ワールド・トレード・センターの作品情報・感想・評価

「ワールド・トレード・センター」に投稿された感想・評価

momotaro

momotaroの感想・評価

4.5
総合評価の割にはとてもいい映画
評価低すぎるくらい
みお

みおの感想・評価

3.7
映画館に観に行った当時、ニコラス・ケイジにハマってた時代で…
彼目当てで観に行ったけど、結果として観て良かったと思った映画でした。


9.11はニュースで目の当たりにしてたし、その中で起きた実話なので、一般的な映画みたく、話として盛り上がりや意外性がある事はないです。

冒頭で生き埋めになって、救助されるまでずっと埋まってます。
どちらかと言えば地味な映画です。

だからこそ、当時の物凄い辛さとか、現実味が強く描かれてます。

「助かりたい、生きるんだ」と心の底から願ってても、あの状況じゃ「もしかしてずっとこのまま、もっと苦しんで死ぬのでは」という絶望が常に隣り合わせ。
自ら死を選択するのも無理ない状況です。


あのテロの惨さを経験する事は出来ないし、もちろん今後あるべきではない事です。

日本の原爆のように辛いながら語ってくれる人に耳を貸し、話を聞く機会として良い映画なのでは?と思ってます。
ペル

ペルの感想・評価

3.3
当時を思い出した。

キレイゴトっぽく見えるけどこれがアメリカ人なのでは。

また10年後とかに観たい。
ゆう

ゆうの感想・評価

2.5
記録用。
警官が身を呈して救出しに行く話かと思ってたら逆だったという。
ユナイテッド93に続いて、同時多発テロの映画を鑑賞。
今作は、ワールドトレードセンターの出来事を扱った物語。

事件後、救助に行った警官が主人公。
しかし、タワーへ救助に入ったら、すぐにタワーが崩れて生き埋めに。
救助をする話かと思いきや、誰かを救助する間もなく、まさか主人公達が救助される側となります。

今からすると無謀な行為に見えますが、
主人公の視点から見ると、そんな判断さえ出来なかった当時の混乱ぶりが分かります。

1機目の飛行機が衝突後、すぐに現場に向かうものの、当初は事故と思われていました。
2機目が衝突しても、はっきりと確認できず、テロなのか何なのか分からないまま現場に入ります。

ほとんどが生き埋めになった現場内の映像のため、外の状況が分からず、本人達はタワーが崩れた事も分からないままでした。

当時、多くの勇敢な救助隊員が犠牲になり、それ以上に多くの人々を失った事を痛々しく思い出す作品。
浪逆

浪逆の感想・評価

5.0
最初から最後まで色々な目線が入り乱れていた映画。あの二人が生き残ったのはいい事だけど他のメンバー、とりわけ自殺した人が可愛そうでならない。重いテーマではあるけれど見てよかった映画。

マイケルは港湾警察刑事役
高校生の時見て駄作だと思ったけど、リアリティに溢れた名作でした
感想川柳「煽られて 見ては見たが 夢の中」


レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリンと署員のウイル・ヒメノらは、同時多発テロの被害を受けたワールド・トレード・センターへ駆けつけた。マクローリンとヒメノら5人はビルの中に入って人々を誘導するが、崩落によって内部に閉じ込められてしまう…というお話。


ビル崩壊してからエンディング直前まで記憶がありません(*_*;

予告以上のことがなかったんでしょう。ハードルもだいぶ上がっていたと思います。(´Д`)

自分的に予告や話題性の煽りで見てしまった部分もあるので、やっぱり興味半分だったのがそうなったのかなと。
Motoka

Motokaの感想・評価

3.7
見てて辛かった思い出。こういうドラマが数え切れないほどあの下にはあったのであろう。
点数を付けてはいけない様な気がします…

観て良かったです。
>|