アルキメデスの大戦の作品情報・感想・評価・動画配信

アルキメデスの大戦2019年製作の映画)

上映日:2019年07月26日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

「アルキメデスの大戦」に投稿された感想・評価

日本の戦争映画って大抵幸せに終わる事はないのであまり好きではないが、今までの戦争映画とは少し違った視点での数学の天才のストーリー。
面白いオチなのでまぁまぁおすすめです。
sh

shの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ガリレオみたいにとにかく数式を書きまくる映画かと想像してた。熱くていい映画だった。

菅田将暉ってなんてすごい役者なんだ…
難解な数式や用語、あの会議って一回でどのくらい続けて撮るものなんだろうか。

柄本佑もいいなぁ〜図面を描き上げた櫂に感激して、よいバディになっていく。

男の人が戦艦のプラモとかに惹かれる理由がよくわからなかったけど、こう描かれると美しく思えるな。

平山造船中将…設計者として痛恨の極み、とかって去ったけど、その真意が痺れた。

結局真珠湾攻撃は実行されてしまうし、戦争も止められない。
日本人は負け方を知らない人種だ。
この船を美しく、巨大で、絶対に沈まないと人々に信じさせねばならない。そして最後には凄絶な最後を迎えることが、この船の使命。日本の依代となる船、大和。沈む時、国民が漸く目を覚ます。恐れ入った。

まさに、大日本帝国の象徴。初めに見せた最期の絵に向かっていく大和。

遠い国の戦争を、普段はすっかり忘れて生活している。でも案外、すぐそこにあって、終わりに向かうときは、私みたいな人間にはわからないんだろうなぁ。
maeshu

maeshuの感想・評価

3.9
ゴリゴリ文系脳の自分からしたら主人公カッコ良すぎたけど、自分は柄本佑側、そちらを磨きます。
なるみ

なるみの感想・評価

3.0
「数字は嘘をつかない」
これは分かる。

「美しいものは何でも測らないと気が済まない」
これは分からない。

造船にフォーカス当てた戦争映画は珍しくて良い。
Yukko

Yukkoの感想・評価

4.0
相変わらず菅田将暉は何を演じても菅田将暉なのだけれど、周りのキャストたちがバッチリ固めてくれるので問題なし。田中泯、柄本佑が最高。戦時中がテーマではあるが、現代の日本にも通ずる社会構造の問題点がてんこ盛り。
メインパートもテンポよく面白いけどやはり最後のシーンが圧倒的に良い。
大和はまさに、名実ともに大日本帝国の象徴だったのだなと。
ラストシーンを観てからもう一度冒頭シーンを見直すと切ない。
Kinako

Kinakoの感想・評価

3.5
おじさん俳優たちがとても良い味を出していた、素直に格好いい。ストーリーも分かりやすくてスッと入ってきた。舞台化がどうなるのか気になるところ…
Toppo

Toppoの感想・評価

3.5
戦争へと向かい行く日本を数字の力で止めようとした櫂少佐、結末は史実の通りだが、その熱意がカッコよかった。
巨大戦艦大和の話となると確実に重くて暗い話だろうと意を決して観始めたが、櫂少佐と田中少尉の掛け合いがコミカルで戦争ものにしては取っ付きやすい。
海軍の男たちの様々な思惑が交差する、非常に面白い話だったように思う。
ケンタ

ケンタの感想・評価

4.4
観始めは天才数学者の痛快逆転劇を予想し観進めてたけど、最後の裏展開に個人的にとてもグッときました。

フィクションだと分かっていても戦艦大和はこういう複雑な思いの中で出来たんじゃないかと思わせてくれるほどの役者の演技とお話でした。

観てよかった!🎞
落雷

落雷の感想・評価

4.7
大和ネタの映画かあ……と思って食わず嫌いしていたけど、いやはや良作だった。

史実の結末は皆知っての通りなので、あとはそれにどれだけ上手くフィクションの部分を織り込めるかなんだけど、その匙加減が実にいい塩梅。しっかりと嘘はついているしフィクションしているんだけど、それでいてテーマはリアリスティック。
kimiakif

kimiakifの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

天才は孤独であり百の言葉を用いても凡人の理解は得られないことを描いた映画。

冒頭の戦闘シーンについては精鋭の集まりであった大和乗員が終始混乱した状態で沈んでいったとは到底思えない。望みのない状況の中で最後まで戦い抜いた彼らに敬意を持って描いて欲しかった。
>|

あなたにおすすめの記事