アルキメデスの大戦の作品情報・感想・評価・動画配信

アルキメデスの大戦2019年製作の映画)

上映日:2019年07月26日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

「アルキメデスの大戦」に投稿された感想・評価

政治と金、物を生み出すことと殺すことを戦争の中で描いたエンターテイメント作品。
終わり方はかなり複雑で戦争に勧善懲悪がないことを伝えてる。エンターテイメントでかなりハラハラさせられるし、なんか途中テレビ番組の天才さんいらっしゃいみたいなのもありつつ、最後は本気で戦争ってやばいんだなってのを思い知らされる、最後のその戦艦が映った時に冒頭の戦艦がめちゃくちゃにされる血だらけの映像が思い出されて、戦争考えたやつも戦争出てたやつもクソだなって単純に思えなかった。原作の漫画が読みたくなった。すごい映画。
imisty

imistyの感想・評価

4.0
面白かった。
数学で日本を救おうとする視点が新鮮でした。

主人公が結構生意気で(頭良すぎて)、大声でわめく印象がありましたが、
菅田将暉だったから、そうクドく感じなかったのかも。
舘ひろしっと橋爪さんの会議でのやり取りも好きでした。

終わり方も良かったです。
菅田将暉のラストの死んだ目と涙よ。
数字の暗記凄いのは勿論だが、目だけで感じさせる演技。
キャラの良さとオーバー演技を演技の良さと勘違っているアホが多いが、演技とはこういうものだと思える良さ。

あと脚本的なところでいくと、柄本佑との掛け合いも良い。
あの二人でまたやって欲しいな。
てか、これ原作者が日9を意識して描いたと言ってたけど、まさに日9向きでしょw
yossypapa

yossypapaの感想・評価

5.0
諸説ありますけど「そうなんですね」というエンディング
天才が天才を演じてます
見応えあり!
マホ

マホの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

戦時中の話だけど、着目したのが裏側の戦いっていうのが個人的に好き
後味悪い悲劇的な結末だけれど、そこに至る深謀遠慮が凄まじかった。
或る意味達観した大人の結論 ―― 不合理、不条理極まりない論理 ―― それも一つの正義の定義。
それを受け止めた数学の天才も大したもんだ。
原作は未読だけども結末が知りたい。

実の処、それ程期待していなかったけれど、いい意味で裏切られた。
脚本も演出も見事だった。

舘ひろし演じた山本五十六が色々いわれてますけれど、こっちのほうが評伝に近いらしい。
三船敏郎の山本五十六は神格化され過ぎ。
柄本佑のお芝居が魅力的だなぁ、。
スケールの大きい作品だけど達者なお芝居の応酬で笑えるところがたくさんあっていい意味で想像と違って楽しめた。
田中泯はそこにいるだけでカッコいい。
どんな境地なんだろう。。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.6
想像してたよりもぜんぜんおもしろかった👏👏菅田将暉かっこよすぎて浜辺美波が可愛すぎる。最高🥰
まりの

まりのの感想・評価

3.3
櫂が自分の頭脳を駆使してひたすら計算していく姿が凄かったです

このレビューはネタバレを含みます

ただの計算を見てるだけなんだけど緊張感あっておもろかった。最後土壇場で関数を思いつくって数学かっこよすぎ。

AIの発達で計算能力は必要ないみたいになりつつあるけど、もし人間が計算能力を必要としなくなったらこういう美しい発想も生まれなくなるのかなと思った。映画とは全く関係ないけど。
>|