない系ですかね」
僕「まぁ,そうなのかな」
映「そういえば先輩も生徒会入ってたって言ってましたね」
僕「あぁ,うん。高校のとき,副会長やってた」
映「先輩にすごくお似合いの役職ですね,「副会長」っていうポジション」
僕「なんか馬鹿にされてるように感じるんだけど。まぁ,僕も副会長で良かったと思ってるよ。会長は責任重大だしね」
映「たしかに先輩に会長は似合いませんね」
僕「それは僕も思うよ。情けないけど」
映「副会長も立派じゃないですか。補佐役って格好いいと思いますよ,私は」
僕「ありがとう,君なりに気遣ってくれてるのかな」
映「勘違いしないください。私は思ったことを言っただけです」
僕「そうか,なら素直に受け取っておくよ」
映「それで,先輩の副会長としてのラストはどう終わったんですか?」
僕「僕のラスト?うん…特に何かあったわけじゃないんだけど,強いていうなら若干モテた」
映「えぇっ!」
僕「いや,現状が女性との縁がなさすぎてそう感じるだけかもしれないけど,相対的にはあの頃が人生最大のモテ期だった気がする」
映「それは…よかったですね。先輩がモテるとか,あまり想像できないんですが」
僕「それは露骨に悪口だと思うんだけど。でもまぁ,あの頃は恋愛とかしてる余裕はなかったから,誰かと付き合うとか,そういうのには至らなかったけどね」
映「そうですか,なら良かったです」
僕「僕にとっては全然良くないんだけど」
映「でもまぁ,まだ学生ですし,これからまたモテ期が来ますよ」
僕「だといいんだけどね」
映「ちなみに私も生徒会やってたんですよ,高校のとき」
僕「え,それは初耳だな。ちなみに役職は?」
映「生徒会長でした」
僕「まじか」
映「まじです。意外ですか?」
僕「いや,むしろ納得できる」
映「私の國を築いていました」
僕「…まじか」
映「いえ,これは冗談です」
僕「ゆくゆくは日本初の女性内閣総理大臣のポストを狙って…」
映「だから冗談ですって!」


完全にキャスト目当てで見たけど、とっても好きなジャンルだった!いい意味で馬鹿でわかりやすくていい。マイムマイムと帝一と父親とのテストの答え合わせのシーンが好き。1位になる事でしか生きていけないと思った。
>|