パレス・ダウンの作品情報・感想・評価・動画配信

「パレス・ダウン」に投稿された感想・評価

両親と共にフランスからインドへと赴任してきた少女ルイーズは、新居が決まるまでムンバイのホテルに宿泊することに。ところがある晩、両親が外食に出かけ、部屋でひとり映画を観ていたルイーズはテロに巻き込まれる。

2008年のムンバイ同時多発テロを題材とした作品。主人公らは架空の人物のようだが。
中盤の死がすぐそこまで迫る恐怖を実感させる描写は良かったが、全体的にはやや緩慢な印象を受ける。なんというか、主人公やその周囲が今ひとつ緊張感に欠けるというか、地に足がつかないようなモヤモヤした雰囲気がある。そこでそんなことする?みたいな。テロそのものをあまりはっきり描いていないからその辺がより際立つ。劇伴もなんか合ってない気がする。90分くらいだからそんな文句もないけど。
ソフニ

ソフニの感想・評価

4.0
「ホテル・ムンバイ」と比較するなら、風景・景色・空間・色味・背景・音の種類 が多いこと。
良い意味でフランスの感じ強め。

同じ事件が題材だがアプローチが違うだけ。
両方を観るのがお勧め。

原題「Taj Mahal」
そのままのスッキリ感も良い。
MOMO

MOMOの感想・評価

3.0
慣れない場所でひとりぼっちの夜。
もしも自分が彼女の立場だったらと
考えては、堪らなく怖くなりました。
映画としては淡々としていたけれど、
彼女目線で進むからこそ、いま何が
起こっているんだろう。。っていう
不安感がより強く感じられて、終始
どきどき恐ろしかったです 🛏☁️
Manami

Manamiの感想・評価

4.4
現実をみせながらも、ダメージが大きすぎないよう少しの救いを残してある。

本のキャラ読みじゃないけど、出来事じゃなくキャラクターに焦点を当てて観ることもできちゃうのは良いのか悪いのか。観て、知ろうと思うきっかけを作るには良い映画だと思った。

観て、知って、調べて、学んで、考えろ。

作品としては「映画」のシーンの表現が好きだった。
UoxoU

UoxoUの感想・評価

3.3
視点は違うけどやっぱりホテル・ムンバイが一番良かった
2008年11月26日テロが起きた日ルイーズがどのように過ごしたのか、ルイーズとたまに両親しか映らないのに見応えはあった!
一人で銃声や悲鳴を聞いて過ごすのはものすごく怖かっただろう…
仲良くて素敵な親子だとは伝わった💭
本作でも実際の映像が映るけどやっぱ怖すぎる
Nia

Niaの感想・評価

3.0
2016年頃のムンバイのホテルで発生したテロの、中に居た娘、外食に行っていた両親か携帯のみで連絡を取って…という話。淡々と色々な事が起こる中、娘が電話で「パパ、どうすればいいの?」と言ってばかりなので15歳位なのかと思いきや、18歳で驚いた。その歳だと単独で海外旅行行く子もいるのでもう少し自分で判断するんじゃない?ってところが気になった。
Tsugu

Tsuguの感想・評価

3.0
『ホテルムンバイ』を鑑賞した後に同じ事件を題材とした映画がいくつかあると知って鑑賞。

他の人も言っているようにホテルムンバイよりかは淡々としている印象。
Nico

Nicoの感想・評価

3.0
何気ない日常に潜む恐怖。
恐怖から解放され、何気ない日常に潜む虚無感。

このテロで日本人男性も犠牲になった。
Jasminne

Jasminneの感想・評価

2.3
あー、イライラした。金持ちの白人の侵略者ぶりにイライラ。
ホテルが燃えて大変な危機、危険なのに冒頭の白人の傲慢さに気を取られてダメだった。

058
ジョン

ジョンの感想・評価

3.7
テロの襲撃に遭い、ホテルのスイートルームで一人身動きのとれない女の子の話。外との繋がりが携帯電話だけという過酷な状況で彼女がどう乗り切ったのか...。

このあらすじ、強い。引きがあるわ。でも思ったより淡々としてた印象。等身大というかリアリティ重視かな。
『ホテルムンバイ』と比較している人が多いけど、自分はそっち観てないから相対的な見方は出来なかった。でもその分、純粋に楽しめたし、比較しながら粗探しをするように観ることがなかったのは良かった。

廊下で動き回るテロリストたちがドアの隙間から微妙に見えるのが怖い。ドアの隙間の光でここまでドキドキしたのって修学旅行以来や。
下の階の女性が『おとなの事情』で酷い仕打ちを受けてた奥様でテンション上がった。
ルイーズがとにかく美女。マイナー映画やのに女優だけは一丁前。あと、洋画でよくある、女性の腕組んで軽く机に座る動作好きやわ。
>|