ワールド・トレード・センターの作品情報・感想・評価・動画配信

「ワールド・トレード・センター」に投稿された感想・評価

NAO141

NAO141の感想・評価

3.2
2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ(9.11テロ事件)の標的の一つになったワールド・トレード・センター。
あの日現場では何が起こっていたのかを描く実話ベースの作品である。
あの日大学生だった私はテレビ画面が突然この事件に切り替わり生中継される中で、「何が起こったんだ!?」とただただ呆然としながらテレビを観ていたことを思い出す。

本作は「良い映画」とか「面白くなかった」とかを言うべき作品ではない。
実話であるために正直ドラマ性は薄い。瓦礫に埋まった二人が励ましあって何十時間もがんばるという、極端に言えば「ただそれだけの物語」であるから、ストーリーとしての面白みが薄いのはやむをえない。しかしだからダメだとかいう話ではなく、これがあの日実際に起こっていたことなんだということだけを感じるべきなのだと思う。

驚くべきことに本作には一切の政治的主張は見当たらない。ただひたすらに、「あの日、現場では何が起こっていたか」のみをまったく主義主張・思想のたぐいを入れずに再現した作品である。
事件当日に現場に向かった警察官と消防士がエキストラで出演しているなど、忠実に当時の様子を描いているからこそ、事件の生々しさをも痛感する。

あの日、我々日本人の多くがテレビに釘付けになっていた時、テレビ中継だけでは伝わりにくい部分、現場ではどんなことが起きていたのかを知るために一度は観るべき作品かと思う。
※瓦礫に埋まったシーンが長いため、閉所恐怖症の方は少し御注意を!!
ume0214

ume0214の感想・評価

3.3
スターチャンネルで視聴

今までずっと敬遠してきた、どうせ「うさ(USA)!うさ(USA)!」連呼の終わり方になるんじゃないかと。無警戒で見た「パトリオット・デイ」がまさにそれ。「うさ!うさ!」連呼のプロパガンダあほ映画だった。
でもオリバー・ストーン監督だし...。これは大丈夫かな?
んでやっと視聴。
ビル崩壊の内側での迫力や緊張感は結構すごかった。
でも家族の描写の時間がちょっと長いかな。事件の被害と命がけの救出っていう緊張感が完全に解けちゃってるよ。
「タワーリング・インフェルノ」みたいなパニック映画ではなくどちらかというとホームドラマ。
INOSHI

INOSHIの感想・評価

2.9
まるで映画の撮影じゃないのか?と
疑ってテレビの画面に釘づけとなった
9.11のアメリカ同時多発テロの
実話を元に制作された映画。

この映画のように
実際に経験した人をピックアップしなければ、当然、知らなかった事が多い。

生き延びた方たちには
一生涯忘れないようなそれぞれの
ストーリーがあったのだなと。

この映画のニコラス・ケイジが扮する
主人公の話も正にそれ。

当時、救出に向かった警察官達の
物語なんだが、この映画を見なければ
知らない話だった。

大勢の命を失ってしまったテロ行為。

普通に普段通り生活していただけなのに
なぜ無関係な奴らのせいで
命を落とさなければならいのか…

映画自体は
緊迫感があり、自分だったらと考えて観れる映画だった……

……が…

中弛みしちゃったな…

暗闇のシーン多すぎ。
動けないから動きの無い映画になっちゃうのは仕方ないけど(笑)

救出されるまでが長すぎて
なんの展開も無いのが映画としてどう?って思ってしまった。

当時のニュースを
少し掘り下げて観たって感じだった…
即死

即死の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃ぶりに見た。マイケルシャノンが演じてたカーンズ軍曹の雰囲気がただならぬアレですごく良かった。本当に元海兵隊の方だったんだなあ。この同時多発テロで亡くなったのは2749 名、消防士343名、港湾職員が84名、うち37名が警官で、救出された人の数は20名って……なんとか救出された2人のお話だったけど、そうならなかった多くの家族が悲しみに満ちて、どうにか自分の大切な人たちに生きて戻ってきて欲しいと願いその分多くの人が苦しんだかと思うとものすごく胸が痛くなった。どんなに辛くても喋り続けるマイケルペーニャも魅力的だったなあ。テロが起きた時は私は4歳とか5歳だったけれど、テレビで毎日のようにTVでやっていたのを覚えてるし、オサマビンラディンは教科書にも載っていた。亡くなった日本人も20人ほどいたことも覚えてる。救出に向かい亡くなった方もあまりにも多すぎる。とても恐ろしくて悲しいテロが起きた9.11を忘れたくない。グレイグ・アームストロングさんが作ったサントラがめちゃくちゃいい、好きな映画のサントラの一つになった。
犬好き

犬好きの感想・評価

3.9
ニューヨークの、アメリカの、そして人類の記録として価値ある映画

たんたんと、丁寧に進む演出と脚本が個人的にはすごく好き

馴染みの場所ということもあり、もちろんこの当時は住んでいなかったのだが、複雑な思いで見ていた
げんき

げんきの感想・評価

2.5
初鑑賞!
テロに遭遇してしまった被害者側から描いた「ユナイテッド93」に対し、今作はビルに残された人々の救助に向かう警察側から描いている。
事実を淡々と描いていた前者よりも物語性に富んで今作の方が好みかな〜と思ったが、冒頭30分で主人公達が瓦礫に埋もれてしまうのでソコからは暗くて良く見えないし、動けないのであまり変化もなく退屈である。家族に焦点を当てたりするが、そちらも盛り上がりには欠ける。
ただ、こういう映画は事実を捻じ曲げる訳にもいかないので面白さを求めてはいけないのかもしれない。

パッケージを見て、今作でのニコラスは消防士の役だと思ったのですが警察官の役でした。ちょっとニコラスらしさが出てないキャラクターで残念でした😅
Stella

Stellaの感想・評価

-
救出する為に働いている英雄たちの二次災害で巻き込まれた方とその家族という違う視点からの9.11テロのお話。
tatsunao

tatsunaoの感想・評価

4.5
人の命が如何に尊いか、過去の出来事を人は決して忘れてはいけない。今もコロナや中東の問題など多くの人が困難に立ち向かっているが現場や死に直面している人の苦労や思いがメディアで本当に伝えられているだろうか。
実話だから仕方ないけど閉じ込められて暗い場面ばかりで動きがない
はのい

はのいの感想・評価

3.7
2001年9月11日。
今でも忘れないな…。

当時私は小学生だったけど、真夜中に母親に
「大変!テレビを見て!」と叩き起こされた。
テレビに映っていたのは高い2つのビルに飛行機が突撃する映像。
両親の友人が現場付近に住んでいたこともあって、ただ事ではないことは分かっていたけど…。

あれから20年経ってやっと鑑賞。

シンプルに鳥肌が立った。
死ぬのが怖いけど、それでも建物に入って人命を助けようとする警官の勇敢さ。
絶対に生きて帰ると力強く思えるのは守りたい家族がいるから。

戦争映画を見ているようでつらい気持ちになるけど、生きる勇気をもらえる映画。


2,749名の命を
ほんの一瞬で奪った恐ろしいテロ。
何と国籍は87カ国。

“絶対に眠るな”
(眠る=死ぬ)というニコラス・ケイジの強いメッセージを込めた名演技にも注目。


見どころは、
事件当日に現場に向かった警察官と消防士がエキストラで出演していること。
だからこそ忠実に絵が描ているから、事件の生々しさを痛感する。

警官たちが現場で救出する話かと思ったけど、
助けに行こうとした警官たちががれきに埋もれて脱出する話だった。

これが現実か…と心がえぐられたのは、
生き埋めになった警官の1人が脱出を断念して自ら命を絶ったこと。


簡単なあらすじ↓↓

ワールドトレードセンター(世界貿易センター)のタワー1とタワー2の間に生き埋めになったNYPD。
助けを求めるも身動きが取れない上に、無線はがれきに埋もれてしまい絶望的。
各警官たちの家族の視点も踏まえながらストーリーは展開していく。
>|